【高校野球】2017年春季東海地区大会 日程・各県大会結果・注目選手

      2017/05/10

 

2017年5月26日(金)から
三重で開催される
春季高校野球東海地区大会。

 

春季大会は、
夏の高校野球県大会の前哨戦としても
知られています。

 

ここからは、
東海地区大会の日程や
各県出場校の注目選手や
展望などをまとめました。
 
スポンサードリンク





 

大会期間

 

2017年5月26日(金)~5月28日(日)

 

開催球場

 

【開催地】

三重県

 

【球場】

四日市市営霞ヶ浦球場 ほか
 
スポンサードリンク





 

静岡県

 

東海大工時代の1992年以来、
25年ぶりの優勝を決めた東海大静岡翔洋と、
今春センバツに出場した静岡が
5月26日から三重県で開催される春季東海大会に出場。

元巨人 原俊介監督が
就任2年目を迎える東海大静岡翔洋。

注目は、
テンポの良い投球が持ち味のエース左腕
飯沢万里投手。

県大会決勝では、
一回満塁、
三回には適時二塁打とスクイズで
3点を先制されるなど
苦しい立ち上がりでしたが、
四回以降は、
130キロ台の直球とキレのあるスライダーを投げ分け
強打の静岡を寄せ付けないピッチングを見せました。

センバツに出場した静岡の注目選手は、
不動のエース左腕
池谷蒼大投手。

最速144キロの直球とカットボールを武器に
昨秋の東海大会では初戦から3試合連続で完投するなど
スタミナにも自信をもっている投手です。

 

 

静岡県大会の結果

 
■準々決勝

静岡 9-2 清水桜が丘

磐田東 8-2 掛川西

東海大静岡翔洋 7-0 掛川東

藤枝明誠 7-0 島田商

■準決勝

静岡 4-3 藤枝明誠

東海大静岡翔洋 3-1 磐田東

■3位決定戦

藤枝明誠 6-1 磐田東

■決勝

東海大静岡翔洋 4-3 静岡

 

 

愛知県

 
愛知は、
優勝した至学館と準優勝の東邦が春季東海大会に出場。

今春センバツにも出場した至学館の注目選手は、
主に先発を務める川口龍一投手と
リリーフでマウンドに上がるエースの新美涼介投手。

変則的な横手投げから繰り出される
球威のある球が持ち味の川口投手は、
ゲームメークに長け、
得意とする左打者だけでなく
右打者の内角を突くなど強気の投球が魅力。

一方、
ストレートの最速137キロの
新美投手は、
カットボールやスライダーが武器。

さて、
今春のセンバツ
呉(広島)との初戦では、
機動力を絡めて5点を挙げた至学館。

先発の新美投手を3度、
救援の川口投手を2度マウンドに上げるなど
必死の継投で逃げ切りを狙いましたが、
2点リードの9回、
新美投手が適時二塁打を浴びて1点差に詰められると
代わった川口投手が直後に同点打を許し…
延長戦へともつれこみました。

そして、
延長12回、
新美投手が自らの失策も絡んで2点を失い
結局、
5-6で呉に敗れ初戦敗退。

川口投手は「持ち味は打たせて取ることなのに
三振を狙いにいって力んだ」と悔やみ、
新美投手は、
「自分が抑えられなかったのが敗因」とうなだれていました。

しかし、
目標の夏に向け県大会では奮起、
見事初優勝を果たした至学館、
東海大会ではどのような試合を見せてくれるのか楽しみです。

 

愛知県大会の結果

 

■準々決勝

栄徳 9-0 桜丘

至学館 5-3 豊橋中央

中京大中京 5-1 愛産大三河

東邦 7-0 愛知

■準決勝

至学館 8-1 栄徳

東邦 11-3 中京大中京

■決勝

至学館 9-3 東邦

 

 

岐阜県 出場校

 

岐阜は、
6年ぶり2回目の優勝を果たした大垣日大と
準優勝の中京が
春季東海地区大会に出場。

注目選手は、
昨夏も好投した大垣日大の左腕
石川隼也投手。

伸びのあるストレートが魅力。

 

大垣日大の打線は、
四番 宮坂元規選手や
都筑雄紀選手ら
鋭い打球を連発する左打者に注目。

 

岐阜県大会の結果

 

■準々決勝

大垣日大  6-3 多治見

中京    7-2 県岐阜商

岐阜各務野 9-2 岐阜工

土岐商   3-2 美濃加茂

 

■準決勝

大垣日大 4-3 岐阜各務野

中京   3-1 土岐商

 

■決勝

大垣日和 12-2 中京

 

■3位決定戦

岐阜各務野 8-6 土岐商

 

 

三重県 出場校

 

5月26日から三重県内で開催される
東海大会、
三重からは
決勝に進んだ近大高専(5年ぶり2回目)と
津田学園(2年連続3回目)の2校が出場。

近大高専は、中西元亜ら複数の投手陣や
本塁打が出る打線が特徴的で決め手があり、

津田学園は、
昨年からマウンドを経験している水谷翼投手のほか、
下級生にも好素材が多い。

 

 

三重県大会の結果

 

■準々決勝

菰野  13-4 松阪

津商  13-5 鈴鹿

近大高専 8-3 高田

伊勢工  1-2 津田学園

 

■準決勝

菰野   5-9 近大高専

津田学園 3-2 津商

 

■決勝

近大高専 4-3 津田学園

 

■3位決定戦

津商 5-4 菰野

 

関連記事


春季高校野球地区大会 2017 日程・各県大会結果と注目選手

 

 
スポンサードリンク





 

 

 - Sports