【高校野球】2018夏甲子園!沖縄県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/23

 

2018年の夏の甲子園大会第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場します。

 

今年の沖縄県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 沖縄尚学(2回戦敗退)
2014年 沖縄尚学(ベスト8)
2015年 興南  (ベスト8)
2016年 嘉手納 (3回戦敗退)
2017年 興南  (1回戦敗退)

 

気になる2018年の沖縄県代表。

ここからは夏の沖縄県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。



スポンサーリンク


 
 

夏の沖縄県大会 日程・抽選日

 
【抽選日】2018年6月12日(火)

【高校野球】2018 夏の沖縄県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年6月23日(土)

 

 

結果

 

6月23日(土)

 

■1回戦
球陽 4-3 沖高専

■2回戦

宮古 19-0 南部農林
(5回コールド)

八重山 5-4 美里工
 
前原 2-0 宮古工

南部工 5-4 八重山商工  

八重山農林 11-1 本部
 

6月24日(日)

 
■2回戦
 
宮古総実 3-2 久米島

具志川商 5-2 北中城

未来工科 8-1 那覇工

普天間 5-1 西原

真和志 7-4 宜野座

未来沖縄 7-0 沖縄工

那覇商 2-0 小禄

糸満 9-1 美里

沖縄尚学 8-4 沖縄水産
 
 

6月30日(土)

 
■2回戦
 
具志川 7-6 北谷

豊見城 6-3 向陽

石川 6-5 日本ウェルネス

読谷 7-0 浦添工
(8回コールド)

北山 5-0 那覇西 

興南 4-0 豊見城南

宜野湾 7-1 南風原 
 
 

7月1日(日)

 
※台風接近のため順延
 
 

7月2日(月)

 
※台風接近のため順延
 
 

7月3日(火)

 
■2回戦
 
那覇国際 8-1名護商工
(7回コールド)

与勝 11-4 沖縄カトリック
(8回コールド)

首里 5-4 浦添 
 
 
※雨天のためノーゲーム
 
北部農林 VS 開邦
 
 
※下記の試合は天候不良のため順延
 
首里東  VS 浦添商

昭和薬附 VS 中部農林

嘉手納 VS 知念

南部商 VS 球陽
 
 

7月4日(水)

 
■2回戦
 
※天候不良のため順延
 

7月5日(木)

 
■2回戦
 
嘉手納 8-6 知念

陽明 16-0 辺士名
(5回コールド)

開邦 5-3 北部農林 

 
 
※下記の試合は天候不良のため順延
 
中部商 VS コザ

名護 VS 那覇

首里東  VS 浦添商

昭和薬附 VS 中部農林

南部商 VS 球陽
 
 

7月6日(金)

 
中部商 1-0 コザ

那覇 12-0 名護 
(5回コールド)

中部農林 5-4 昭和薬附
 
首里東  1-0 浦添商

球陽 3-1 南部商

 
 

7月7日(土)

 
未来沖縄 2-1 具志川商

美来工科 6-2 宮古

真和志 1-0 普天間 

糸満 7-5 那覇商 

沖縄尚学 12-3 石川
(8回コールド)

読谷 4-3 具志川

豊見城 1-0 前原

北山 8-1南部工
(7回コールド)
 
 

7月8日(日)

 
■3回戦
 
首里東 2-1 宜野湾

陽明 5-2 開邦

宮古総合実 4-3 中部農林

中部商 4-2 与勝

嘉手納 14-0 球陽
(5回コールド)

八重山農林 6-5 首里

那覇 10-0 那覇国際
(6回コールド)

興南 3-1 八重山
 

 

7月14日(土)

 
美来工科 7-6 未来沖縄

北山 4-3 豊見城

糸満 9-5 真和志

沖縄尚学 10-1 読谷
(8回コールド)
 

 

7月15日(日)

 
■4回戦
 
中部商 7-2 八重山農林

嘉手納 10-0 宮古総合実
(6回コールド)

興南 7-0 首里東
(7回コールド)

那覇 4-0 陽明
 

 

7月16日(月)

 

■準々決勝
 
糸満 6-3 美来工科

北山 6-5 沖縄尚学

興南 4-3 那覇

嘉手納 9-6 中部商
 
 

7月22日(日)

 

■準決勝

 
糸満 6-2 北山

興南 7-2 嘉手納
 

7月23日(月)

 

■決勝

 
興南 5-0 糸満
 

 



スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の沖縄県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季沖縄県大会と今年の春季沖縄県大会を振り返りたいと思います。

 


 

