【高校野球】2018夏の甲子園!南北海道大会の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/22

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場します。

北海道地区大会では、南・北北海道の10地区で計195チームが出場し、地区大会を勝ち抜いた各16チームが夏の南・北北海道大会に進出。

夏の北北海道大会は7月14日、南北海道大会は7月15日に開幕、夏の甲子園を目指して熱戦が繰り広げられます。

 

今年の南北海道代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 北照
2014年 東海大四
2015年 北海
2016年 北海
2017年 北海 

 

そして、気になる2018年の南北海道代表

ここからは南北海道の各地区大会の結果や夏の南北海道大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

 

南北海道大会に出場するのは!?

 
■小樽
 
代表…北照
 
 
■札幌
 
Aブロック代表…札幌日大
Bブロック代表…札幌白石
Cブロック代表…札幌大谷
Dブロック代表…北星大附
Eブロック代表…札幌創成
Fブロック代表…札幌第一
Gブロック代表…北海
Hブロック代表…山の手
Iブロック代表…札幌光星
 
 
■函館
 
Aブロック代表…函館有斗
Bブロック代表…知内
Cブロック代表…函館ラ・サール
 
 
■室蘭
 
Aブロック代表…駒大苫小牧
Bブロック代表…北海道大谷室蘭
Cブロック代表…北海道栄
 
 
≪南北海道 地区大会の結果はコチラ≫

【高校野球】南北海道 地区大会 組み合わせ・結果

 

 
 


スポンサーリンク


 
 

夏の南北海道大会 日程
■□■□■□■□■□■□■

 

【抽選】 2018年7月6日(金)

【開幕】 2018年7月15日(日)

【決勝】 2018年7月21日(土)
 
 
 

会場
■□■□■□■

 
札幌円山球場 ほか
 
 


スポンサーリンク


 
 

南北海道大会 結果
■□■□■□■□■

 
 

7月15日(日)

 
※雨天中止
 
 

7月16日(月)

 
■1回戦
 
札幌光星 9-2 札幌大谷 

北海道栄 6-1 函館大有斗 

北海 13-3 札幌創成 
(5回コールド)

 
 

7月17日(火)

 

■1回戦
 
駒大苫小牧 3-2 札幌白石 

北照 2-1 知内

札幌第一 3-0 大谷室蘭

 

 

7月18日(水)

 

■1回戦
 
北星大附属 4-3 札幌山の手 

札幌日大 10-0 函館ラ・サール 
(7回コールド)
 
 
■準々決勝
 
北海道栄 7-3 札幌北星
 
 

7月19日(木)

 

■準々決勝
 
駒大苫小牧 8-1 北海
(7回コールド)

北照 4-2 札幌第一

札幌日大 10-3 北星大付
(8回コールド)
 
 

7月21日(土)

 

■準決勝

 
駒大苫小牧 4-3 北海道栄

北照 6-2 札幌日大
 
 

7月22日(日)

 

■決勝

 
北照 15-2 駒大苫小牧 
 
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の南北海道大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季北海道大会と今年の春季北海道大会を振り返りたいと思います。

 

【秋季北海道大会の結果】

 

■決勝

駒大苫小牧 12-10 旭川実

■準決勝

旭川実 4-3 北海道栄

駒大苫小牧 7-6 札幌日大

■準々決勝

駒大苫小牧 5-3 立命館慶祥

札幌日大 12-6 旭川龍谷

北海道栄 8-1 函館工業
(7回コールド)

旭川実業 2-0 稚内大谷

 

 

【春季北海道大会の結果】

 

■ 決勝

札幌第一 11-0 札幌日大

■ 準決勝

札幌日大 6-5 北照

札幌第一 4-2 大谷室蘭

■ 準々決勝

北照 2-0 クラーク

札幌第一 10-8 旭川実業

大谷室蘭 6-3 士別翔雲

札幌日大 9-1 北海
(7回コールド)

■ 1回戦

クラーク 5-3 駒大苫小牧

旭川実業 11-2 国際情報

札幌第一 12-8 白樺学園

士別翔雲 11-1 遠軽
(5回コールド)

