【高校野球】2018 夏の甲子園!香川県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/22

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。
北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

今年の香川県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 丸亀  (2回戦敗退)
2014年 坂出商 (1回戦敗退)
2015年 寒川  (1回戦敗退)
2016年 尽誠学園(2回戦敗退)
2017年 三本松 (ベスト8)

 

気になる2018年の香川県代表

ここからは夏の香川県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 

夏の香川県大会 日程

 

【抽選】
2018年6月22日(金)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の香川県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】2018年7月9日(月)

 

結果

 

7月9日(月)

 

■1回戦
 
藤井 2-1 尽誠

高松東 4-3 石田
 
 
※中止
津田 VS 高松一
 
 

7月10日(火)

 

■1回戦
 
津田 1-0 高松一

丸亀 6-3 志度 

観音寺総合 10-7 高松西 

高松北 8-7 三木
 

 
 

7月11日(水)

 

■2回戦
 
大手前高松 5-3 多度津

英明 7-0 坂出 
(8回コールド)

寒川北 11-0 飯山
(7回コールド)

 
 
 

7月12日(木)

 

■2回戦
 
高松商 2-0 香川中央 

三本松 9-0 高松桜井 
(7回コールド)

高松中央 4-1 高松工芸

 
 

7月14日(土)

 

■2回戦
 
観音寺一 8-1 坂出商 
(7回コールド)

坂出工 11-3 津田

高瀬 4-1 四学香川西

高松 7-1 小豆島中央

丸亀城西 12-4 高専詫間
(8回コールド)

高松北 11-0 笠田
(5回コールド)

 
 
 

7月15日(日)

 

■2回戦
 
高専高松 6-3 藤井

丸亀 5-4 高松南

琴平 12-2 高松東
(6回コールド)

観音寺総合 14-4 善通寺一
(6回コールド)
 
 

7月16日(月)

 

■3回戦
 
三本松 7-6 大手前高松

高松 5-3 高松商

英明 5-3 高松中央

丸亀城西 3-2 寒川
 
 
 

7月17日(火)

 

■3回戦

 
観音寺一 11-2 坂出工
(7回コールド)

琴平 7-4 香川高専高松

高瀬 3-2 高松北

観音寺総合 8-5 丸亀
 
 

7月19日(木)

 

■準々決勝

 
観音寺一 10-8 三本松

高松 8-7 琴平

英明 10-2 高瀬

丸亀城西 12-0 観音寺総合
(7回コールド)
 

 

7月21日(土)

 

■準決勝

 
高松 7-6 観音寺一

丸亀城西 6-5 英明

 

 

7月22日(日)

 

■決勝

 
丸亀城西 9-4 高松
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の香川県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季香川県大会と今年の春季香川県大会を振り返りたいと思います。
 
 

【秋季香川県大会の結果】

■決勝

英明 4-2 大手前高松

■3位決定戦

高松商業 4-3 尽誠学園

■準決勝

英明 6-4 高松商業

大手前高松 4-3 尽誠学園

■準々決勝

英明 1-0 丸亀

大手前高松 9-3 丸亀城西

高松商 6-2 高松

尽誠学園 11-0 香川西
(6回コールド)

 

【春季徳島県大会の結果】

■ 順位決定戦

大手前高松とセンバツ出場した英明との順位決定戦。

大手前高松 11-8 英明

■ 決勝

大手前高松 6-4 藤井寒川

■ 3位決定戦

高松商 12-2 観音寺総合
(5回コールド)

■ 準決勝

大手前高松 12-2 観音寺総合
(5回コールド)

藤井寒川 10-8 高松商

■ 準々決勝

大手前高松 6-5 高松北

高松商 4-0 丸亀

観音寺総合 10-3 香川西
(7回コールド)

藤井寒川 3-2 丸亀城西

 

 

【春季四国地区大会の結果】

■ 決勝

大手前高松 13-9 聖カタリナ

■ 準決勝

聖カタリナ 9-8 鳴門

大手前高松 6-4 明徳義塾

■ 1回戦

聖カタリナ(愛媛1位) 5-4 英明(香川2位)

大手前高松 (香川1位) 7-0 小松島門(徳島2位)
(7回コールド)

鳴門(徳島1位) 8-0 高知商業(高知2位)
(7回コールド)

明徳義塾(高知1位) 11-4 松山星陵(愛媛2位)
(7回コールド)
 



スポンサーリンク

 
 
ここからは夏の香川県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

香川は、春季香川県大会を制し春季四国地区大会も制した大手前高松優勝候補に挙がりそうです。

ただ、今年の香川県大会は混戦が予想されいて大手前高松が優勝候補の1番手ながら、他にも実力校が揃っています。

大手前高松も盤石ではなく、課題はあります。

春季大会では打線が機能し、持ち前の機動力とかみ合い得点力がアップしましたが、投手陣にもう少し厚みが欲しいところ。

エースの中村公俊投手はいますが、課題は投手力の底上げだと言われています。

 

あと、優勝候補に挙がりそうなチームは、シード校の英明、藤井学園寒川、高松商でしょうか。

英明は選抜に出場した実力校です。
選抜では初戦で国学院栃木と対戦し、2-3で惜しくも敗れただけに、甲子園でのリベンジに思いは強いのではないでしょうか。

 

藤井学園寒川は最速145キロ右腕・加茂優太投手を中心に投手陣は層が厚く、その辺りが強みになりそうです。

高松商も投打のバランスが良いチームです。
秋季四国地区大会でもベスト4に入り、あと一歩のところで選抜を逃しているので、夏への思いは強いと思います。

 

シード校だけでも実力校ばかりですが、ノーシード校も実力校が揃います。

尽誠学園、観音寺総合、高松北・高松南、多度津、四学大香川西、坂出工、坂出商、高松などは、優勝を狙えるのではないでしょうか。

 

今回は、香川の優勝候補をまとめてみましたが、春季四国地区大会を制した大手前高松を中心に実力校が揃い、混戦が予想されます。

あとは、組み合わせや選手のコンディションなどで勝敗も分かれそうです。
 

 


スポンサーリンク

 

 

 - Sports