【高校野球】2018夏の甲子園!南福岡県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/24

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

今年の福岡県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 自由ヶ丘  (2回戦敗退)
2014年 九州国際大付(1回戦敗退)
2015年 九州国際大付(ベスト8)
2016年 九州国際大付(1回戦敗退)
2017年 東筑    (1回戦敗退)

気になる2018年の福岡県代表

今年は北福岡(66校)と南福岡(70校)に分かれ福岡県からは2校が甲子園に出場します。

例年の福岡大会は1回戦から4回戦を南部大会と北部大会に分け、両大会の8強の計16チームが代表の座を争う形式となっており、今回もその地区割りのまま行われます。

北には今夏の代表、東筑(北九州市)や今春の選抜8強の東海大福岡(宗像市)や九州国際大付(北九州市)、飯塚(飯塚市)。
南には選抜8強の福岡大大濠(福岡市中央区)や西日本短大付(八女市)、東福岡(福岡市博多区)が名を連ねています。

 

ここからは夏の南福岡県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 

夏の南福岡 大会 日程・抽選日

 
【抽選日】
 
2018年6月22日(金)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の南福岡県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年7月7日(土)

【準決勝】2018年7月22日(日)

【決勝】 2018年7月24日(火)

 

結果

 

7月7日(土)

 
※天候不良のため中止
 
 

7月8日(日)

 

■1回戦
 
八女 5-1 福岡農 
 
博多 3-1 柏陵

香椎 8-1 福岡常葉 

小郡 5-4 福岡舞鶴 

伝習館 7-4 西南学院 

 
■2回戦
 
筑陽学園 7-4 福岡中央

東福岡 9-4 筑紫丘

浮羽工 8-1 玄洋 
(8回コールド)

 

7月9日(月)

 

■1回戦
 
福岡工 6-3 三池工 
 
■2回戦
 

久留米学園 7-0 山門
(8回コールド)

九産大九州 10-0 城南
(5回コールド)

南筑 6-5 三潴

朝倉 14-5 明善 
(7回コールド)

久留米商 10-3 博多工
(8回コールド)

三井 4-3 浮羽究真館 

純真 5-4 福工大城東 

筑前 5-3 香住丘

福島 6-5 久留米高専 

 

 

7月10日(火)

 

■2回戦

 
祐誠 10-5 香椎工 

久留米 4-2 大川樟風

春日 5-0 筑紫台 

博多 10-0 大宰府
(5回コールド)

柳川 20-0 中村三陽
(5回コールド)

香椎 3-2 早良

筑紫 5-4 八女

西短大附 10-0 福岡第一
(6回コールド)

沖学園 5-1 修猷館

小郡 11-0 朝倉光陽
(5回コールド)

 

 

7月11日(水)

 

■2回戦

 

九産大九産 8-0 ありあけ新世 
(7回コールド)

福岡 5-3 武蔵台

糸島 11-10 八女農

筑紫中央 7-0 福翔
(8回コールド)

大牟田 9-0 伝習館
(7回コールド)

福岡大濠 4-0 八女工

有明高専 7-6 福岡講倫館 

三池 10-6 福岡西陵

福岡工 13-5 輝翔館
(7回コールド)
 
 

7月12日(木)

 

■3回戦

 
祐誠 10-2 久留米学園

久留米商 14-4 三井
(8回コールド)

筑陽学園 16-2 久留米
(5回コールド)

香椎 8-4 柳川

九産大九州 2-1 南筑

純真 4-2 筑前

筑紫 4-3 朝倉

春日 5-4 博多
 

7月13日(金)

 

■3回戦
 
東福岡 8-1 浮羽工
(8回コールド)

福岡 9-0 糸島
(7回コールド)

沖学園 7-3 西短大附

福岡工 12-7 三池

九産大九産 8-1 小郡

福岡大大濠 10-0 有明高専
(5回コールド)

福島 7-1 大牟田北

大牟田 8-0 筑紫中央
(7回コールド)
 
 
 

7月14日(土)

 

■4回戦
 
九産大九州 4-0 筑紫

香椎 5-4 純真

筑陽学園 23-5 祐誠
(5回コールド)

久留米商 12-8 春日
 
 

7月15日(日)

 

■5回戦

 
沖学園 12-5 九産大九産

福岡大大濠 15-8 福岡工

東福岡 10-4 福島

大牟田 8-0 福岡
(7回コールド)
 
 

7月16日(月)

 

■準々決勝

 
九産大九州 5-2 筑陽学園

香椎 13-10 久留米商

 

7月17日(火)

 

■準々決勝

 
沖学園 4-3 東福岡

福岡大大濠 8-1 大牟田
(7回コールド)
 
 

7月22日(日)

 

■準決勝

 
九産大九州 5-2 香椎

沖学園 8-5 福岡大大濠
 

 

7月24日(火)

 

■決勝

 
沖学園 1-0 九産大九産 
 

 



スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の南福岡県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季福岡県大会と今年の春季福岡県大会を振り返りたいと思います。
 

