【高校生】2020年ドラフト候補選手一覧!身体能力の高い選手が揃う! 

   

 

2019年もドラフト会議が行われ、多くのプロ野球選手が誕生しました。

高校生の選手では、佐々木朗希投手と奥川恭伸投手に注目が集まりました。
プロの世界でどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。

 

2019年は高校生選手が豊作でしたが、来年も豊作と言えるぐらいポテンシャルの高い選手が多くいます。

ということで、今回は一足早く2020年の高校生のドラフト候補選手についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 

2020年ドラフト候補選手 投手

 

・中森俊介(明石商)

 
身長181㎝ 体重80㎏ 右投左打
2019年は2年生ながらエースとして春夏甲子園ベスト4に貢献。自己最速は151キロの右の本格派。
現時点では2020年のドラフトで目玉になりそうな注目投手。
 
 

・篠木健太郎(木更津総合)

 
身長175cm 体重66kg 右投左打
右の本格派投手。
2019年の夏の千葉県大会では2年生ながら背番号「1」を背負いエースとしての活躍を見せた。
 
 

・吉鶴翔瑛(木更津総合)

 
身長175cm 体重68kg 左投左打
千葉県ナンバー1左腕として注目されている投手。
左腕ということで、木更津総合出身で現在は早稲田大で活躍している早川隆久投手のような活躍が期待される投手。
 
 

・菊池竜雅(常総学院)

 
身長180cm 体重82kg 右投右打
最速150キロの本格派右腕。
ストレートのキレは評価が高く、ストレート以外にも縦のスライダーも魅力。
現段階での評価も高く2020年のドラフトでは目玉投手になる可能性も秘めている投手。
 
 

・一條力真(常総学院)

 
身長188cm 体重73kg 右投左打
右の本格派で2019年の秋の段階では最速は142キロ。
新チームでは背番号「1」を背負う。
チームにはプロ注目右腕・菊池竜雅投手がおり、Wエースとして活躍が期待される。
 
 

・小林樹斗(智弁和歌山)

 
身長181cm 体重78kg 右投右打
最速148キロの本格派右腕。
2019年は2年生ながら甲子園で活躍。
新チームではエースとしてチームをけん引。
 
 

・北嶋洸太(駒大苫小牧)

 
身長172cm 体重78kg 右投右打
強豪の駒大苫小牧で1年生ながらベンチ入りを果たし、2年生からエースとしてチームをけん引。
上背はありませんが、最速146キロでキレのいいスライダーも魅力。
 
 

・根本悠楓(苫小牧中央)

 
身長171cm 体重72kg 左投左打
中学時代に全国制覇し、U-15日本代表にも選出された左腕投手。
強豪校の誘いを断り、地元の苫小牧中央に進学。
最速141キロ。
 
 

・阿部剣友(札幌大谷)

 
身長197cm 体重88kg 左投左打
長身左腕で2年生の選抜で甲子園デビューを果たす。
最速138キロながら、ポテンシャルが高く、大化けする可能性も十分にあり、プロ球団のスカウトも注目している。
 
 


・片山楽生(白樺学園)

 
身長175cm 体重74kg 右投左打
最速142キロの本格派右腕。
昨秋からファーストのレギュラーに定着したため、投手として本格的に練習再開したのは新チームになってからで、これからの伸びしろに期待したい投手。
 
 


・内田了介(埼玉栄)

 
身長181cm 体重78kg 右投右打
最速146キロ右腕で打者としてもチームの主軸を任される二刀流選手。
すでにプロのスカウトが視察している。
 
 


・美又王寿(浦和学院)

 
身長175cm 体重75kg 右投右打
最速146キロ右腕。
強豪の浦和学院で1年生からベンチ入りし、甲子園デビューを果たすなど、スーパー1年生として注目された。。
 
 


・豆田泰志(浦和実)

 
身長174cm 体重78kg 右投右打
最速140キロ右腕。
2019年は2年生ながら、3年生の三田隼輔投手とWエースとしてチームをけん引。
回転数の多いストレートで三振を奪える投手。
 
 


・堀井遥斗(習志野)

