【高校野球】2018夏の甲子園!北大阪大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/30

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

ということで、今年の大阪は第80回、90回大会の時と同様に南北に分かれて開催されます。

今春のセンバツ大会で史上初となる大阪勢同士の決勝を戦った大阪桐蔭(大東市)と、履正社(豊中市)、そして今夏の大阪大会準優勝の大冠(高槻市)は北大阪(92校)に入ります。

一方、南大阪(97校)には今秋の近畿8強入りの近大付(東大阪市)や、2015年に大阪代表となった大阪偕星(大阪市生野区)などが入っています。

 

今年の北大阪代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の大阪代表校がこちら

2013年 大阪桐蔭 (3回戦敗退)
2014年 大阪桐蔭 (優勝)
2015年 大阪偕星 (2回戦敗退)
2016年 履正社  (3回戦敗退)
2017年 大阪桐蔭 (3回戦敗退)

 

気になる2018年の北大阪代表

ここからは夏の北大阪大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 

夏の北大阪大会 日程

 

【抽選日】
2018年6月22日(金)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の北大阪大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】2018年7月7日(土)
7月7日に京セラドーム大阪で行われる開幕では、元大リーガーの黒田博樹さんが始球式を務めます。
 
 

結果

 

7月7日(土)

 

■1回戦
 
高槻北 10-3 大産大附 
(8回コールド)
 
 
 

7月8日(日)

 

■1回戦
 
摂津 5-3 高槻

早稲田摂陵 8-2 吹田

交野 4-2 旭

金光大阪 8-1 牧野 
(8回コールド)

三島 4-1 大阪
 
 
※中止
成城 VS 星翔
 

7月10日(火)

 
星翔 6-2 成城 
 
 

7月13日(金)

 

■1回戦
 
大阪電通大高 5-3 枚方なぎさ 

関大北陽 6-1 渋谷

四條畷 1-0 関西創価 

市岡 6-4 桜宮 

香里丘 4-2 刀根山

大阪学院大高 10-9 箕面東 
 
 

7月14日(土)

 
■1回戦
 
千里青雲 9-2 咲くやこの花
(7回コールド)

千里 4-2 大阪市立 

東海大仰星 2-1 豊中 

北摂つばさ 3-1 北野

門真西 3-2 大阪青凌 

池田 7-2 関西大倉

東 10-0 野崎 
(5回コールド)

同志社香里 8-4 太成学院大高 

港 15-0 北かわち皐が丘 
(5回コールド)

大冠 11-0 園芸
(6回コールド)

大手前 10-0 豊島
(5回コールド)

 
 

■2回戦
 
桜塚 5-1 枚方津田 

 
 

7月15日(日)

 

■2回戦
 
汎愛 8-4 関大一 

履正社 6-5 摂津

早稲田摂陵 6-4 槻の木 

島本 10-0 連合
(5回コールド)

金光大阪 9-0 大教大池田
(7回コールド)

阿武野 20-0 扇町総合・南 
(5回コールド)

※連合は北淀、茨田、淀川清流

 
 

7月16日(月)

 

■2回戦

 
大産大附 7-0 緑風冠
(7回コールド)

守口東 10-0 西野田工科 
(6回コールド)

大阪電通大高 11-2 都島工
(7回コールド)

交野 11-1 東淀工
(6回コールド)

大阪桐蔭 9-0 四條畷
(7回コールド)

常翔啓光学園 3-2 市岡

東海大仰星 8-3 山田 

北摂つばさ 2-0 淀川工科

寝屋川 2-1 大阪

星翔 7-0 大商学園
(7回コールド)

香里丘 4-2 追手門学院
 
 
 

7月17日(火)

 

■2回戦

 
門真なみはや 12-0 茨木工科
(7回コールド)

関大北陽 14-0 藍野
(5回コールド)

春日丘 13-3 淀商 
(6回コールド)

千里青雲 7-6 柴島

 
 
 

7月18日(水)

 

■2回戦

 
大阪国際大和田 11-1 門真西
(5回コールド)

池田 4-3 茨木

大阪学院大高 16-0 西
(5回コールド)

港 11-1 府大工業高専
(5回コールド)
 
 

7月19日(木)

 

■2回戦

 
箕面学園 5-2 箕面自由学園

常翔学園 8-0 千里

東 4-1 福井 

同志社香里 15-0 開明
(5回コールド)

大冠 10-3 東淀川
(7回コールド)

大手前 14-4 英真学園
(5回コールド)
 
 

7月21日(土)

 

■3回戦

 
大阪桐蔭 18-0 常翔啓光学園
(5回コールド)

金光大阪 8-0 島本
(7回コールド)

寝屋川 9-1 阿武野

履正社 5-1 汎愛

早稲田摂陵 11-4 交野
(8回コールド)
 
香里丘 7-6 星翔
 
 

7月22日(日)

 

■3回戦
 
関大北陽 12-5 門真なみはや 
(8回コールド)

春日丘 13-0 千里青雲
(5回コールド)

大冠 10-6 大手前

大阪学院大 5-0 港

常翔学園 8-7 箕面学園 

池田 5-4 大阪国際大和田

東海大仰星 17-1 北摂つばさ
(7回コールド)

同志社香里 2-1 東

大阪産大付 6-1 桜塚

大阪電通大 10-2 守口東
(7回コールド)
 
 