大谷室蘭 3-2 函大有斗

札幌日大 9-6 富良野

北海 11-0 釧路明輝
(5回コールド)

北照 10-0 室蘭清水丘
(5回コールド)

 


スポンサーリンク


 
 
南北海道大会の優勝候補の予想ですが、夏4連覇を狙う北海や、6年連続の南北海道大会進出を決めた駒大苫小牧、5年ぶりの甲子園を視界に捉えている北照が有力ですが、本命不在のため混戦が予想されます。

 

昨夏まで3年連続で甲子園に出場し南北海道大会4連覇を狙う北海は、右横手エースで四番の井平光紀主将が投打の柱。

札幌地区Gブロック2回戦では、札幌英藍から10安打で9点を奪い7回コールドで初戦突破。

代表決定戦では1点を追う2回、2死満塁で二番小原竜一選手が走者一掃の左中間三塁打を放ち逆転。
11-1の5回コールドで札幌厚別を下し4年連続、南北海道大会進出を決めました。

北海は投打で期待のかかる井平主将の出来がカギを握りそうです。

 

駒大苫小牧は、今春のセンバツに出場しましたが静岡に0-7で敗れ2回戦敗退。
この時は、打率好調だった道原慧選手(3年)が試合前のシートノック中に送球を右目に受けるアクシデントに見舞われ急遽欠場、持ち前のつなぐ打線が不発に終わりました。

また、春の北海道大会では0-5でクラークに敗れ初戦敗退となりましたね。

課題は打線でしょうか。
夏を見据えメンバーを大幅に入れ替えたという駒大苫小牧は俊足巧打の大槻龍城主将荻田隼斗選手ら注目選手も多いです。
どんなチームに仕上げてきたのかが気になるところ。

投手陣は、室蘭地区 Aブロック2回戦では3回途中から登板した1年生右腕 北嶋洸太投手が8回まで1安打6奪三振の好リリーフし、身長 185cm左腕 佐藤大善投手も台頭。

また、センバツエース 大西海翔投手(3年)はセンバツ後に右大腿骨を疲労骨折していましたが、ブロック2回戦で9回に登板。
最速139キロの直球を軸に3者凡退に打ち取りました。

室蘭地区 Aブロック代表決定戦では、9-2で浦河を下し6年連続の南北海道大会進出を決めた駒大苫小牧。
打線がつながれば春夏連続出場の可能性は十分ありますね。

 

 

北照は、絶対的エース 原田桂吾投手や、ストレートに力がある右腕 佐藤優真投手らバリエーション豊かな投手陣と捕手の三浦響主将に期待

今春、初めてエースナンバーを背負った原田投手は、変速的なフォームから丁寧な投球が光るサウスポー。
実は原田投手、年に2回校内で開かれるというルービックキューブ大会の王者で1年冬から3連覇中、今では30秒でできるという驚きの能力の持ち主。
その集中力は野球にも生きており、課題だった制球は安定したといいます。

春の北海道大会地区予選 小樽地区代表決定戦で、原田投手は5回から登板。2安打10奪三振の好投を見せ6-1で小樽水産を下し10年連続34度目の全道大会出場を決めました。
また、春季北海道大会1回戦では先発し5回4安打9奪三振と好投、準々決勝では4安打無失点11奪三振でクラークを完封しています。

原田投手の出来が5年ぶり優勝のカギを握っているといえます。

打線は、大砲は不在ですが全員で粘ってつなぎチャンスに結びつけます。

 

南北海道大会はまれにみる大混戦が予想されます。
北海、駒大苫小牧、北照のほか、投打で注目される菊地吏玖選手や、1年から中心選手の金沢勇士選手、強打の疋田雅揮選手、大砲の石鳥亮選手らタレントがそろう札幌大谷と、札幌地区37連勝中と総合力で実績を残してきた札幌日大もあなどれません。
 

 


スポンサーリンク

 

 

 - Sports