 
身長180cm 体重80kg 右投右打
最速142キロの本格派右腕。
ストレートの球威は、2学年上の古谷拓郎投手、1学年上飯塚脩人投手の2年時の秋と比べても遜色ないと言われている。
 
 

・箱山優(日体大柏)

 
身長183cm 体重73kg 右投右打
最速143キロの長身細身の本格派右腕。
日体大柏では1年生からベンチ入りし、資質の良さはプロ球団のスカウトも注目している。
 
 

・竹内将悟(拓大紅陵)

 
右投左打
最速140キロ右腕。決め球のスプリットも魅力。
新チームではエースとしてチームをけん引。
秋季千葉県大会の準決勝で専大松戸を相手に3安打完封するなど頭角を現しつつある投手。
 
 

・木下幹也(横浜)

 
身長184cm 体重84kg 右投右打
最速144キロ右腕。
2年の春には1学年上の及川雅貴投手の不振もあり、背番号「1」を背負い、春季神奈川大会ではベスト4に導いた。
 
 

・松本隆之介(横浜)

 
身長187cm 体重75kg 左投左打
最速147キロ長身左腕。
しなやかなフォームで伸びしろも十分に感じれる投手。
ポテンシャルの高さでは、1学年上の左腕・及川雅貴投手より上という声もある。
 
 

・安達壮汰(桐光学園)

 
身長181cm 体重74kg 左投左打
U-15日本代表にも選出された、最速143キロ左腕。
バッティングも良く、1年時から中軸を任されている。
新チームではエースで4番としてチームをけん引。
すでにプロ球団のスカウトも視察している。
 
 

・児玉悠紀(日大三)

 
身長179cm 体重66kg 左投左打
最速139キロの細身左腕。
もう少し、体ができてくれば、もっと球速は伸びそうな投手。
コントロールの良さには定評があり、球速が伸びれば、大化けする可能性も。
 
 

・藤井翔(東海大菅生)

 
身長170cm 体重63kg 右投右打
最速149キロ右腕。
小柄だが50mを5.9秒で走ったり、150キロ近い球速を記録するなど、身体能力の高さを感じる選手。
 
 

・高田琢登(静岡商)

 
身長177cm 体重72kg 左投左打

最速148キロ左腕。
静岡ナンバーワン左腕との呼び声高い投手。
父は静岡商の高田監督ということもあり、静岡商に進学し、親子鷹で甲子園を目指す。
 
 

・高橋宏斗(中京大中京)

 
身長184cm 体重79kg 右投右打
最速147キロ大型右腕。
強豪の中京大中京で1年夏からベンチ入りし、2年春からエースとしてチームをけん引。
 
 

・阿部巧雅(上田西)

 
身長172cm 体重72kg 右投左打
1年秋からエースナンバーを背負う最速144キロ右腕。
2年春までは右肩痛もあり、本調子ではなかったが、現在は不安もなくなり高いポテンシャルが開花するか注目の投手。
 
 

・常田唯斗(飯山)

 
身長181cm 体重70kg 右投右打
最速144キロの細身投手。
1年夏の長野県大会で松商学園を抑える投球で注目された。
2年夏に仙台育英戦で3番手として甲子園デビューを果たす。
仙台育英戦では4回1/3を投げて14安打を浴びたが、評価の高い投手。
 
 

・萩原吟哉(星稜)

 
身長172cm 体重72kg 右投右打
中学時代は3年春に全国制覇し、U-15日本代表にも選出された最速140キロ右腕。
小柄ながら制球力が抜群でスライダー、カーブ、チェンジアップなど変化球も多彩。
 
 

・寺西成騎(星稜)

 
身長186cm 体重84kg 右投右打
1年夏に甲子園デビューした最速143キロ長身右腕。
1年秋はフォームを崩し本調子ではなく結果を残せない時期もありましたが、ポテンシャルは高いので、大化けする可能性もある投手。
 
 

・笠島尚樹(敦賀気比)

 
身長177cm 体重71kg 右投右打
最速145キロスリークォーター右腕。
2年生エースとして夏の甲子園でも好投しました。
ストレートとスライダーのキレとコントロールに定評あり。
 
 

