【高校野球】2018夏の甲子園!岩手県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/22

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

7月6日に開幕する岩手県大会では70校66チームが参加、開幕試合の始球式は盛岡中央高出身の東北楽天ゴールデンイーグルスの銀次選手(30歳)が務めます。

 

今年の岩手県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 花巻東 (ベスト4)
2014年 盛岡大付(3回戦敗退)
2015年 花巻東 (3回戦敗退)
2016年 盛岡大付(3回戦敗退)
2017年 盛岡大付(ベスト8)

 

気になる2018年の岩手県代表

ここからは夏の岩手県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の岩手県大会 日程

 

【抽選会】
2018年6月22日(金)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の岩手県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年7月6日(金)

 
 

結果

 

7月6日(金)

 

■1回戦
 
一関第一 4-2 水沢第一 

花巻南 7-6 遠野

 
 

7月7日(土)

 
※天候不良のため中止
 
 

7月8日(日)

 
※天候不良のため中止
 
 
 

7月9日(月)

 
■2回戦
 

千厩 4-2 盛岡第一

花北青雲 9-7 釜石商工 

福岡 10-3 盛岡南 
(7回コールド)

一関学院 9-0 平舘
(7回コールド)

釜石 4-2 水沢商 

高田 7-0 山田・宮水連合 
(7回コールド)

一関工 7-2 盛岡農

岩谷堂 4-1 宮古工

江南義塾盛岡 4-2 盛岡誠桜

 
 

7月10日(火)

 

■2回戦

 
花巻東 5-4 一関第一

伊保内 3-1 一関高専

不来方 10-3 洋野連合

岩泉 16-8 北上翔南 
(8回コールド)

水沢工 5-1 久慈東

西和賀 8-1紫波総合

大船渡 11-2 盛岡第三

金ヶ崎 4-3 大槌

黒沢尻工 6-3 大東 
 
 

7月11日(水)

 

■2回戦
 
岩手 4-3 盛岡中央 

軽米 20-12 一関修紅 

盛岡工 8-1 花巻農 
(7回コールド)

遠野緑峰 4-2 水農・前沢連合

盛岡大付 10-2 盛岡北
(7回コールド)

花巻南 14-2 専大北上
(5回コールド)
 
 

7月12日(木)

 

■2回戦
 
黒沢尻北 10-3 一関第二 

盛岡市立 7-6 久慈

宮古商 8-1 盛岡第四

花巻北 7-3 久慈工 

水沢 11-7 花泉

盛岡商 7-0 葛巻・福工連合
(7回コールド)

大船渡東 7-5 住田

宮古 5-4 一戸
 
 

7月13日(金)

 
※天候不良のため中止
 
 
■3回戦
 

7月14日(土)

 

■3回戦
 
不来方 9-1 岩泉
(7回コールド)

花巻東 12-2 伊保内
(5回コールド)

水沢工 7-0 千厩

高田 4-3 一関工

岩谷堂 9-3 盛岡誠桜

福岡 8-4 花北青雲

西和賀 3-2 大船渡

一関学院 8-0 釜石
(7回コールド)
 
 

7月15日(日)

 

■3回戦

 
盛岡大付 5-4 花巻南

花巻北 6-4 宮古商

岩手 7-0 軽米
(7回コールド)

盛岡工 10-3 遠野緑峰
(7回コールド)

盛岡商 4-3 水沢

黒沢尻工 9-5 金ヶ崎

大船渡東 4-2 宮古

盛岡市立 6-4 黒沢尻北
 
 

7月16日(月)

 

■4回戦

 
花巻東 17-2 不来方
(5回コールド)

岩倉堂 4-1 西和賀

福岡 11-4 水沢工
(7回コールド)

一関学院 5-2 高田
 
 

7月17日(火)

 

■4回戦
 
※ノーゲーム
黒沢尻工 VS 岩手
 
※中止
盛岡工 VS 盛岡大付
 
 
盛岡市立 1-0 花巻北

盛岡商 11-4 大船渡東
 
 

7月18日(水)

 

■4回戦
 
盛岡大付 9-1 盛岡工
(7回コールド)

黒沢尻工 6-2 岩手
 
 

7月19日(木)

 
■準々決勝
 
盛岡大付 6-5 盛岡商

花巻東 4-3 福岡

盛岡市立 13-11 黒沢尻工

一関学院 10-0 岩谷堂
(6回コールド)
 
 

7月21日(土)

 

■準決勝
 
花巻東 8-1 一関学院
(8回コールド)

盛岡大付 6-0 盛岡市立

 

 

7月22日(日)

 

■決勝

 
花巻東 4-3 盛岡大付
 

 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の岩手県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季岩手県大会と今年の春季岩手県大会を振り返りたいと思います。

 

【秋季岩手県大会の結果】

 

■決勝

花巻東 6-3 黒沢尻工

■3位決定戦

一関学院 15-3 久慈

■準決勝

黒沢尻工 7-4 久慈

花巻東 6-4 一関学院

■準々決勝

黒沢尻工 4-2 盛岡中央

久慈 2-0 水沢

一関学院 4-3 盛岡大付

花巻東 5-4 盛岡工

 

