【高校野球】2018夏の甲子園!石川県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/25

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の石川県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 星稜    (1回戦敗退)
2014年 星稜    (3回戦敗退)
2015年 遊学館   (3回戦敗退)
2016年 星稜    (1回戦敗退)
2017年 日本航空石川(2回戦敗退)

 

気になる2018年の石川県代表

ここからは夏の石川県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク

 

 

夏の石川県大会 日程

 

【抽選日】2018年6月27日(水)

【開幕】 2018年7月12日(木)

 

 

結果

 

7月12日(木)

 

■1回戦

 
石川高専 2-1 小松工
 
 

7月13日(金)

 

■1回戦

 
小松大谷 7-0 金沢伏見
(7回コールド)

金沢二水 5-2 宝達 

七尾 8-6 鹿西 
 

7月14日(土)

 

■1回戦
 
寺井 5-3 大聖寺

遊学館 6-0 小松明峰

金沢龍谷 13-3 穴水
(8回コールド)

七尾東雲 11-1 金沢錦丘
(5回コールド)

鶴来 4-2 金沢北陵

門前 14-1 翠星・加賀 
(5回コールド)

羽咋 7-2 松任 

県立工 11-0 能登
(5回コールド)

輪島 8-1 金沢大付
(7回コールド)

 

7月15日(日)

 
■1回戦

 
鵬学園 9-3 金沢泉丘
 

■2回戦
 
星稜 10-0 辰巳丘・向陽・内灘
(5回コールド)

小松市立 6-5 金沢西 

金沢学院 12-1 金沢桜丘
(6回コールド)

七尾 3-0 石川高専

金沢市立工 5-3 日本航空石川

 

7月16日(月)

 
■2回戦
 
小松大谷 8-0 金沢二水
(7回コールド)

津幡 13-6 大聖寺実業 
(8回コールド)

金沢商業 5-3野々市明倫

遊学館 10-3 寺井
(8回コールド)

金沢 9-1 羽咋工 
(7回コールド)

金沢龍谷 9-1 七尾東雲
(8回コールド)

小飯田 2-1 松商 

小松 4-1 北陸学院

羽咋 6-2 県立工

 

7月17日(火)

 

■2回戦

 
鵬学園 10-0 輪島
(6回コールド)

鶴来 8-1 門前
(7回コールド)

 

7月18日(水)

 

■3回戦

 
星稜 9-0 小松市立
(7回コールド)

小松大谷 4-3 津幡

金沢市工 9-4 七尾

小松 8-5 羽咋
 

 

7月19日(木)

 

■3回戦
 
金沢学院 5-4 金沢龍谷

飯田 9-4 鶴来

遊学館 5-4 金沢

金沢商 10-5 鵬学園
 
 

7月21日(土)

 

■準々決勝

 
星稜 5-0 小松大谷

小松 6-2 金沢市立
 
 

7月22日(日)

 

■準々決勝

 

金沢学院 12-9 飯田

金沢商 1-0 遊学館
 

7月24日(火)

 

■準決勝

 
星稜 7-0 金沢商 
(7回コールド)

金沢学院 4-2 小松
 
 

7月25日(水)

 

■決勝

 
星稜 22-0 金沢学院
 
 


スポンサーリンク


 

 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の石川県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季石川県大会と今年の春季石川県大会を振り返りたいと思います。

【秋季石川県大会の結果】

 
■決勝

星稜 10-9 日本航空石川

■3位決定戦

金沢学院 2-1 小松

■準決勝

星稜 7-0 小松
(8回コールド)

日本航空石川 14-5 金沢学院
(7回コールド)

■準々決勝

金沢学院 10-3 北陸学院
(7回コールド)

小松 5-4 羽咋

星稜 2-1 飯田

日本航空石川 13-6 金沢桜丘
(7回コールド)

 

【秋季北信越大会の結果】

 
■決勝

日本航空石川(石川2位)10-0星稜(石川1位)

