【高校野球】2017 夏の北海道大会(予選) 日程・抽選日・優勝候補

      2018/03/07

 

春季大会が終わり、
2017年・夏の甲子園大会へ向け、
各地で都道府県大会(予選)が
行われます。

今回は、
夏の北海道大会の日程・抽選日・優勝候補・
展望についてまとめてみました。
 




スポンサーリンク


 

夏の北北海道大会 日程・抽選日

 

【抽選日】 2017年7月7日

【開幕】  2017年7月15日

【決勝】  2017年7月21日
 
 

夏の南北海道大会 日程・抽選日

 

【抽選日】 2017年7月7日

【開幕】  2017年7月17日

【決勝】  2017年7月23日

 
 

優勝候補・展望

 

今年はどの高校が夏の甲子園大会切符を
掴むのでしょうか。

 

ここからは今年の北海道の注目校に
迫りたいと思います。

 

まずは、
昨年行われた秋季大会から振り返って
みたいと思います。

 


■決勝

札幌第一 8-2 札幌日大

■準決勝

遠軽 2-18 札幌第一
(5回コールド)

稚内大谷 0-6 札幌日大

■準々決勝

稚内大谷 7-3 鵡川

富良野 2-8 遠軽

苫小牧中央 3-10 札幌第一
(7回コールド)

滝川西 6-7 札幌日大

 

秋季北海道大会を制したのは
南北海道地区の札幌第一でした。

 

秋季大会の成績から
札幌第一は選抜高校野球大会への出場が
決まりました。

選抜での札幌第一の結果は
1回戦で健大高崎(群馬)と対戦し、
1-11で敗れました。
 





スポンサーリンク

 

続いて、
春季北海道大会の結果

■決勝

函大有斗 4-6 駒大苫小牧

■準決勝

稚内大谷 2-4 函館大有斗

駒大苫小牧 9-8 帯広大谷
(延長13回)

■準々決勝

武修館 1-8 帯広大谷
(8回コールド)

北照 2-4 函館大有斗

札幌第一 4-14 駒大苫小牧
(7回コールド)

札幌日大 2-4 稚内大谷

 

春季北海道大会を制したのは
南北海道地区の駒大苫小牧でした。
 




スポンサーリンク

 

秋季、春季大会を振り返ったところで、
ここからは、
夏の北海道大会の優勝候補、展望について
まとめていきたいと思います。

 

まずは、
北北海道からですが、
評価が高いのは、
滝川西、クラーク記念国際、白樺学園、
帯広大谷、稚内大谷になります。

ただ、
北北海道は飛び抜けたチームが無く、
混戦になりそうです。

 

春季北海道ではベスト4に入った
稚内大谷、帯広大谷が優勝候補に
挙がると思いますが、
滝川西、クラーク記念国際、白樺学園も
戦力的には優勝争いが出来そうです。

北海道は地区予選を行うので、
まずそこで、
勝ち進まなければいけません。

 

滝川西(空知地区)

クラーク記念国際(空知地区)

白樺学園(十勝地区)

帯広大谷(十勝地区)

稚内大谷(名寄支部)

昨夏の決勝は滝川西VSクラーク記念国際の
空知地区同士の対戦になりました。

 

今年はどんな展開になるでしょうか。

 

 

続いて、
南北海道ですが、
評価の高いチームは
札幌第一、札幌日大、北海、駒大苫小牧
あたりになります。

秋季北海道大会は札幌第一が制しましたが、
春季北海道大会での札幌第一は
準々決勝で駒大苫小牧にコールド負け。
ただ、
札幌第一は故障者が多く、
ベストメンバーで挑めなかったという
チーム事情がありました。

駒大苫小牧は冬を越え、
チーム力が
アップしたことは間違いないので
夏の大会が楽しみです。

南北海道も混戦になりそうです。

札幌第一(札幌地区)

札幌日大(札幌地区)

北海(札幌地区)

駒大苫小牧(室蘭地区)

札幌地区は激戦区。
組み合わせも重要になりそうで、
南北海道も
目が離せない展開になりそうです。

 

 

 - Sports