7月24日(火)

 

■4回戦
 
履正社 10-0 大阪電通大 
(5回コールド)

金光大阪 11-0 同志社香里
(5回コールド)

大阪桐蔭 12-2 常翔学園 
(6回コールド)

寝屋川 14-4 春日丘  
(5回コーールド)

大阪学院大 6-3 関大北陽

大冠 4-0 大阪産大付

東海大仰星 10-2 池田
(7回コールド)

香里丘 4-2 早稲田摂陵

 
 

7月25日(水)

 

■準々決勝

 
大阪桐蔭 2-1 金光大阪 

履正社 6-3 寝屋川 

大阪学院大 5-3 香里丘

東海大仰星 10-5 大冠
 

 

7月27日(金)

 

■準決勝
 
大阪桐蔭 6-4 履正社

大阪学院大 6-3 東海大仰星 
 

 

7月30日(月)

 

■決勝

 
大阪桐蔭 23-2 大阪学院大
 
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の北大阪大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季大阪大会と今年の春季大阪大会を振り返りたいと思います。

【秋季大阪大会の結果】

 
■決勝

大阪桐蔭(北大阪)9-2履正社(北大阪)

■3位決定戦

近大付(南大阪)7-5興国(南大阪)

■準決勝

大阪桐蔭(北大阪) 8-1 近大付(南大阪)
(7回コールド)

履正社(北大阪) 8-1 興国(南大阪)
(7回コールド)

■準々決勝

履正社(北大阪) 8-2 大商大堺(南大阪)

興国(南大阪) 3-2 池田(北大阪)

近大付(南大阪) 3-2 箕面学園(北大阪)

大阪桐蔭(北大阪) 13-0 大塚(南大阪)
(6回コールド)

 

【秋季近畿地区大会の結果】

 
■決勝

智弁和歌山(和歌山1位)0-1大阪桐蔭(大阪1位)

■準決勝

智弁和歌山(和歌山1位)5-4乙訓(京都1位)

近江(滋賀1位)0-5大阪桐蔭(大阪1位)

■準々決勝

智弁和歌山(和歌山1位)11-4法隆寺国際(奈良3位)
(7回コールド)

乙訓(京都1位)9-4智弁学園(奈良1位)

近江(滋賀1位)4-3彦根東(滋賀3位)

大阪桐蔭(大阪1位)10-1近大付(大阪3位)
(7回コールド)

■1回戦

大阪桐蔭(大阪1位)12-0京都翔英(京都2位)
(7回コールド)

近大付(大阪3位)4-1高田商(奈良2位)

智弁学園(奈良1位)6-4西脇工(兵庫2位)

近江(滋賀1位)10-0日高中津(和歌山2位)
(5回コールド)

明石商(兵庫1位)3-4彦根東(滋賀3位)

智弁和歌山(和歌山1位)12-8履正社(大阪2位)

法隆寺国際(奈良3位)9-0比叡山(滋賀2位)
(7回コールド)

乙訓(京都1位)8-1神港学園(兵庫3位)
(7回コールド)

 

【春季大阪大会の結果】

 
■決勝

大阪桐蔭(北大阪)9-0関大北陽(北大阪)

■準決勝

関大北陽(北大阪)5-4初芝立命館(南大阪)

大阪桐蔭(北大阪)6-3大体大浪商(南大阪)

■準々決勝

大阪桐蔭(北大阪)5-4寝屋川(北大阪)

関大北陽(北大阪)5-4近大泉州(南大阪)

大体大浪商(南大阪)3-2吹田(北大阪)

初芝立命館(南大阪)5-1東大阪大柏原(南大阪)

 

【春季近畿地区大会の結果】

 
■決勝

大阪桐蔭 3-1 智弁和歌山

■準決勝

大阪桐蔭 6-3 智弁学園

智弁和歌山 9-7 滝川第二

■1回戦

滝川第二(兵庫2位) 3-1 乙訓(京都1位)

智弁和歌山(和歌山1位)9-0比叡山(滋賀1位)

大阪桐蔭(大阪1位) 7-6 明石商(兵庫1位)

智弁学園(奈良1位) 7-0 市立尼崎(兵庫3位)
(7回コールド)
 



スポンサーリンク


 
 

振り返ったところで、ここからは夏の北大阪の優勝候補に迫りたいと思います。

戦力的に言えば、本命は選抜の優勝校の大阪桐蔭になります。

選抜後の春季近畿地区大会でも優勝していますし、招待試合など数多くの試合をしてきたので経験値も高いです。

大阪桐蔭は何といっても投手陣が豊富なのが強みです。
夏の大会は疲労も蓄積されるので、計算できる投手が多いに越したことはありません。

打線も昨夏の主力メンバーが多く残り、普通に考えたら大阪桐蔭が優勝候補の本命になります。
夏の甲子園に出場が決まれば、夏の甲子園でも優勝候補の本命となると思います。

ただ、大阪桐蔭の北大阪地区は強豪校が多いので、簡単には勝ち進めない可能性もあります。

関大北陽履正社も夏に向けて、巻き返しを狙っていると思うので、波乱が起こっても不思議ではありません。

大阪桐蔭がもし途中で敗れる波乱が起これば、優勝校はどこになるかわからないです。
その辺りも今年の北大阪の見どころの一つかも知れません。
 

 


スポンサーリンク

 

 

 - Sports