【高校野球】2018夏の甲子園!南埼玉県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/23

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

というわけで、今年の埼玉は南北に分かれて開催されます。

第80回記念大会は東西に、第90回の記念大会では南北に分けて開催された埼玉大会ですが、今年は北埼玉大会に78チーム(81校)、南埼玉大会に79校が分かれ参加します。

北埼玉には、昨夏優勝の花咲徳栄や春日部共栄、本庄一が入り、南埼玉には浦和学園市川越などが入っています。

 

今年の南埼玉県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 浦和学院 (1回戦敗退)
2014年 春日部共栄(2回戦敗退)
2015年 花咲徳栄 (ベスト8)
2016年 花咲徳栄 (3回戦敗退)
2017年 花咲徳栄 (優勝)

 

気になる2018年の南埼玉県代表

ここからは夏の南埼玉県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の南埼玉県大会 日程

 

【抽選会】2018年6月20日(水)

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

 

結果

 

7月7日(土)

 

■1回戦
 
大宮東 2-1 川越西 
 
 

7月8日(日)

 

■1回戦
 
志木 11-1 新座総合
(5回コールド)

和光 15-7 越生
(7回コールド)

城北埼玉 4-2 浦和北

狭山清陵 12-0 いずみ

川越工 12-7 武蔵越生 

浦和工 9-5 大宮武蔵野

浦和 18-0 大宮商
(5回コールド)

川口青陵 10-0 浦和商
(5回コールド)

大宮南 12-4 開智
(7回コールド)

川越 14-1 岩槻 
(7回コールド)

川越南 11-3 大宮工
(7回コールド)

飯能南 13-0 狭山工
(6回コールド)

慶應志木 8-2 浦和西 

坂戸西 8-0 所沢中央 
(7回コールド)

武南 7-6 蕨

川越総合 6-2 豊岡

岩槻商 9-5 大宮西 

立教新座 7-0 飯能
(7回コールド)

西武文理 5-0 所沢北 
 
 

7月11日(水)

 

■2回戦
 
浦和学院 7-0 盈進東野
(7回コールド)

朝霞西 6-1 川越初雁 

朝霞 8-0 新座
(7回コールド)

市立浦和 8-2 栄東

埼玉栄 6-2 細田学園

川口市立 9-2 狭山経済 
(7回コールド)

聖望学園 4-0 大宮開成

狭山ヶ丘 17-3 日高 
(5回コールド)

山村学園 4-1 浦和実業

川越東 12-4 入間向陽
(7回コールド)

西武台 7-0 川口工
(7回コールド)

市立川越 7-4 富士見 

川口 9-6 山村国際

所沢商 11-1 南稜
(6回コールド)

星野 21-0 鶴ヶ島清風
(5回コールド)

ふじみ野 19-0 秀明 
(5回コールド)

 
 

7月12日(木)

 

■2回戦
 
志木 8-1 大宮
(7回コールド)

坂戸 10-8 和光

城北埼玉 7-6 狭山清陵

川越工 6-3 与野

所沢西 7-3 浦和工

川口青陵 6-5 浦和

所沢 12-0 大宮南
(5回コールド)

川越 7-3 大宮光陵

川越南 8-3 城西大川越

飯能南 9-5 新座柳瀬

坂戸西 8-7 慶應志木

武南 15-0 岩槻北陵
(5回コールド)

埼玉平成 8-6 川越総合

大宮東 9-2 岩槻商
(8回コールド)

立教新座 3-0 大宮北

西武文理 13-1 浦和東
(5回コールド)
 
 

7月14日(土)

 

■3回戦

 
朝霞西 6-2 坂戸

朝霞 6-2 城北埼玉

西武台 2-1 坂戸西

埼玉栄 7-0 所沢西
(7回コールド)

狭山ヶ丘 9-0 川越
(7回コールド)

市川越 2-1 武南

浦和学院 11-0 志木
(5回コールド)

川口 8-1 埼玉平成
(7回コールド)

星野 8-5 立教新座

山村学園 6-3 川越南

聖望学園 13-6 所沢
(7回コールド)

ふじみ野 11-10 西武文理

市浦和 6-2 川越工

川口市立 8-1 川口青陵
(8回コールド)

川越東 8-0 飯能南
(7回コールド)

大宮東 11-8 所沢商

 
 

7月16日(月)

 

■4回戦

 
朝霞 6-2 市浦和

市川越 9-0 西武台
(7回コールド)

浦和学院 7-3 朝霞西

川越東 9-1 山村学園
(7回コールド)

ふじみ野 7-2 星野

川口市立 7-4 埼玉栄

川口 7-3 大宮東

聖望学園 6-3 狭山ケ丘

 
 