■準決勝

富山商(富山1位)2-7日本航空石川(石川2位)

星稜(石川1位)7-0富山国際大付(富山2位)
(7回コールド)

■準々決勝

富山商(富山1位)6-1坂井(福井2位)

北越(新潟3位)5-7星稜(石川1位)
(延長12回)

日本航空石川(石川2位)7-1日本文理(新潟1位)

松商学園(長野3位)0-2富山国際大付(富山2位)

■1回戦

北越(新潟3位)5-0日本ウエルネス(長野1位)

金沢学院(石川3位)3-6富山商(富山1位)

松商学園(長野3位) 11-1 金津(福井1位)
(7回コールド)

北陸(福井4位)0-1星稜(石川1位)

坂井(福井2位)2-1佐久長聖(長野2位)

富山国際大付(富山2位)4-3中越(新潟2位)

日本文理(新潟1位)6-4工大福井(福井3位)

高岡商(富山3位)0-4日本航空石川(石川2位)

 

【春季石川県大会の結果】

 
■決勝

星稜 4-0 日本航空石川

■準決勝

星稜 9-4 金沢学院

日本航空石川 11-1 金沢
(6回コールド)

■準々決勝

星稜 6-2 金沢商

日本航空石川 12-0 飯田
(7回コールド)

金沢学院 7-0 津幡
(7回コールド)

金沢 9-0 小松
(7回コールド)

 

【春季北信越地区大会の結果】

 
■決勝
星稜 9-5 佐久長聖

■準決勝

星稜 10-5 高岡商業

佐久長聖 7-6 日本文理

■2回戦

星稜(石川1位) 7-0 関根学園
(7回コールド)

高岡商業(富山1位) 14-6 金沢
(7回コールド)

佐久長聖(長野1位) 3-2 航空石川

日本文理 3-2 坂井(福井1位)
■1回戦

航空石川(石川2位) 5-2 富山商業(富山2位)

関根学園(新潟2位) 5-2 福井商業(福井2位)

金沢(石川3位) 1-0 上田西(長野2位)

日本文理(新潟1位) 7-1金沢学院(石川3位)

 

 
 

 


スポンサーリンク

 
振り返ったところで、ここからは夏の石川県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

結果から見ると秋季、春季の石川県大会を制した星稜優勝候補の本命で、対抗としては日本航空石川が挙げられます。

星稜は投手陣の層が厚く、主将の竹谷理央投手(3年)やセンバツを経験し大きく成長した2年生エース 奥川恭伸投手、侍ジャパンU-15にも名を連ねた2人のスーパールーキー寺西成騎投手荻原吟哉投手がそろっています。

寺西投手と荻原投手は、春の北信越大会 関根学園(新潟)との初戦で無失点リレーを披露。
いきなり先発を任された寺西投手ですが5回無失点と見事なピッチングを見せました。

星稜は投手陣をリードする強肩捕手 山瀬慎之助選手(2年)や1年生ながら3番ショートを任されている内山壮真選手など下級生に好素材が多く来年以降も楽しみなチームです。

 

 

日本航空石川も投手陣が厚く、春の北信越大会で好投した上田俊輔投手(3年)や重吉翼投手(2年)、杉本壮志投手(3年)と安定感のある投手がそろっています。

また、右肩を痛めて本調子ではなかった145キロ右腕 大橋修人投手の調子が戻ってくれば、一層強力な投手陣が出来上がりそうです。

打線も強力で、上田優弥選手(3年)や小板慎之助選手(3年)を中心に破壊力があります。

 

石川県大会の優勝候補を予想してみましたが、ともに今春センバツでベスト8に進出した星稜日本航空石川の2強と言えます。

あとは、秋春ともに上位進出した金沢学院金沢もチーム力が高く、あなどれません。
 


スポンサーリンク


 
 

 

 

 - Sports