【秋季沖縄県大会の結果】

■決勝

沖縄尚学 4-1 興南

■準決勝

石川 0-9 沖縄尚学(7回コールド)

興南 2-0 沖縄水産

■準々決勝

石川 9-2 具志川商(8回コールド)

沖縄尚学 4-3 糸満(延長11回)

中部商 4-6 興南

沖縄工 3-4 沖縄水産
 

 
 

【秋季九州地区大会の結果】

■決勝

創成館(長崎1位)7-4富島(宮崎2位)

■準決勝

創成館(長崎1位)2-0延岡学園(宮崎1位)

富島(宮崎2位)6-5東筑(福岡1位)

■準々決勝

創成館(長崎1位)8-3沖縄尚学(沖縄1位)

延岡学園(宮崎1位)10-6明豊(大分1位)

長崎商(長崎2位)2-9富島(宮崎2位)
(7回コールド)

神村学園(鹿児島1位)0-2東筑(福岡1位)

■2回戦

明豊(大分1位)10-1鹿児島実(鹿児島2位)

富島(宮崎2位)4-1文徳(熊本1位)

佐賀学園(佐賀1位)0-5長崎商(長崎2位)

創成館(長崎1位)8-1都城東(宮崎4位)
(7回コールド)

東筑(福岡1位)4-1興南(沖縄2位)

筑陽学園(福岡2位)2-5延岡学園(宮崎1位)

伊万里(佐賀2位)0-8沖縄尚学(沖縄1位)

鶴崎工(大分2位)0-12神村学園(鹿児島1位)
(5回コールド)

■1回戦

都城東(宮崎4位)3-2九州学院(熊本2位)

興南(沖縄2位)2-1宮崎日大(宮崎3位)

 

 


 

【春季沖縄県大会の結果】

■決勝

未来沖縄 1-0 興南

■準決勝

沖縄尚学 1-2 未来沖縄

興南 13-0 コザ(7回コールド)

■準々決勝

沖縄尚学 8-1 沖縄工(7回コールド)

沖縄水産 3-9 未来沖縄

興南 4-3 前原

コザ 4-3 美来工科
 

 
 
 
続いて春季九州地区大会を振りかえってみます。
 


 

【春季九州地区大会の結果】

 
■ 決勝

 
九国大付 13-0 明豊
 
 
■ 準決勝

 
九国大付 2-1 未来沖縄

明豊 9-7 東筑
 
 

■ 準々決勝

未来沖縄 9-1 八幡

九国大付 5-1 創成館

明豊 5-4 伊万里

東筑 6-3 樟南
 
 

■1回戦

未来沖縄 4-2 れいめい(鹿児島)

八幡(福岡) 3-2 富島(宮崎)

創成館(長崎) 5-4 文徳(熊本)

九州国際大付(福岡) 2-1 東明館(佐賀)

伊万里(佐賀) 10-3 東筑紫学園(福岡)

明豊(大分) 4-3 聖心ウルスラ(宮崎)

東筑(福岡) 6-0 長崎総大付(長崎)

樟南(鹿児島) 6-3 延岡学園(宮崎)
 

 
 

秋季沖縄県大会では見事に沖縄尚学が優勝しました。
沖縄尚学はエースでクリーンアップを務める知念大成選手を中心とする好チームです。

準優勝に終わった興南も1年生ながら昨夏の甲子園大会のマウンドを経験した宮城大弥投手のいる好チームです。

秋季沖縄県大会では沖縄尚学と興南の強さが目立ちました。
当然、春季沖縄県大会でも沖縄尚学と興南の2強という見方が強かったですが、春季沖縄県大会の準決勝で沖縄尚学を相手に2-1、決勝では興南を相手に1-0と接戦ながら頂点に立ったのが未来沖縄。

未来沖縄の中心選手は本職は遊撃手ながら春季大会ではエースの役割を果たした宜保翔選手。
打っても4番打者として活躍しました。まさに二刀流の選手です。

春季沖縄県大会を制した未来沖縄は沖縄県代表として春季九州地区大会に出場。
春季九州地区大会でも準決勝で優勝した九州国際大付(福岡)を相手に1-2で敗れたものの互角の戦いを演じました。

ということで今年の夏の沖縄県大会の優勝候補としては、沖縄尚学、興南、未来沖縄が有力ではないかと思います。

ただ、トーナメント戦なので何が起こるかわかりません。
沖縄尚学、興南、未来沖縄が順当に勝ち進むのか波乱はあるのか見どころの多い大会になりそうです。
 

 
 


スポンサーリンク

 

 

 

 - Sports