7月18日(水)

 

■準々決勝

 
浦和学院 11-4 朝霞
(7回コールド)

川口 6-5 ふじみ野

川越東 7-5 市川越

聖望学園 6-3 川口市立
 
 

7月21日(土)

 

■準決勝

 
浦和学院 7-0 聖望学園

川口 7-2 川越東
 
&nb

7月23日(月)

 

■決勝
 
浦和学院 17-5 川口
 
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の南埼玉県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季埼玉県大会と今年の春季埼玉県大会を振り返りたいと思います。

 

 

【秋季埼玉県大会の結果】

 
■決勝

花咲徳栄 8-2 市川越

■準決勝

花咲徳栄 9-2 山村学園

市川越 1-0 上尾

■準々決勝

花咲徳栄5-3 栄北
(7回コールド)

山村学園 5-2 埼玉栄

市川越 1-0 浦和学院

上尾 5-1 朝霞

 

 

 

【秋季関東地区大会の結果】

 
■決勝

中央学院 6-5 明秀日立

■準決勝

明秀日立 7-4 慶應義塾

中央学院 3-2 東海大相模

■準々決勝

慶應義塾(神奈川) 3-2 国学院栃木

中央学院(千葉) 5-1 霞ヶ浦(茨城)

明秀日立(茨城) 7-5 健大高崎(群馬)

東海大相模(神奈川) 12-1 作新学院(栃木)
5回コールド

 

 

【春季埼玉県大会の結果】

 
■決勝

浦和学院 6-5 花咲徳栄

■準決勝

花咲徳栄 10-2 ふじみ野
(7回コールド)

浦和学院 1-0 山村学園

■準々決勝

花咲徳栄 12-0 山村国際
(5回コールド)

ふじみ野 9-4 狭山ヶ丘

浦和学院 3-0 市川越

山村学園 7-0 埼玉栄
(8回コールド)

 

 

【春季関東地区大会の結果】

 

■決勝

健大高崎 15-10 日大三
■準決勝

日大三 9-8 常総学院

健大高崎 9-8 木更津総合

■準々決勝

常総学院 7-3 東海大相模

木更津総合 13-5 横浜

日大三 9-2 習志野

健大高崎 7-6 浦和学院
■2回戦

東海大相模 8-7 花咲徳栄

常総学院 7-2 関東学園大附

習志野 7-2 作新学院

日大三 8-5 山梨学院

木更津総合 10-2 国士館
(7回コールド)

横浜 6-1 明秀日立

健大高崎 8-2 東海大甲府

浦和学院 5-2 千葉黎明
■1回戦

花咲徳栄 14-9 専修大松戸

日大三 5-3 桐光学園

千葉黎明 4-3 青藍泰斗

 

 


スポンサーリンク


 
 
振り返ったところで、ここからは夏の南埼玉大会の優勝候補に迫りたいと思います。

今年の南埼玉大会の優勝候補の本命は浦和学院になりそうです。

浦和学院は春季埼玉県大会を制しましたし、戦力も充実しています。

投手陣は左腕・佐野涼弥投手、右腕渡辺勇太朗投手がけん引。

打撃陣は1年生の春から中軸を任される現在3年生の蛭間拓哉選手を中心に好打者が揃います。

春季県大会では左腕・佐野投手、右腕渡辺朗投手の二枚看板が故障でメンバーを外れながら代わりの投手陣が踏ん張りました。
結果的には春季県大会を制し、投手陣の底上げも出来ました。

ということで優勝候補の本命は浦和学院になりますが、対抗としては埼玉栄、山村学園が挙げられます。

埼玉栄は浦和学院を引けをとらない戦力があると言われています。
右腕エース・米倉貫太投手は最速146キロのストレートを投げます。
プロ注目の投手ということで活躍が期待されます。

打撃陣は旧チームからのレギュラーも多く残っているので、打線も強力です。

 

山村学園は左腕エース・和田朋也投手に期待。
投球の巧さで勝負するタイプですが、球威も増してきました。

春季県大会では浦和学院と対戦し、0-1で敗れたものの浦和学院打線を1失点に抑えたことは自信になりそうです。

撃陣もクリーンアップは力があるので、投打がかみ合えば面白い存在になりそうです。

 

ということで優勝候補についてまとめてみました。
浦和学院は春季大会は故障者も多かったので、夏までに万全な状態で挑めるのか気になります。
埼玉栄や山村学園なども力のあるチームなので万全な状態で挑めれば、南埼玉県制覇も狙えそうです。
 

 


スポンサーリンク

 

 - Sports