【高校野球】2018夏の甲子園!高知県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/26

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。
北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

今年の高知県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 明徳義塾 (ベスト8)
2014年 明徳義塾 (2回戦敗退)
2015年 明徳義塾 (1回戦敗退)
2016年 明徳義塾 (ベスト4)
2017年 明徳義塾 (2回戦敗退)

 

気になる2018年の高知県代表。

ここからは夏の高知県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 
 

夏の高知県大会 日程・抽選日

 

【抽選日】2018年6月30日(土)

【開幕】 2018年7月14日(土)

 
 

結果

 

7月14日(土)

 

■1回戦

 
高知中央 11-3 丸の内・室戸
(7回コールド)

高知工 10-3 宿毛工
(7回コールド)

宿毛 4-3 高知高専

高知西 12-5 伊野商 
(7回コールド)

 
 

7月15日(日)

 

■1回戦

 
土佐塾 8-0 高知農 
(7回コールド)

高知東工 10-0 高知海洋 
(6回コールド)

高知東 7-0 安芸
(8回コールド)

岡豊 4-3 小津 

梼原 8-1 須崎工 
(7回コールド)

中村 3-1 須崎

 

7月16日(月)

 

■1回戦

 

高知工 4-2 宿毛

土佐 6-0 高知西

清水・幡多農・窪川 21-3 安芸桜ヶ丘
(5回コールド)

追手前 6-1 高知南 

 
■2回戦
 
明徳義塾 4-2 高知中央

高知工 4-2 宿毛

土佐 6-0 高知西
 
 

7月20日(金)

 

■2回戦

 
土佐塾 8-1 高知東工
(7回コールド)

高知 9-5 高知東

岡豊 6-1梼原

 

7月21日(土)

 

■2回戦

 
高知商 7-3 中村

追手前 7-0 清水・幡多農・窪川
(8回コールド)
 
 

7月22日(日)

 

■準々決勝
 
明徳義塾 8-1 高知工
(7回コールド)

土佐 6-3 土佐塾
 
 

7月23日(月)

 

■準々決勝

 
高知 6-2 岡豊

高知商 9-2 追手前
(8回コールド)
 
 

7月25日(水)

 

■準決勝
 
高知商 4-0 高知

明徳義塾 8-0 土佐
(7回コールド)
 

 

7月26日(木)

 

■決勝
 
高知商 10-2 明徳義塾 
 

 


スポンサーリンク

 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の高知県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季高知県大会と今年の春季高知県大会を振り返りたいと思います。
 

【秋季高知県大会の結果】

■決勝

明徳義塾 5-1 高知

■3位決定戦

追手前 9-6 高知商

■準決勝

高知 2-1 追手前

明徳義塾 7-6 高知商

■準々決勝

明徳義塾 10-0 中村
(5回コールド)

高知商 13-0 梼原
(5回コールド)

追手前 5-2 伊野商

高知 14-0 宿毛
(5回コールド)

 
 

【春季高知県大会の結果】

 

■決勝

高知商 18-2 土佐

■準決勝

高知商 20-1 宿毛
(5回コールド)

土佐 5-2 高知西

■準々決勝

土佐 10-3 土佐塾

高知西 14-13 須崎

宿毛 6-4 中村

高知商 8-0 伊野商

 


スポンサーリンク


 
 

【春季四国地区大会の結果】

■ 決勝

大手前高松 13-9 聖カタリナ

■ 準決勝

聖カタリナ 9-8 鳴門

大手前高松 6-4 明徳義塾

■ 1回戦

聖カタリナ(愛媛1位) 5-4 英明(香川2位)

大手前高松 (香川1位) 7-0 小松島門(徳島2位)
(7回コールド)

鳴門(徳島1位) 8-0 高知商業(高知2位)
(7回コールド)

明徳義塾(高知1位) 11-4 松山星陵(愛媛2位)
(7回コールド)

 
 

ここからは、夏の高知県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

今年は選抜でも注目された明徳義塾優勝候補の本命で間違いありません。

対抗としては高知、高知商あたりになりそうです。
高知、高知商がどこまで明徳義塾を追い詰めるかが見どころの一つになります。

 

明徳義塾は昨秋に行われた明治神宮大会(高校の部)で優勝して、選抜でも優勝候補の一角として注目を集めました。

選抜では、3回戦で日本航空石川に敗れ、優勝を逃してしまったので、夏への思いは強いのではないでしょうか。

戦力的にはドラフト候補の市川悠太投手がフル回転の活躍でチームをけん引します。
ただ、市川悠太投手に続く2番手投手がいないのが課題でした。特に夏の大会は一人で投げ抜くには大きな負担です。

春季大会では2年生の林田大成投手、服部遼馬投手などの登板があり、夏までにメドが立てば投手陣の層は強力になります。

打撃陣は高校通算本塁打30本越えの谷合悠斗選手が中心。高知県総体でも2本塁打と好調でした。
好調を維持したまま、夏の大会をむかえたいところです。

 

続いて、高知ですが、高知も選抜に出場しましたね。

初戦で明秀学園日立と対戦し、1-10で敗れ、結果は残せませんでしたが、投手陣はエースの中屋友那投手を中心に、森聡希投手など層は厚いです。

高知県総体では、昨年の侍ジャパンにも選ばれた1年生の濱田世投手が2試合に先発するなど、さらに投手層は厚くなりました。

課題は打撃になります。夏までにどれくらい打力をアップさせれるかがカギになります。

 

続いて、高知商ですが、高知商は春季高知県大会を制しました。

投手陣は最速140キロ右腕・北代真二郎投手が中心になります。

打撃陣は近澤考祐選手、田嶋俊選手、山崎大智選手を中心に好打者が揃います。

高知商の課題は守備でしょうか。
夏までにさらなるレベルアップが出来れば面白い存在になるのではないでしょうか。

 

ということで、夏の高知県大会の優勝候補をまとめてみました。
明徳義塾が優勝候補の本命であることは間違いないですが、一発勝負なので、何が起こるか分かりません。
目の離せない夏の高知県大会になるのではないでしょうか。
 

 
 


スポンサーリンク

 

 - Sports