【高校野球】2017 夏の岐阜県大会(予選) 日程・抽選日・優勝候補

      2018/03/07

 

春季大会が終わり、
2017年・夏の甲子園大会へ向け、
各地で都道府県大会(予選)が
行われます。

今回は、
夏の岐阜県大会の日程・抽選日・優勝候補・
展望についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

夏の岐阜県大会 日程・抽選日

 

【抽選日】 2017年6月24日

【開幕】  2017年7月8日

【決勝】  2017年7月27日

ちなみに昨夏の参加校数は68でした。
 

 

優勝候補・展望

 

過去5年の岐阜県・夏の代表校は

2016 中京(2回戦敗退)
2015 岐阜城北(1回戦敗退)
2014 大垣日大(2回戦敗退)
2013 大垣日大(1回戦敗退)
2012 県岐阜商(2回戦敗退)

今年はどの高校が夏の甲子園大会切符を
掴むのでしょうか。

 

ここからは今年の岐阜県の注目校に
迫りたいと思います。

 

まずは、
昨年行われた秋季大会を振り返って
みたいと思います。

秋季岐阜県大会の結果

■決勝

多治見 10-1 麗澤瑞浪

■3位決定戦

益田清風 0-6 美濃加茂

■準決勝

多治見 6-5 益田清風

美濃加茂 2-3 麗澤瑞浪
(延長12回)

■準々決勝

多治見 4-2 郡上

益田清風 3-2 中京

美濃加茂 5-2 岐阜城北

大垣商 0-2 麗澤瑞浪

 

秋季岐阜県大会を制した多治見が第1代表、
準優勝の麗澤瑞浪が第2代表、
美濃加茂が第3代表として
秋季東海地区大会へ駒を進めました。

 

秋季東海地区大会の結果

■決勝

静岡(静岡) 5-1 至学館(愛知)

■準決勝

静岡(静岡) 9-2 三重(三重)
(8回コールド)

中京大中京(愛知) 3-4 至学館(愛知)

■準々決勝

海星(三重) 1-8 静岡(静岡)
(8回コールド)

聖隷クリストファー(静岡) 3-5 三重(三重)

中京大中京(愛知) 4-1 藤枝明誠(静岡)

多治見(岐阜) 1-2 至学館(愛知)

■1回戦

藤枝明誠(静岡) 5-1 美濃加茂(岐阜)

麗澤瑞浪(岐阜) 0-1 三重(三重)

桜丘(愛知) 1-4 静岡(静岡)

菰野(三重) 0-9 至学館(愛知)
(7回コールド)

 

岐阜県勢は多治見、美濃加茂、麗澤瑞浪ともに
初戦で敗れましたが
多治見は
選抜高校野球大会の選考会で
21世紀枠での出場が決まりました。

しかし、
選抜での多治見は初戦で報徳学園(兵庫)に
敗れてしまいました。

地元選手を中心に県内の選手で構成された
チームで挑んだ多治見でしたが、
少し力不足な部分がありましたね。

しかし、
練習場確保に苦しみながらも
早朝練習などで不利を補ってきた
多治見の選手たちの戦いぶりを見て
エールを送った方は多いと思います。

 

スポンサードリンク




 
続いて、
春季岐阜県大会の結果

■決勝

大垣日大 12-2 中京

■3位決定戦

岐阜各務野 8-6 土岐商

■準決勝

大垣日大 4-3 岐阜各務野
(延長10回)

中京 3-1 土岐商

■準々決勝

大垣日大 6-3 多治見

岐阜工 2-9 岐阜各務野
(7回コールド)

土岐商 3-2 美濃加茂
(延長10回)

県岐阜商 2-7 中京

 

春季岐阜県大会を制したのは大垣日大でした。

 

秋季、春季大会を振り返ったところで、
ここからは、
夏の岐阜県大会の優勝候補、展望について
まとめていきたいと思います。

今年の岐阜県で評価の高いチームは
大垣日大と中京になります。

春季岐阜県大会では
決勝で対戦しました。

冬を越え、
大垣日大と中京が
チーム力を上げてきました。

夏の岐阜県大会でも
大垣日大と中京が優勝候補となると
思います。
 

スポンサードリンク




 

ここからは、
大垣日大と中京の戦力について
まとめていきたいと思います。

大垣日大の戦力ですが、
投手陣は左腕・石川隼也投手が中心に
なります。

打撃陣は宮坂元規選手、都筑雄紀選手など
好打者が揃います。
投打ともに戦力は充実しています。

 

中京の戦力ですが、
中京は昨年の夏の代表校で、
甲子園でも好投した古田星投投手が
3年生になり、
頼もしい存在になっています。

打撃陣は
昨年の甲子園メンバーに比べると
少し弱いかという印象ですが、
それでも西川颯真選手、小鶴純貴選手など
好打者がいます。

最後に
今年の夏の県大会は
優勝候補の大垣日大と中京が
順当に勝ち進むか
波乱は起こるのか
目が離せない展開になりそうです。
 

 

 - Sports