・嘉手苅浩太(日本航空石川)

 
身長190cm 体重100kg 右投右打
最速147キロの長身大型右腕。
体格を生かしたバッティングも魅力で二刀流選手として活躍が期待される。
 
 

・東田健臣(西脇工)

 
身長171cm 左投左打
最速141キロ左腕。
プロ球団のスカウトもマークしている。
オリックスのスカウトは「ボールにキレがある。将来性があって楽しみですね」と評価している。
 
 

・岩崎峻典(履正社)

 
身長175cm 体重77kg 右投右打
最速145キロ本格派右腕。
2年夏は甲子園出場し、1学年上の左腕エース・清水大成投手とともに投手陣を支え、履正社の優勝に貢献した。
 
 

・藤江星河(大阪桐蔭)

 
身長178cm 体重73kg 左投左打
最速141キロ左腕。
新チームでは背番号「1」を背負う。
「桐蔭の「1」になるために桐蔭に来たので、それにふさわしい投手になりたい」とコメントするなどエースの自覚は十分。
 
 

・和田育也(高知中央)

 
身長179cm 体重78kg 右投右打
最速142キロ右腕。
広島の崇徳に進学したが、現在は高知中央に転校している。
2年秋に森木大智投手を擁する高知に6回コールドで下し脚光を浴びた。
 
 

・深浦幹也(福岡大大濠)

 
身長175cm 体重76kg 左投左打
最速140キロ左腕。
打者としても中軸を任される二刀流選手。
ストレートとスライダーが武器。
 
 

・若杉晟汰(明豊)

 
身長170cm 体重64kg 左投右打
最速143キロ左腕。
2年時に春の選抜に出場し、エースとしてチームのベスト4入りに貢献した。
 
 

・川瀬堅斗(大分商)

 
身長185cm 体重78kg 右投右打
最速147キロ大型右腕。
九州ナンバーワンとの呼び声も高い。
兄はプロ野球・ソフトバンクの川瀬晃選手。
 
 

・有馬太玖登(都城東)

 
身長174cm 体重70kg 右投右打
最速146キロスリークォーター右腕。スライダーのキレも評価が高い。
 


スポンサーリンク


 

2020年ドラフト候補選手 捕手

 

・山下航汰(京都外大西)

 
身長180cm 体重68kg 右投右打
細身ながら高校通算30本塁打をマークしている。
 
 

・内山壮真(星稜)

 
身長172cm 体重72kg 右投右打
強豪・星稜で1年秋から4番を任される三拍子揃った好打者。
星稜では遊撃手としてプレーしていましたが、新チームでは捕手に転向。
 
 

・印出太一(中京大中京)

 
身長183cm 体重80kg 右投右打
中学時代にはU-15ボーイズ日本代表に選出された。
スイングスピードも速く、長打力も魅力。
 
 

・栗田勇雅(山梨学院)

 
身長172cm 体重79kg 右投右打
1年夏に3番打者として甲子園デビューを果たす。
どっしりした体格でパンチ力があり、長打力も魅力な選手。
 
 

・山田将義(二松学舎大付)

 
身長176cm 体重75kg 右投左打
1年夏に甲子園デビューを果たし、強肩と物怖じしないプレーで注目を集めた。
 
 

・牧原巧汰(日大三)

 
身長174cm 体重73kg 右投左打
広角に打ち分ける中距離打者タイプ。
守備面はスローイングやフットワークも軽快で捕手以外の守れそうなセンスを感じる素材型選手。
 
 

・古谷将也(成田)

 
身長173cm 体重65kg 右投右打
1年秋から正捕手を任される。
パンチ力があり、長打も期待できる打撃が魅力で、スローイングは二塁送球タイムは1.9秒台で守備面でも能力は高い。
 
 

・釣寿生(京都国際)

 
身長180cm 体重82kg 右投右打
どっしりした体格で長打が期待できる選手。
12年秋の段階で高校通算20本塁打をマークしている。
 
 

・関本勇輔(履正社)

 
身長177cm 体重78kg 右投右打
新チームでは主将で4番打者を任される選手。
父親は元阪神タイガースの関本賢太郎氏。
 


スポンサーリンク


 