【秋季福岡大会の結果】

 

■決勝

東筑(北部) 10-1 筑陽学園(南部)

■準決勝

東筑(北部) 6-5 小倉(北部)

筑陽学園(南部) 10-9 東福岡(南部)

■準々決勝

筑陽学園(南部) 11-1 東筑紫学園(北部)
(5回コールド)

東福岡(南部) 8-4 九州国際大付(北部)

東筑(北部) 10-0 福岡工大城東(南部)

小倉(北部) 6-0 春日(南部)

 

【秋季九州地区大会の結果】

■決勝

創成館(長崎1位)7-4富島(宮崎2位)

■準決勝

創成館(長崎1位)2-0延岡学園(宮崎1位)

富島(宮崎2位)6-5東筑(福岡1位)

■準々決勝

創成館(長崎1位)8-3沖縄尚学(沖縄1位)

延岡学園(宮崎1位)10-6明豊(大分1位)

長崎商(長崎2位)2-9富島(宮崎2位)
(7回コールド)

神村学園(鹿児島1位)0-2東筑(福岡1位)

■2回戦

明豊(大分1位)10-1鹿児島実(鹿児島2位)

富島(宮崎2位)4-1文徳(熊本1位)

佐賀学園(佐賀1位)0-5長崎商(長崎2位)

創成館(長崎1位)8-1都城東(宮崎4位)
(7回コールド)

東筑(福岡1位)4-1興南(沖縄2位)

筑陽学園(福岡2位)2-5延岡学園(宮崎1位)

伊万里(佐賀2位)0-8沖縄尚学(沖縄1位)

鶴崎工(大分2位)0-12神村学園(鹿児島1位)
(5回コールド)

■1回戦

都城東(宮崎4位)3-2九州学院(熊本2位)

興南(沖縄2位)2-1宮崎日大(宮崎3位)

 


スポンサーリンク

【春季福岡県大会の結果】

■決勝

小倉(北部) 8-2 八幡(北部)

■3位決定戦

東筑紫学園(北部) 7-0 九州国際大付(北部)

■準決勝

八幡(北部) 9-4 東筑(北部)

小倉(北部) 7-6 九州国際大付(北部)

■準々決勝

八幡(北部) 1-0 福岡(南部)

東筑紫学園(北部) 6-3 久留米商(南部)

小倉(北部) 2-1 九産大九産(南部)

九州国際大付(北部) 12-2 九産大九州(南部)
(7回コールド)

 

 

【春季九州地区大会の結果】

■ 決勝

九国大付(福岡4位)13-0 明豊(大分1位)

■ 準決勝

九国大付(福岡4位)2-1未来沖縄(沖縄1位)

明豊(大分1位)9-7東筑(福岡推薦)

■ 準々決勝

未来沖縄(沖縄1位)9-1八幡(福岡2位)

九国大付(福岡4位)5-1創成館(長崎推薦)

明豊(大分1位)5-4伊万里(佐賀推薦)

東筑(福岡推薦)6-3樟南(鹿児島2位)

■1回戦

未来沖縄(沖縄1位)4-2れいめい(鹿児島1位)

八幡(福岡2位)3-2富島(宮崎推薦)

創成館(長崎推薦)5-4文徳(熊本1位)

九国大付(福岡4位)2-1 東明館(佐賀1位)

伊万里(佐賀推薦)10-3東筑紫学園(福岡3位)

明豊(大分1位)4-3聖心ウルスラ(宮崎1位)

東筑(福岡推薦)6-0長崎総大付(長崎1位)

樟南(鹿児島2位) 6-3 延岡学園(宮崎推薦)

 


スポンサーリンク

 
 

ここからは南福岡県の優勝候補に迫りたいと思います。

秋季福岡県大会では筑陽学園が準優勝し、東福岡がベスト4に入るなど結果を残しました。

春季福岡県大会では福岡、久留米商、九産大九州、九産大九産がベスト8に入るなど、結果を残しました。

ただ、今回の南福岡地区は飛びぬけたチームはなく、優勝候補で言えば本命不在になります。

春季大会は夏の大会の前哨戦と言われますが、夏の南福岡県大会はどんな展開になるのか読めないですね。

あえて優勝候補として注目したいのは筑陽学園東福岡でしょうか。

今年の東福岡は打撃陣が強力です。2年生ながら4番を任される福田悠人選手を中心に、長打が打てる選手が揃っています。

また、エースの金光雄紀投手も142キロのストレートを武器に投手陣をけん引。

課題は守備だと言われていますが、夏の南福岡県大会までにしっかりと仕上げてくるのではないでしょうか。

 

筑陽学園はドラフト候補に挙がる左腕・大畑功士郎投手を中心に、秋季福岡県大会では準優勝するなど結果を残しているチームです。

 

ということで南福岡県大会の優勝候補をまとめると本命不在ながら、注目校としては東福岡と筑陽学園になりそうです。
 

 



スポンサーリンク

 - Sports