【高校野球】2017 夏の千葉県大会(予選) 日程・抽選日・優勝候補

      2018/03/07

 

春季大会が終わり、
2017年・夏の甲子園大会へ向け、
各地で都道府県大会(予選)が
行われます。

今回は、
夏の千葉県大会の日程・抽選日・優勝候補・
展望についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

夏の千葉県大会 日程・抽選日

 
【抽選日】 2017年6月21日

【開幕】  2017年7月11日

【決勝】  2017年7月25日

ちなみに昨夏の参加校数は170でした。

 
 

優勝候補・展望

 
過去5年の千葉県・夏の代表校は

2016 木更津総合(ベスト8)
2015 専大松戸(1回戦敗退)
2014 東海大望洋(2回戦敗退)
2013 木更津総合(3回戦敗退)
2012 木更津総合(2回戦敗退)

今年はどの高校が夏の甲子園大会切符を
掴むのでしょうか。

 

ここからは今年の千葉県の注目校に
迫りたいと思います。

 

まずは、
昨年行われた秋季大から振り返って
みたいと思います。

 

秋季千葉県大会の結果

■決勝

東海大市原望洋 4-1 中央学院

■準決勝

専大松戸 1-9 東海大市原望洋
(7回コールド)

中央学院 9-5 柏南

■準々決勝

柏南 9-6 千葉敬愛

検見川 0-1 中央学院

習志野 1-2 専大松戸

千葉英和 1-8 東海大市原望洋
(7回コールド)

 

秋季千葉県大会を制した
東海大市原望洋が第1代表、
準優勝の中央学院が第2代表として
秋季関東地区大会へ駒を進めました。

 

秋季関東地区大会の結果

■決勝

東海大市原望洋(千葉) 1-5 作新学院(栃木)

■準決勝

東海大市原望洋(千葉) 5-3 前橋育英(群馬)

健大高崎(群馬) 1-5 作新学院(栃木)

■準々決勝

東海大市原望洋(千葉) 5-2 山梨学院(山梨)

横浜(神奈川) 2-5 健大高崎(群馬)

前橋育英(群馬) 4-3 慶應義塾(神奈川)

作新学院(栃木) 9-1 中央学院(千葉)
(7回コールド)

■1回戦

前橋育英(群馬) 6-5 白鴎大足利(栃木)

浦和学院(埼玉) 2-7 横浜(神奈川)

慶應義塾(神奈川) 9-1 花咲徳栄(埼玉)
(7回コールド)

明秀日立(茨城) 1-8 健大高崎(群馬)
(7回コールド)

東海大市原望洋(千葉) 5-2 石橋(栃木)

市川(山梨) 0-2 中央学院(千葉)

山梨学院(山梨) 2-1 霞ケ浦(茨城)

 

千葉県勢は中央学院がベスト8に入り、
東海大市原望洋は準優勝に輝きました。

その後、
秋季関東地区大会の成績から
東海大市原望洋は選抜高校野球大会への出場が
決まりました。

東海大市原望洋の選抜での成績は
1回戦で滋賀学園(滋賀)と対戦し、
2-6で敗れました。

 
スポンサードリンク




 

続いて
春季千葉県大会の結果

■決勝

千葉敬愛 2-12 専大松戸

■準決勝

木更津総合 0-1 千葉敬愛

検見川 1-7 専大松戸

■準々決勝

千葉明徳 2-3 検見川
(延長10回)

専大松戸 3-2 成田

市原中央 0-10 木更津総合
(5回コールド)

千葉敬愛 8-5 習志野

 

春季千葉県大会を制したのは専大松戸でした。
 

スポンサードリンク




 

秋季、春季大会を振り返ったところで、
ここからは、
夏の千葉県大会の優勝候補、展望について
まとめていきたいと思います。
今年の夏の千葉県大会は
混戦模様になりそうです。

あえて、
優勝候補を挙げるとしたら
東海大市原望洋、専大松戸、
木更津総合あたりでしょうか。

ここでは、
東海大市原望洋、専大松戸、
木更津総合の戦力についてまとめてみました。

東海大市原望洋の戦力ですが、
やはりエースで4番の金久保優斗投手の
存在が大きいです。
選抜では1回戦で敗れましたが、
最速147キロのストレートに
空振りを取れるスライダーが持ち味です。
春季千葉県大会では3回戦で敗れましたが、
夏までには、
しっかりチームを仕上げてくると思います。

専大松戸の戦力ですが、
今年の専大松戸は投手陣は豊富です。
右腕・川上鳳之投手、古川信之介投手、
左腕・浜名竜之介投手など枚数が
揃っています。

春季千葉県大会を制し、
勢いもあると思うので、
夏の大会でも注目です。

 

木更津総合の戦力ですが、
投手陣は山下輝投手が中心になります。

山下輝投手は昨年の春夏の甲子園を
経験。
その時は1塁手として起用でした。

そして、
打撃陣は大型遊撃手の峯村貴希選手に
注目が集まります。
攻守の要としてチームを引っ張ります。

最後に
今年の夏の千葉県大会は
混戦模様で、
強豪校がしのぎを削る展開になりそうです。
どのチームが頂点に立つのでしょうか
目が離せません。
 

 

 - Sports