【高校野球】2017 夏の秋田県大会(予選) 日程・抽選日・優勝候補

      2018/03/07

 

春季大会が終わり、
2017年・夏の甲子園大会へ向け、
各地で都道府県大会(予選)が
行われます。

今回は、
夏の秋田県大会の日程・抽選日・優勝候補・
展望についてまとめてみました。
 

スポンサードリンク




 

夏の秋田県大会 日程・抽選日

【抽選日】 2017年6月23日

【開幕】  2017年7月11日

【決勝】  2017年7月23日

ちなみに昨夏の参加校数は47でした。
 
 

優勝候補・展望

過去5年の秋田県・夏の代表校は

2016 大曲工(1回戦敗退)
2015 秋田商(ベスト8)
2014 角館(2回戦敗退)
2013 秋田商(2回戦敗退)
2012 秋田商(3回戦敗退)

今年はどの高校が夏の甲子園大会切符を
掴むのでしょうか。

 

ここからは今年の秋田県の注目校に
迫りたいと思います。

 

まず
昨年行われた秋季大会から振り返って
みたいと思います。

 

秋季秋田県大会の結果

■決勝

大曲工 1-4 横手

■3位決定戦

角館 5-4 秋田商

■準決勝

大曲工 8-4 秋田商

角館 3-7 横手

■準々決勝

能代松陽 2-4 角館

秋田修英 2-5 大曲工

大館鳳鳴 4-5 横手

秋田商 11-3 能代

 

秋季秋田県大会を制した横手が第1代表、
準優勝の大曲工が第2代表、
角館が第3代表として
秋季東北地区大会へ駒を進めました。

 

秋季東北地区大会の結果

■決勝

仙台育英(宮城) 6-2 盛岡大付(岩手)

■準決勝

聖光学院(福島) 1-3 仙台育英(宮城)

酒田南(山形) 4-5 盛岡大付(岩手)

■準々決勝

聖光学院(福島) 6-4 大曲工(秋田)

仙台育英(宮城) 6-0 八戸学院光星(青森)

酒田南(山形) 6-4 横手(秋田)

日大東北(福島) 5-7 盛岡大付(岩手)

■2回戦

仙台育英(宮城) 7-1 角館(秋田)

八戸学院光星(青森) 2-0 不来方(岩手)

青森山田(青森) 1-5 酒田南(山形)

弘前東(青森) 2-4 横手(秋田)

日大東北(福島) 9-1 東陵(宮城)
(7回コールド)

盛岡大付(岩手) 7-1 鶴岡東(山形)

聖光学院(福島) 5-4 利府(宮城)
(延長12回)

大曲工(秋田) 4-1 日大山形(山形)

■1回戦

花巻東(岩手) 1-5 角館(秋田)

鶴岡東(山形) 4-2 学法石川(福島)

 

秋田県勢は角館が2回戦で敗れましたが、
横手と大曲工はベスト8に入りました。
 

スポンサードリンク





 
続いて、
春季秋田県大会の結果

■決勝

明桜 4-3 能代松陽

■3位決定戦

秋田修英 3-10 角館
(8回コールド)

■準決勝

明桜 7-1 秋田修英

能代松陽 7-0 角館
(7回コールド)

■準々決勝

明桜 7-0 横手
(7回コールド)

能代松陽 8-1 秋田中央
(7回コールド)

秋田商1-4 角館

秋田修英 9-2 能代
(8回コールド)

 

春季秋田県大会を制したのは明桜でした。

 

秋季、春季大会を振り返ったところで、
ここからは、
夏の秋田県大会の優勝候補、展望について
まとめたいと思いますが…

今年の秋田県は飛び抜けたチームが
ありません。

夏の県大会は混戦になりそうですが、
優勝候補として挙げられる
評価の高いチームは
明桜、能代松陽、角館、大曲工あたりに
なります。
 

スポンサードリンク





 

ここからは、
明桜、能代松陽、角館、大曲工の
チーム紹介、戦力などを
まとめていきたいと思います。

 

明桜ですが、
春季秋田県大会を制し、
勢いのあるチームです。

この春から監督に就任したのが輿石重弘氏。
昨夏まで山梨・帝京三で監督を
していました。

監督不在だった冬場をまとめた
主将の早川隼喜選手を中心に、
走攻守の三拍子が揃った児玉日々生選手、
2年生ながら投打の要となった
山口航輝選手などチーム一丸となり、
春季秋田県大会を制しました。

夏の大会でも活躍が期待されます。

 

能代松陽は
春季秋田県大会では準優勝でした。

投手陣は身長165㎝と
小柄な2年生エース・佐藤開陸投手が中心、
ストレートと変化球を上手く使い、
打者を打ち取ります。

打撃陣は田村慶太選手など好打者が
揃っています。

春季県大会では準優勝だけに
夏の大会ではリベンジを果たしたい
ところです。

 

角館は、
昨夏の決勝戦で大曲工に7-8で敗れ、
甲子園まであと1歩でした。

その試合を経験した
鈴木佳偉選手が今年のチームでは、
投打の要としてチームをけん引。

角館も昨夏の決勝戦で敗れているので、
今年の夏にリベンジしたい気持ちは
強いと思います。

 

大曲工は
昨夏の代表校ですが、
春季秋田県大会では、
県南地区大会で敗れ、
県大会に進めませんでした。

ただ、
大曲工はプロ注目の藤井黎来投手に期待、
夏に向け、
しっかり調整出来れば、
十分に優勝争いに加われると思います。

 

最後に
今年の夏の秋田県大会は
混戦になりそうですが、
その中で、
どの高校が頂点に立つのか
目が離せない展開になりそうです。

 

 - Sports