【秋季東北地区大会の結果】

 

■決勝

聖光学院 6-4 花巻東

■準決勝

聖光学院 16-2 能代松陽

花巻東 6-4日大山形

■準々決勝

能代松陽7-0黒沢尻工
(8回コールド)

花巻東4-2由利工

日大山形 7-0 酒田南
(7回コールド)

聖光学院15-0 利府
(5回コールド)

■2回戦

由利工(秋田)5-4弘前東(青森)

能代松陽(秋田)2-1八学光星(青森)

花巻東(岩手) 5-2 角館(秋田)

黒沢尻工(岩手)4-2東海大山形

日大山形 1-0 仙台育英(宮城)

酒田南(山形)8-6光南(福島)

利府(宮城)7-6青森山田

聖光学院(福島)7-0仙台南(宮城)
(7回コールド)

■1回戦

八学光星(青森) 9-2 一関学院(岩手)

日大山形 7-2 学法石川

 

【春季岩手県大会の結果】

 

■決勝

花巻東 5-4 専大北上

■3位決定戦

盛岡中央 7-1 盛岡三

■準決勝

花巻東 6-4 盛岡中央

専大北上 10-5 盛岡三

■準々決勝

盛岡中央 7-0 一関学院
(7回コールド)

花巻東 8-0 水沢
(7回コールド)

盛岡三 8-0 花巻北
(7回コールド)

専大北上 4-0 福岡

 

【春季東北地区大会の結果】

 

■決勝

聖光学院 2-1 東北

■準決勝聖光学院 11-4 弘前東
(8回コールド)

東北 9-6 八学光星

■準々決勝

聖光学院 4-1 羽黒

八学光星 16-1 福島商
(5回コールド)

弘前東 14-4 山形城北
(5回コールド)

東北 3-0 金足農

■2回戦

聖光学院(福島1位) 6-4 弘前工

羽黒(山形1位) 2-1 由利工(秋田2位)

八学光星(青森1位) 7-4 盛岡中央(岩手3位)

福島商(福島2位) 8-4 山形中央(山形2位)

金足農(秋田1位) 4-1 専大北上(岩手2位)

東北(宮城1位) 8-6 明桜

弘前東(青森2位) 8-1 古川学園(宮城2位)
(7回コールド)

山形城北(山形3位) 5-3 花巻東(岩手1位)

■1回戦

弘前工(青森3位) 6-5 利府(宮城3位)

明桜(秋田3位) 8-1 磐城(福島3位)
(7回コールド)

 

 


スポンサーリンク


 
 

ここからは、夏の岩手県大会の優勝候補を予想していきます。

 

岩手は、秋春の県大会を制した花巻東が優勝候補の本命
今春のセンバツでは、ベスト8に進出しています。

花巻東の投手陣は、過去に在籍していた菊池雄星投手(西武)や大谷翔平投手(エンゼルス)のような超高校級エースはいませんが層は厚く、左の技巧派 田中大樹投手(3年)、本格派右腕 西舘勇陽投手(2年)、右サイドの伊藤翼投手(3年)などタイプの異なる投手がそろっており、マウンド経験も豊富です。

攻撃の中心は勝負強さが際立つ四番 紺野留斗選手(3年)。

このように総合力が高く接戦に強い花巻東が一歩リードしています。

 

対抗は春の県大会準優勝の専大北上と、春の県大会で昨夏覇者の盛岡大付を破った一関学院

専大北上は、中日、巨人などで活躍した中尾孝義監督就任2年目で初の東北切符をつかみ取りました。

中尾監督のもと、冬は腹筋や背筋の強化を中心に体幹トレーニングを徹底。
すべての練習は何のためにやるのか選手たちに考えさせることで気持ちも技術も変わってきたと言います。

「一冬で打球が伸びた。押し込める力が出た」という四番 角田麗斗捕手(3年)は、春の県大会 準決勝で右中間への適時三塁打を放つなど活躍。
昨年は県大会2回戦止まりだった専大北上が夏の県大会でどこまで勝ち進むか注目です。

 

続いて打力が持ち味の一関学院は、強打のショート 夷塚郁斗選手(3年)が打線をけん引。
昨秋の県大会では5割を超える打率をマークしています。

 

また、過去5年の代表校を見ると昨夏の優勝校 盛岡大付も気になります。

盛岡大付は昨年春夏連続で甲子園に出場していますが、その時のメンバーは大幅に入れ替わっているようです。

盛岡大付といえば、松本裕樹投手(ソフトバンク)を兄にもつエース左腕 松本跳馬投手(3年)の活躍も期待されていますが、夏までにどこまで仕上げてくるか注目です。

 

夏の岩手県大会の優勝候補を予想しましたが、花巻東が頭一つリード、2番手以降は混戦が予想されます。
 

 


スポンサーリンク

 

 

 

 - Sports