【高校野球】2018夏の甲子園!三重県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/25

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の三重県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 三重   (2回戦敗退)
2014年 三重   (準優勝)
2015年 津商   (2回戦敗退)
2016年 いなべ総合(3回戦敗退)
2017年 津田学園 (2回戦敗退)

 

気になる2018年の三重県代表

ここからは夏の三重県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の三重県大会 日程

 

【抽選会】2018年6月26日(木)

【開幕】 2018年7月13日(金)

【決勝】 2018年7月25日(水)

 

 

結果

結果が分かり次第、追記します。
 

7月13日(金)

 

■1回戦

 
四日市中央工 17-0 あけぼの・鳥羽
(5回コールド)

 
 

7月14日(土)

 

■1回戦

 
津 6-5 明野 

飯南 2-1 桑名工 

津東 4-0 伊賀白鳳 

松阪商 5-2 三重

四日市 3-2 松阪工 

南伊勢 7-3 朝明 

水産 12-2 志摩
(7回コールド)

白山 10-3 四日市南
(7回コールド)

上野 5-0 白子

伊勢 6-3 鈴鹿

 
 

7月15日(日)

 

■1回戦

 
名張青峰 22-0 英心 
(5回コールド)

松阪 3-0 伊勢工

久居 7-2 四日市商

皇學館 11-1 四日市工 
(7回コールド)

高田 6-4 稲生

桑名西 21-1 昴学園 
(5回コールド)

海星 6-1 四日市四郷 

川越 3-2 四日市農芸 

神戸 10-7 亀山

暁 5-3 四日市西

 
 

7月16日(月)

 

■1回戦

 
木本 5-0 紀南

宇治山田商 10-0 津工 

近大高専 21-0 石薬師 
(5回コールド)

相可 8-2 尾鷲

津西 19-0 青山・桜丘
(5回コールド)

津商 5-1 桑名北

桑名 3-2 名張

宇治山田 7-6 久居農林

 
 

7月17日(火)

 

■2回戦

 
いなべ総合 7-4 四日市中央工

津 9-3 飯南

桑名西 5-2 高田

松阪商 8-1 津東
(8回コールド)

四日市 7-6 津田学園

水産 15-5 南伊勢
(8回コールド)

白山 11-3 上野
(7回コールド)

菰野 12-0 伊勢
(5回コールド)

 
 

7月18日(水)

 

■2回戦

 
松阪 8-0 名張青峰
(7回コールド)

宇治山田商 11-4 木本
(7回コールド)

相可 4-3 近大高専

皇學館 6-1 久居

海星 17-5 川越
(7回コールド)

津商 9-1 津西
(7回コールド)

宇治山田 6-1 桑名

暁 17-4 神戸
(7回コールド)

 
 

7月21日(土)

 

■3回戦

 
いなべ総合 11-0 津
(8回コールド)

四日市 13-1 三重水産
(5回コールド)

海星 7-1 津商

白山 4-3 菰野

松阪商 8-1 桑名西
(7回コールド)

皇学館 2-1 相可

松阪 5-3 宇治山田商

暁 8-0 宇治山田
(7回コールド)
 
 

7月22日(日)

 

■準々決勝

 
いなべ総合 10-0 松阪 
(5回コールド)

松阪商 8-0 皇学館 
(7回コールド)

海星 12-2 四日市 
(5回コールド)

白山 4-3 暁 
 
 

7月24日(火)

 

■準決勝

 
松阪商 8-1 いなべ総合 
(8回コールド)

白山 6-5 海星 
 
 

7月25日(水)

 

■決勝
 
白山 8-2 松阪商 
 

 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の三重県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季三重県大会と今年の春季三重県大会を振り返りたいと思います。

【秋季三重県大会の結果】

 

■決勝

三重 8-7 いなべ総合

■3位決定戦

松阪商 4-3 四日市工

■準決勝

いなべ総合 3-2 松阪商

三重 8-0 四日市工
(7回コールド)

■準々決勝

三重 3-1 菰野

四日市 7-4 宇治山田商

いなべ総合 5-4 白山

松阪商 11-1 津西
(6回コールド)

 

【秋季東海地区大会の結果】

 

■決勝

静岡 6-5 東邦

■準決勝

静岡 7-4 中京学院大中京

東邦 10-9 三重

■準々決勝

中京学院大中京(岐阜)8-1常葉大橘
(8回コールド)

三重 5-0 大垣西

静岡 1-0 いなべ総合

東邦(愛知) 10-6 常葉大菊川

■1回戦

常葉大橘(静岡)2-1愛産大三河(愛知)

大垣西(岐阜)8-7中京大中京(愛知)

いなべ総合(三重)5-4岐阜各務野

常葉大菊川(静岡)8-4松阪商(三重)

 

 

【春季三重県大会の結果】

 

■決勝

津田学園 7-6 いなべ総合

■3位決定戦

菰野 10-9 津商

■準決勝

津田学園 3-1 津商

いなべ総合 10-4 菰野

■準々決勝

津田学園 6-4 宇治山田商

いなべ総合 2-1 松阪商

津商 8-1 海星

菰野 3-0 白山

 

 

【春季東海地区大会の結果】

■決勝
 
東邦 2-0 いなべ総合

■準決勝

東邦 9-7 静岡

いなべ総合 13-6 東海大静岡翔洋

■1回戦

静岡(静岡1位) 3-0 帝京大可児(岐阜2位)

東邦(愛知2位) 11-4 津田学園(三重1位)
(8回コールド)

東海大静岡翔洋(静岡2位) 6-5 誉(愛知1位)

いなべ総合(三重2位) 3-2 中京院中京(岐阜1位)

 



スポンサーリンク


 

夏の三重県大会の優勝候補 本命は、今春のセンバツ4強の三重

三重は投手層が厚く、最速145キロ右腕 定本拓真投手(3年)を筆頭に右横手投げの福田桃也投手(3年)、動く球が持ち味の左腕 吉井洸輔投手(3年)、キレのあるストレートとスライダーが武器の山本大雅投手(3年)らタイプの違う4投手が中心です。

打線は梶田蓮選手(3年)、曲孝史朗選手(3年)など上位の左打者が強打で勢いづけ波に乗ります。

ということで、センバツの快進撃で勢いにのった三重が最有力です。

 

対抗は、昨夏の覇者 津田学園と3年ぶりの甲子園を狙う津商

津田学園は攻撃が強力。
1年生秋に履正社から編入学した宮野勇世選手(3年)が今春から四番に座り、パワーヒッターの上下大地選手(3年)らが攻撃の要。
昨夏の甲子園を経験している仲林泰生選手(3年)など主力メンバーが残っているのも強みです。

 

津商は、服部恭平投手(3年)と、哲平選手(3年)の双子バッテリーが中心。

兄 恭平投手は左投げで球に力があり、弟の哲平選手は正捕手ですが抑え投手もこなしています。

 

三重はセンバツ4強の三重が優勝候補の本命で、対抗は津田学園と津商

また、チーム全体で粘り強く戦い接戦をものにするいなべ総合学園や、プロ注目の投手を2人擁する菰野も侮れません。

菰野田中法彦投手(3年)は150キロに迫るストレートで打者を圧倒、2年生右腕 岡林勇希投手はしなやかなフォームでキレのある球が特徴、活躍に注目です。

 

三重は、どのチームが頂点に立つのでしょうか、目が離せません。
 

 


スポンサーリンク


 
 

 

 

 - Sports