【高校野球】2018夏の甲子園!福島県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/22

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の福島県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 聖光学院(2回戦敗退)
2014年 聖光学院(ベスト8)
2015年 聖光学院(2回戦敗退)
2016年 聖光学院(ベスト8)
2017年 聖光学院(3回戦敗退)

聖光学院は戦後最長となる11連覇中。
圧倒的な優勝候補大本命と思われますが、どうなんでしょうか。

気になる2018年の福島県代表

ここからは夏の福島県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の福島県大会 日程

 

【抽選会】2018年6月26日(火)

【開幕】 2018年7月7日(土)

【決勝】 2018年7月22日(日)

 

 

結果

 

7月7日(土)

 

■1回戦

 
いわき海星 5-0 本宮
 
 

7月8日(日)

 

■1回戦

 
只見 4-1 福島南

白河 12-0 相馬農
(5回コールド)

安積 10-0 郡山商
(6回コールド)

喜多方桐桜 18-0 四倉
(5回コールド)

福島 15-0 好間 
(5回コールド)

ふたば未来 9-2 石川
(7回コールド)

須賀川 10-0 葵
(5回コールド)

会津西連合 10-9 平商 

郡山 11-1 相馬東 
(5回コールド)

喜多方 7-5 小野

学法福島 6-4 郡山東

福島西 4-3 会津工
 
■2回戦
 

岩瀬農 10-0 磐城農
(5回コールド)
 

 

7月9日(月)

 

■1回戦

 
会津 8-7 福島東
 
■2回戦
 
聖光学院 9-1 安達
(8回コールド)

日大東北 39-0 会津北嶺 
(5回コールド)

南会津 2-1 勿来工 

いわき光洋 18-1 福島明成 
(5回コールド)

学法石川 12-2 福島北
(6回コールド)

東日大昌平 10-0 会津ザベリオ
(6回コールド)

福島成蹊 5-2 若松商 

福島高専 4-2 小高産業技術

白河旭 10-6 相馬

清陵情報 7-3 二本松工

光南 4-0 会津農林

 

 

7月10日(火)

 

■2回戦

 
只見 8-0 塙工 
(7回コールド)

安積 9-0 福島工
(7回コールド)

喜多方桐桜 6-0 郡山北工 

磐城 9-2 保安 
(7回コールド)

福島商 14-10 白河実

尚志 5-1 橘

原町 2-0 いわき総合 

平工 3-2 田村 

湯本 19-0 新地
(5回コールド)

喜多方 10-0 須賀川桐陽
(5回コールド)
 

 

7月11日(水)

 

■2回戦

 
白河 12-5 川俣・梁川
(8回コールド)

福島 6-0 船引

ふたば未来 5-0 あさか開成 

いわき海星 2-1 修明

須賀川 10-1 安積黎明
(7回コールド)

会津 2-1 会津学鳳

会津西連合 10-0 長沼
(5回コールド)

郡山 7-0 磐城桜が丘 
(7回コールド)

学法福島 10-2 田島

福島西 9-6 帝京安積

 

 

7月14日(土)

 

■3回戦

 
湯本 2-1 白河旭

平工 8-0 福島高専
(7回コールド)

東日大昌平 8-2 学法石川

いわき光洋 7-0 南会津
(7回コールド)

聖光学院 13-1 岩瀬農
(5回コールド)

福島成蹊 8-7 磐城

福島商 10-0 尚志
(5回コールド)

光南 11-1 清陵情報
(5回コールド)
 

 

7月15日(日)

 

■3回戦

 
郡山 4-3 喜多方

会津 22-3 会津西連合
(5回コールド)

白河 3-2 安積

福島 11-4 喜多方桐桜
(7回コールド)

日大東北 11-1 只見
(5回コールド)

いわき海星 4-0 ふたば未来学園

福島西 6-3 学法石川

須賀川 4-1 原町
 
 

 

7月17日(火)

 

■4回戦
 
湯本 9-4 郡山

平工 5-2 会津

福島 4-3 東日大昌平

いわき光洋 12-5 白河
(7回コールド)

聖光学院 11-1 日大東北
(5回コールド)

いわき海星 3-1 福島成蹊

福島商 5-4 須賀川

光南 4-2 福島西
 

 

7月19日(木)

 

■準々決勝

 
いわき海星 5-3 福島

聖光学院 7-1 いわき光洋

湯本 6-3 光南

福島商 12-7 平工
 
 

7月21日(土)

 

■準決勝

 
聖光学院 3-2 いわき海星

福島商 6-2 湯本
 

 

7月22日(日)

 

■決勝
 
聖光学院 15-2 福島商
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の福島県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季福島県大会と今年の春季福島県大会を振り返りたいと思います。

【秋季福島県大会の結果】

 

■決勝

聖光学院 9-2 光南

■3位決定戦

学法石川 1-0 湯本

■準決勝

聖光学院 11-0 湯本
(5回コールド)

光南 4-0 学法石川

■準々決勝

聖光学院 10-0 福島商
(5回コールド)

湯本 3-2 須賀川

光南 3-0 郡山

学法石川 14-1 磐城
(5回コールド)

 