2020年ドラフト候補選手 内野手

 

・山村崇嘉(東海大相模)

 
身長180cm 体重85kg 右投左打
強豪・東海大相模で2年夏に甲子園大会で4番を任された長距離砲。
また、投手としても最速140キロをマークするなど二刀流選手としても期待がかかる。
 
 

・杉崎成(東海大菅生)

 
身長178cm 体重77kg 右投右打
強豪・東海大菅生で故障の4番代わりとはいえ、1年生で4番を任された選手。
 
 

・櫻井亨佑(習志野)

 
身長180cm 体重74kg 右投左打
2年の選抜ではホームランを放つなど4番打者としてチームをけん引。
 
 

・西野力也(大阪桐蔭)

 
身長180cm 体重86kg 右投右打
強豪・大阪桐蔭で1年秋から主軸を任される選手。
がっしりとした体格からの豪快なスイングは大阪桐蔭OBの中村剛也選手(西武)を彷彿させる。
 
 

・小深田大地(履正社)

 
身長176cm 体重85kg 右投左打
履正社OBの安田尚憲選手(千葉ロッテ)に憧れ、履正社に進学した左のパワーヒッター。
 
 

・度会隆輝(横浜)

 
身長178cm 体重66kg 右投左打
三拍子揃った中距離打者で卓越したミート力は評価が高い。
父親は元ヤクルトスワローズの度会博文氏。
 
 

・奥村真大(龍谷大平安)

 
身長180cm 体重70kg 右投右打
2年時に春の選抜に出場し5番打者としてチームをけん引。
兄はプロ野球・ヤクルトスワローズの奥村展征選手。
 
 

・土田龍空(近江)

 
身長180cm 体重73kg 右投左打
とにかく守備力は飛びぬけている。
1年夏には2番ショートでレギュラーとして活躍した。
打撃でも伸びしろを感じる選手で、新チームでは主軸を任されている。
 
 

・入江大樹(仙台育英)

 
身長185cm 体重82kg 右投右打
大型遊撃手で2年の夏は3番打者として甲子園でも活躍。
ポテンシャルも高く、大化けする可能性も。
 
 

・小松涼馬(帝京)

 
身長172cm 体重72kg 右投右打
身体能力が高く、1年夏からレギュラーに抜擢。
守備力に定評があるが、バッティングもミート力がありながら長打力も備わっている選手。
 
 

・長谷川優也(日本文理)

 
身長175cm 体重72kg 右投右打
身体能力が高く、ミート力がありながら長打も期待できる選手。
打者だけではなく、投手としても最速141キロをマークするなど二刀流選手として期待される。
 
 

・青木優吾(中央学院)

 
身長170cm 体重63kg 右投右打
2018年の夏の甲子園に出場し、1年ながら3番を任された選手。
小柄ながらパンチ力もある打撃は魅力。
 
 

・岡本大翔(米子東)

 
身長188cm 体重82kg 右投右打
恵まれた体格からの鋭いスイングが魅力の大型遊撃手。
守備には課題があると言われているが、最速141キロをマークするなど投手としても活躍が期待される。
 
 

・池田凜(履正社)

 
身長172cm 体重68kg 右投左打
2019年・夏の甲子園に出場し、2番・セカンドで履正社の優勝に貢献。
広角に打ち分ける打撃センスは評価が高い。
パワーもついてきて、長打も期待できる選手になりつつある。
 
 

・鎌田州真(国士舘)

 
身長183cm 体重72kg 右投左打
中学時代にU-15日本代表に選出された三拍子揃った大型遊撃手。
中学時代は本格派投手だったが、高校では遊撃手に専念している。
 
 

・津田啓史(横浜)

 
身長180cm 体重77kg 右投右打
強豪・横浜高校で1年春からベンチ入りを果たす。
三拍子揃った大型遊撃手で、打撃はミート力がありながら長打も期待できる選手。
 


スポンサーリンク


 

2020年ドラフト候補選手 外野手

 

・井上朋也(花咲徳栄)

 
身長181cm 体重81kg 右投右打
強豪・花咲徳栄で1年夏にレギュラーを掴み、甲子園デビューを果たす。
 
 

