【高校野球】2018夏の甲子園!群馬県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/25

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の群馬県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 前橋育英(優勝)
2014年 健大高崎(ベスト8)
2015年 健大高崎(3回戦敗退)
2016年 前橋育英(2回戦敗退)
2017年 前橋育英(3回戦敗退)

 

気になる2018年の群馬県代表

ここからは夏の群馬県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の群馬県大会 日程

 

【抽選会】
2018年6月15日(金)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の群馬県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

 

結果

 

7月7日(土)

 

■1回戦

 
利根商 6-3 西邑楽

桐生市商 8-1 勢多農林 

高崎東 5-3 前橋

昭和県央 10-1 下仁田・板倉
 
 

7月8日(日)

 

■1回戦

 
健大高崎 17-0 館林商工
(5回コールド)

関学大附 7-0 前橋南
(8回コールド)

藤岡中央 2-1 桐生南

高崎 11-1 尾瀬
(7回コールド)

群馬高専 13-11 桐生工

安中総合 5-0 吾妻中央

嬬恋 6-3 渋川

東農大二 9-8 太田 

太田工 7-4 榛名・富実

 

7月9日(月)

 

■1回戦

 
桐生第一 11-4 伊勢崎
(7回コールド)

伊勢崎清明 10-2 大間々
(7回コールド)

伊勢崎工 8-7 利根実

市立太田 6-5 渋川青翠

伊勢崎商 7-3 前橋西 

商大附 7-1中央中等

前橋育英 11-4 藤岡工

沼田 20-1 松井田

新田暁 4-2 渋川工 

 

7月10日(火)

 

■1回戦

 
富岡 10-0 市前橋
(6回コールド)

桐生西 6-5 興陽

高崎商 11-0 桐生 
(6回コールド)

高崎北 7-0 吉井
(7回コールド)

前橋商 16-0 四ツ葉・玉村
(5回コールド)

高経大附 9-3 前橋東

館林 8-1 高崎工
(7回コールド)

樹徳 6-3 太田東 

 

7月11日(水)

 

■1回戦

 
前橋工 5-1 大泉

常磐 8-0 藤岡北 
(8回コールド)

 

 

7月14日(土)

 

■2回戦

 
健大高崎 8-1 高崎

高崎東 5-2 利根商

伊勢崎清明 5-3 桐生第一

関学大附 22-2 群馬高専
(7回コールド)

桐生市商 13-0 明和県央
(5回コールド)

藤岡中央 8-0 安中総合
(7回コールド)

 

7月15日(日)

 

■2回戦

 
伊勢崎工 3-2 嬬恋

市立太田 10-0 伊勢崎商
(5回コールド)

富岡 5-1 桐生西

東農大二 12-3 太田工
(7回コールド)

前橋育英 4-2 沼田

前橋商 13-3 高経大附

 

7月16日(月)

 

■2回戦
 
高崎商 5-1 商大附

前橋工 9-2 常磐

新田暁 2-1 高崎北

館林 6-5 樹徳

 

7月18日(水)

 

■3回戦
 
健大高崎 10-2 高崎東
(7回コールド)

伊勢崎清明 6-0 伊勢崎工

関東学園大付 6-3 桐生市商

藤岡中央 10-5東農大二
 
 
 

7月19日(木)

 

■3回戦
 
高崎商 4-1 市太田

前橋育英 9-1 新田暁
(7回コールド)

前橋商 13-0 館林
(6回コールド)

前橋工 10-3 富岡
(7回コールド)
 
 

7月21日(土)

 

■準々決勝
 
健大高崎 9-1 伊勢崎清明
(7回コールド)

関東学園大付 5-0 藤岡中央
 
 

7月22日(日)

 

■準々決勝
 
前橋育英 3-1 前橋商 

高崎商 2-0 前橋工
 
 
 

7月24日(火)

 

■準決勝
 
健大高崎 4-3 高崎商

前橋育英 13-3 関東学園大付
(6回コールド) 
 
 

7月25日(水)

 

■決勝
 
前橋育英 6-5 健大高崎
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の群馬県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季群馬県大会と今年の春季群馬県大会を振り返りたいと思います。