【秋季東北地区大会の結果】

■決勝

聖光学院 6-4 花巻東

■準決勝

聖光学院 16-2 能代松陽

花巻東 6-4日大山形

■準々決勝

能代松陽7-0黒沢尻工
(8回コールド)

花巻東4-2由利工

日大山形 7-0 酒田南
(7回コールド)

聖光学院15-0 利府
(5回コールド)

■2回戦

由利工(秋田)5-4弘前東(青森)

能代松陽(秋田)2-1八学光星(青森)

花巻東(岩手) 5-2 角館(秋田)

黒沢尻工(岩手)4-2東海大山形

日大山形 1-0 仙台育英(宮城)

酒田南(山形)8-6光南(福島)

利府(宮城)7-6青森山田

聖光学院(福島)7-0仙台南(宮城)
(7回コールド)

■1回戦

八学光星(青森) 9-2 一関学院(岩手)

日大山形 7-2 学法石川

 

【春季茨城県大会の結果】

 

■決勝

聖光学院 18-3 福島商

■3位決定戦

磐城 1-0 光南

■準決勝

福島商 6-1 磐城

聖光学院 12-0 光南

■準々決勝

福島商 3-2 湯本

磐城 8-1 小高産技
(7回コールド)

聖光学院 11-1 学法石川
(5回コールド)

光南 8-2 安積

 

【春季東北地区大会の結果】

■決勝

聖光学院 2-1 東北

■準決勝

聖光学院 11-4 弘前東
(8回コールド)

東北 9-6 八学光星

■準々決勝

聖光学院 4-1 羽黒

八学光星 16-1 福島商
(5回コールド)

弘前東 14-4 山形城北
(5回コールド)

東北 3-0 金足農

■2回戦

聖光学院(福島1位) 6-4 弘前工

羽黒(山形1位) 2-1 由利工(秋田2位)

八学光星(青森1位) 7-4 盛岡中央(岩手3位)

福島商(福島2位) 8-4 山形中央(山形2位)

金足農(秋田1位) 4-1 専大北上(岩手2位)

東北(宮城1位) 8-6 明桜

弘前東(青森2位) 8-1 古川学園(宮城2位)
(7回コールド)

山形城北(山形3位) 5-3 花巻東(岩手1位)

■1回戦

弘前工(青森3位) 6-5 利府(宮城3位)

明桜(秋田3位) 8-1 磐城(福島3位)
(7回コールド)

 

 



スポンサーリンク


 
 
2018年夏の福島県大会の優勝候補ですが、11連覇中の聖光学院が総合力で頭一つリードしており圧倒的な大本命です。
昨秋に続いて東北大会を制し春は6年ぶり3度目の優勝を飾りました。

聖光学院は、旧チームから中心選手の矢吹栄希選手(3年)と、右の強打者 五味卓馬選手(3年)、須田優真選手(3年)ら打線に切れ目なく破壊力十分。

春の県大会では、準々決勝、準決勝、決勝の3試合で41得点をたたき出しています。

選手層の厚さを誇る聖光学院ですが投手陣に少し不安要素も。
センバツで登板した衛藤慎也投手(3年)が右肘の故障で春の県大会はメンバーを外れ本来の調子を取り戻せるかが気になるところです。

ただ、4月から投手に復帰した川口堅投手(3年)と2年生左腕 須藤翔投手が踏ん張り県大会を制し、春の東海大会では高坂右京投手(3年)が東北(宮城)の左打者の内角を直球で突き変化球でタイミングを外し凡打させるなど好投しています。

高坂投手は、今春のセンバツ2回戦で先発しましたが、東海大相模(神奈川)を相手に集中打を浴び一回途中で降板。
投げるのが怖くなっていたそうですが、東北大会では自信を取り戻し安定した投球を見せました。

聖光学院は投手の底上げがポイントとなりそうです。

 

 

対抗は、春の東北大会に出場した福島商磐城、安定した成績を残している光南学法石川もあなどれません

春準優勝の福島商は、エース右腕 阿部大樹投手(3年)をはじめ、技巧派左腕 大河内陸投手や進堺著しい2年生の大内良真投手と投手陣が盤石。

打線は長打力のある関根紀選手、好打者の阿蘇航新選手渡辺烈也選手らがそろっています。

 

磐城は左腕 小山泰生投手(3年)や球速135キロ右腕 大久保雅史投手、左のサイドスロー佐々木祐人投手と安定した投手陣。
打線も三番 近藤琢磨選手を起点に集中打が魅力。

 

光南は、身長169cmと小柄ながら130キロ台後半の速球とスライダーのキレが抜群の絶対的エース 小椋瑠偉投手が軸。

 

学法石川は入学直後から中軸に座る強打者 藤原涼雅選手(2年)を軸に強力打線は健在、19年ぶりの甲子園出場を目指します。

 

夏の福島県大会の優勝候補の本命は夏常連校の聖光学院

聖光学院に続くのが福島商磐城光南学法石川

 

聖光学院が夏12連覇なるか、それとも打倒聖光に燃える他のチームが甲子園出場なるか、注目です。

 

 


スポンサーリンク


 
 

 - Sports