・西川僚祐(東海大相模)

 
身長186cm 体重95kg 右投右打
恵まれた体格からのスイングは威力十分。
1年の年末の時点で高校通算本塁打は30本。
1年の年末の時点で言えば、プロ野球・日本ハムの清宮幸太郎選手の22本を上回る。
 
 

・来田涼斗(明石商)

 
身長180cm 体重82kg 右投左打
2年春に選抜出場しを果たし、ベスト4を決めた試合で先頭打者ホームランとサヨナラホームランを放ち注目を集めた。
俊足で守備範囲も広く、遠投も100mということで、三拍子揃った選手として評価が高い。
 
 

・横山陽樹(作新学院)

 
身長177cm 体重75kg 右投右打
本職は捕手だが、内野、外野も守れるユーティリティープレーヤー。
2年時にU-18日本代表に選出され、アメリカ戦ではホームランを放った。
 
 

・渡邉翔大(昌平)

 
身長177cm 体重78kg 右投左打
どっしりした体格からの豪快なスイングでホームランを量産中。
パワーヒッターだが、俊足で肩も強い。
 
 

・鵜沼魁斗(東海大相模)

 
身長175cm 体重74kg 右投右打
2年時にU-18日本代表に選出された三拍子揃った好打者。
2年の夏は1番打者としてチームに貢献。
 
 

・細川凌平(智辯和歌山)

 
身長172cm 体重68kg 右投左打
ミート力は定評があったが、長打力も増して世代トップクラスの左打者と言われている。
俊足で守備範囲も広く、三拍子揃った好打者。
 
 

・船曳烈士(大阪桐蔭)

 
身長172cm 体重75kg 右投右打
強豪・大阪桐蔭で1年秋から4番を経験。
上背はないが、どっしりした体格でパンチ力のある選手。
 
 

・平尾柊翔(春日部共栄)

 
身長175cm 体重73kg 右投左打
中学時代にはU-15日本代表に選出され4番も経験。
春日部共栄では1年秋から3番を任された。
 
 

・牛島希(九州学院)

 
身長176cm 体重79kg 右投右打
2年夏には3番打者としてチームに貢献。
リストが強く、右方向にも長打が期待できる選手。
 
 

・元謙太(中京学院大中京)

 
身長186cm 体重78kg 右投右打
2年の夏に甲子園デビューを果たす。
甲子園大会ではホームランを放ち、投手としてもチームに貢献した二刀流選手。
 
 

・今井秀輔(星稜)

 
身長183cm 体重86kg 右投右打
恵まれた体格からの鋭いスイングが魅力。
右の長距離砲として、これからの活躍が楽しみな選手。
 
 

・早真之介(京都国際)

 
身長182cm 体重79kg 左投左打
1年秋から4番を任されるミート力のある左打者。
高校から外野手に転向したが、元々は投手だったこともあり、最速140キロ投げるほどの肩がある。
 


スポンサーリンク


 

まとめ

 
一足早く2020年の高校生のドラフト候補選手についてまとめてみました。
身体能力が高い選手が多く、この1年で大化けする可能性を持った選手ばかりです。

2019年秋の段階で投手では、中森俊介投手(明石商)、篠木健太郎投手(木更津総合)、菊池竜雅投手(常総学院)、小林樹斗投手(智辯和歌山)などが
ドラフト上位候補として挙げられています。

打者も好打者が揃っています。

スラッガータイプでは、西川僚祐選手(東海大相模)、山村崇嘉選手(東海大相模)、杉崎成選手(東海大菅生)、井上朋也選手(花咲徳栄)などがドラフト上位候補選手でしょうか。

また、来田涼斗選手(明石商)、度会隆輝選手(横浜)、横山陽樹選手(作新学院)、鵜沼魁斗選手(東海大相模)、内山壮真選手(星稜)など三拍子揃った好打者タイプの選手も多く、最終的にどの選手がドラフトで指名されるか、何位くらいの指名になるかは直前まで読めない感じになると思います。

全体的に言うと、投手より、打者の方が好素材の選手が多いのではないでしょうか。
 


スポンサーリンク


 
 

 - Sports