【秋季群馬県大会の結果】

■決勝

健大高崎 16-7 関東学園大付

■準決勝

関東学園大付 5-4 藤岡中央

健大高崎 7-4 桐生第一

■準々決勝

桐生第一 9-6 前橋商

健大高崎 14-3 前橋工
(7回コールド)

関東学園大付 9-2 富岡

藤岡中央 2-1 前橋育英

 

【秋季関東地区大会の結果】

■決勝

中央学院 6-5 明秀日立

■準決勝

明秀日立 7-4 慶應義塾

中央学院 3-2 東海大相模

■準々決勝

慶應義塾(神奈川) 3-2 国学院栃木

中央学院(千葉) 5-1 霞ヶ浦(茨城)

明秀日立(茨城) 7-5 健大高崎(群馬)

東海大相模(神奈川) 12-1 作新学院(栃木)
(5回コールド)

 

【春季群馬県大会の結果】

■決勝

前橋育英 7-6 健大高崎

■準決勝

前橋育英 7-0 前橋東
(7回コールド)

健大高崎 7-0 高崎
(7回コールド)

■準々決勝

健大高崎 6-4 桐生南

高崎 10-6 伊勢崎清明

前橋育英 2-1 常磐

前橋東 8-3 東農大二

 

【春季関東地区大会の結果】

■決勝

健大高崎 15-10 日大三

■準決勝

日大三 9-8 常総学院

健大高崎 9-8 木更津総合

■準々決勝

常総学院 7-3 東海大相模

木更津総合 13-5 横浜

日大三 9-2 習志野

健大高崎 7-6 浦和学院
■2回戦

東海大相模 8-7 花咲徳栄

常総学院 7-2 関東学園大附

習志野 7-2 作新学院

日大三 8-5 山梨学院

木更津総合 10-2 国士館
(7回コールド)

横浜 6-1 明秀日立

健大高崎 8-2 東海大甲府

浦和学院 5-2 千葉黎明
■1回戦

花咲徳栄 14-9 専修大松戸

日大三 5-3 桐光学園

千葉黎明 4-3 青藍泰斗

 

 


スポンサーリンク


 
 
2018年夏の群馬県大会の優勝候補の本命は、昨秋と今春の覇者で春の関東大会も制した健大高崎

健大高崎は、スローガンの”機動破壊”に加え、史上最強打線で関東大会では4試合で7本塁打、39得点をたたき出しています。

打線は旧チームから中軸を担うプロ注目 左の長距離砲 山下航汰選手と、高山遼太郎投手を中心に強打者がそろっています。

健大高崎は、5月中旬に部員同士の暴力行為があったことが判明、大会前の対外試合を自粛したことは大きな不安材料となりましたが、6月30日に行われた練習試合では、山下選手が左超えの高校通算72号本塁打を、高山選手もサヨナラ弾を放ち12-10で松商学園(長野)を下しています。

健大高崎の課題といえば、関東大会で26失点の投手陣。
下級生が多く安定感に欠けるだけに継投がポイントとなりそうです。

 

対抗となるのは、昨秋と今春の県大会で準優勝した関東学園大付と昨夏の覇者 前橋育英

関東学園大付は、旧チームからの主力 中里壱成主将を中心に攻守のバランスがとれています。

投手陣は、右肘の故障から復活した大型右腕 高橋勇人投手が軸。
恵まれた体格から力強い速球を投げ込み、しっかり試合が作れる投手です。

 

前橋育英は戦力が充実。

投手陣は、小柄ながら前進のバネを生かして140キロ台中盤のキレのあるストレートを投げるエース恩田慧吾投手を柱に複数の投手陣で戦い抜くスタイルが確立。

打線は昨夏の甲子園で本塁打を放った小池悠平選手らをはじめ好打者がそろっています。

 

夏の群馬県大会は、健大高崎が優勝候補の大本命。
対抗は関東学園大付と前橋育英ですが、2番手以降は実力差はなく混戦が予想されます。

 
 

 


スポンサーリンク


 
 

 

 - Sports