【高校野球】2018夏の甲子園!青森県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/22

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の青森県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 弘前学院聖愛(3回戦敗退)
2014年 八戸学院光星(ベスト8)
2015年 三沢商   (2回戦敗退)
2016年 八戸学院光星(2回戦敗退)
2017年 青森山田  (3回戦敗退)

 

気になる2018年の青森県代表

 

ここからは夏の青森県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。



スポンサーリンク

夏の青森県大会 日程

 

【抽選日】2018年6月26日(火)

【開幕】 2018年7月9日(月)

【決勝】 2018年7月21日(土)

 

結果

 

7月9日(月)

 

■1回戦
 

弘前中央 7-2 連合① 
 
※連合①は鶴田、鰺ヶ沢、金木、木造深浦、浪岡

 
 

7月10日(火)

 

■1回戦

 
八戸工 8-0 松風塾
(7回コールド)

青森北 15-5三戸・田子
(5回コールド)

東奥学園 8-4 百石

青森山田 10-0 五戸
(5回コールド)

野辺地西 7-0 青森工
(7回コールド)

七戸 5-2 青森東 

明の星 8-3 八戸水産

八戸西 12-1 青森南

弘前実 4-0 五農林

大湊 7-6 聖ウルスラ

青森商 18-2 八戸商
(5回コールド)

三沢 7-6 十和田工 

 
 

7月11日(水)

 

■1回戦

 
五所川原 5-4 むつ工 

青森中央 4-3 八戸

大間 14-4 名久井農
(5回コールド)

弘前南 4-0 板柳

五所工 7-6 黒石商 

八戸高専 7-3 木造

弘前 8-2 五所商 

八工大一 11-0 三沢商
(8回コールド)

聖愛 9-1 三本木農 
(7回コールド)

八工大二 13-1 青森西 
(6回コールド)

東奥義塾 9-3 柏木農

 
 

7月12日(木)

 

■1回戦

田名部 7-6 八戸東 

上北連合 4-3 黒石

八戸北 38-0 大湊川内
(5回コールド)
■2回戦

 
八学光星 8-1 八戸工
(7回コールド)

東奥学園 3-1 青森北

青森山田 3-0 野辺地西

青森 9-1 七戸

弘前工 8-2 弘前中央

三本木 5-3 弘前実

青森商 10-3 大湊

弘前東 13-1 三沢
(5回コールド)
 
 

※連合①は鶴田、鰺ヶ沢、金木、木造深浦、浪岡

※上北連合は六ケ所、野辺地、六戸
 

 

 

7月14日(土)

 

■2回戦

 
五所川原 5-3 青森中央

大間 7-0 八戸北
(7回コールド)

弘前南 6-5 田名部

八戸高専 2-1 五所工

明の星 4-2 八戸西

八工大一 7-1 弘前

聖愛 14-3 上北連合
(5回コールド)

東奥義塾 10-2 八工大二
(7回コールド)
 
 
※上北連合は六ケ所、野辺地、六戸
 
 

7月15日(日)

 

■3回戦

 
弘前工 2-1 青森明の星

八戸工大一 4-0 三本木

青森 14-0 八戸高専
(5回コールド)

青森山田 15-0 弘前南
(5回コールド)

八戸学院光星 7-0 五所川原
(7回コールド)

大間 2-1 東奥学園

弘前東 11-7 東奥義塾

聖愛 10-0 青森商
(5回コールド)
 
 

 

7月17日(火)

 
※中止
 
 

7月18日(水)

 
■準々決勝
 
聖愛 11-5 弘前東

八戸学院光星 10-0 大間
(6回コールド)
 

 

7月19日(木)

 

■準々決勝
 
弘前工 4-3 八戸工大一

青森山田 12-1 青森
(6回コールド)
 
 

7月20日(金)

 
■準決勝
 
八戸学院光星 15-7 青森山田
(7回コールド)

聖愛 2-1 弘前工
 
 

7月22日(日)

 

■決勝

 
八戸学院光星 6-4 聖愛
 



スポンサーリンク

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の青森県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

 

まずは昨秋行われた秋季青森県大会と今年の春季青森県大会を振り返りたいと思います。

 

【秋季青森県大会の結果】

 

■決勝

青森山田 3-1 弘前東

■3位決定戦

八学光星 4-1 八戸高専

■準決勝

青森山田 10-0 八戸高専
(5回コールド)

弘前東 3-2 八学光星

■準々決勝

八戸高専 7-0 三沢商
(7回コールド)

八学光星 7-6 青森

青森山田 1-0 五所工

弘前東 3-0 聖愛

 

【秋季東北地区大会の結果】

 

■決勝

聖光学院 6-4 花巻東

■準決勝

聖光学院 16-2 能代松陽

花巻東 6-4日大山形

■準々決勝

能代松陽7-0黒沢尻工
(8回コールド)

花巻東4-2由利工

日大山形 7-0 酒田南
(7回コールド)

聖光学院15-0 利府
(5回コールド)

■2回戦

由利工(秋田)5-4弘前東(青森)

能代松陽(秋田)2-1八学光星(青森)

花巻東(岩手) 5-2 角館(秋田)

黒沢尻工(岩手)4-2東海大山形

日大山形 1-0 仙台育英(宮城)

酒田南(山形)8-6光南(福島)

利府(宮城)7-6青森山田

聖光学院(福島)7-0仙台南(宮城)
(7回コールド)

■1回戦

八学光星(青森) 9-2 一関学院(岩手)

日大山形 7-2 学法石川

 

【春季青森県大会の結果】

 

■決勝

八学光星 8-2 弘前東

■3位決定戦

弘前工 6-2 青森

■準決勝

弘前東 10-0 青森
(6回コールド)

八学光星 7-1 弘前工

■準々決勝

八学光星 8-1 青森山田
(7回コールド)

青森 11-8 百石

弘前工 7-6 大湊

弘前東 9-0 三本木
(7回コールド)

 

【春季東北地区大会の結果】

■決勝

聖光学院 2-1 東北

■準決勝

聖光学院 11-4 弘前東
(8回コールド)

東北 9-6 八学光星

■準々決勝

聖光学院 4-1 羽黒

八学光星 16-1 福島商
(5回コールド)

弘前東 14-4 山形城北
(5回コールド)

東北 3-0 金足農

■2回戦

聖光学院(福島1位) 6-4 弘前工

羽黒(山形1位) 2-1 由利工(秋田2位)

八学光星(青森1位) 7-4 盛岡中央(岩手3位)

福島商(福島2位) 8-4 山形中央(山形2位)

金足農(秋田1位) 4-1 専大北上(岩手2位)

東北(宮城1位) 8-6 明桜

弘前東(青森2位) 8-1 古川学園(宮城2位)
(7回コールド)

山形城北(山形3位) 5-3 花巻東(岩手1位)

■1回戦

弘前工(青森3位) 6-5 利府(宮城3位)

明桜(秋田3位) 8-1 磐城(福島3位)
(7回コールド)

 



スポンサーリンク

2018年夏の青森県大会の優勝候補の筆頭にあがるのは、春の県大会を制し、東北大会4強の八戸学院光星

チームの中心となるのが2年生からエースナンバーを背負う福山優希投手(3年)です。
福山投手は、最速145キロのストレートとフォークやカットボールなど操り春の県大会決勝では強打の弘前東から15奪三振の活躍。

打線は、三番 長南佳洋主将(3年)や四番 東健太郎選手(3年)らパンチ力のある打者を中心にどこからでも得点できます。

 

対抗は昨夏の覇者 青森山田

秋の県大会を制した青森山田ですが、春は準々決勝で八戸学院光星に1-8の7回コールド負けしているのが気になるところ。

青森山田は、旧チームから中軸に座る赤平竜太選手(3年)、昨夏の甲子園で3本塁打の中沢樹希也選手(3年)、二番 白鳥航大選手(3年)と小柄ながらパンチ力のある長尾凌弥選手(3年)を中心に打線は強力。

投手陣は、181cmの長身から130キロ台中盤の直球を繰り出す堀田賢慎投手(2年)や、カーブを使った投球が光る平沼海斗投手(2年)の2本柱。
夏連覇を狙う青森山田は投手陣の成長が優勝を狙えるカギとなりそうです。

 

青森は、八戸学院光星と青森山田の2強が有力ですが、近年めきめきと力をつけ八戸学院光星とともに春の東北大会4強の弘前東も侮れません。

弘前東は、高校通算46本塁打を誇る四番 桜庭佑希也選手(3年)を中心に、三番長浜輝選手(3年)、五番 細川一麻選手(3年)と下級生時から試合を経験している中軸打者に力があります。

 

投手陣は、制球力が自慢のエース左腕 沢田吉伸投手(2年)と、左サイドハンドの竹内悠人投手(3年)に期待がかかります。

 

夏の青森県大会は、春の東北大会4強の八戸学院光星弘前東、夏連覇を狙う青森山田が優勝候補にあげられます。

 

 



スポンサーリンク

 - Sports