高校駅伝 倉敷(女子) 2018 メンバー・戦力分析

   

 

2018年12月23日(日)に京都市の西京極陸上競技場を発着点とするコースで開催される全国高校駅伝

第30回の記念大会となる女子は、都道府県代表に11地区代表を加えた58校が出場します。

今回は、中国高校駅伝を制し初の都大路の切符を手にした倉敷(岡山)女子のメンバー・戦力分析をまとめました。
 
 

 


スポンサーリンク


 

倉敷女子メンバー

山下夏実 (2年・主将)
山本晏佳史(2年)
江尻佳乃 (2年)
藤田彩希 (2年)
小野瑠南 (2年)
萩原柚乃 (1年)
斉藤巴音 (1年)
アグネス・ムカリ(1年)

3000メートルの上位5人平均タイム
9分34秒

 

予選結果

岡山県予選では惜しくも2位だった女子の倉敷。
予選タイムは1時間11分38秒

1区(6km)
山本晏佳史
20分36秒 区間2位

2区(4.0975km)
アグネス・ムカリ
12分46秒 区間1位

3区(3km)
萩原柚乃
10分14秒 区間1位

4区(3km)
山下夏実
10分19秒 区間1位

5区(5km)
江尻佳乃
17分43秒 区間2位

 

中国高校駅伝 結果

出雲市の浜山公園陸上競技場を発着点とするコースで女子(5区間21.0975km)29校が競いました。
全国高校駅伝の第30回記念大会として中国地区代表1枠を争った女子は倉敷が1時間10分22秒で初優勝

1区(6km)
山本晏佳史
19分39秒 区間3位

2区(4.0975km)
萩原柚乃
13分57秒 区間3位

3区(3km)
山下夏実
9分59秒 区間2位

4区(3km)
江尻佳乃
10分41秒 区間4位

5区(5km)
アグネス・ムカリ
16分6秒 区間1位

1区の山本選手が3位発進し、2区萩原選手が2位に浮上。
3、4区も堅実な走りで4区までトップの舟入(広島)と3秒差の2位でつなぐと、5区でムカリ選手がトップを奪い逆転優勝。
 


スポンサーリンク


 

戦力分析

倉敷といえば、都大路常連の男子は知名度があり、今年も優勝候補に名を連ねています。

そんな男子に続こうと、女子倉敷の強化が始まったのが2年前。

全国中学駅伝で1区区間賞に輝いた山本選手らが順調に成長。
中国高校駅伝では、岡山予選で敗れた興譲館を下し、2年目で見事に都大路切符を勝ち取りました。

倉敷女子は全員が1、2年生のチーム。
山本選手や萩原選手らが伸び盛りで、ムカリ選手は、インターハイ1500m 4分17秒17で優勝するなど全国トップ級。
勢いに乗れば、入賞争いに加わる力も秘めています。

全国高校駅伝 男女出場を達成した倉敷。
男女ともに都大路で良い結果を残すことができるか注目です。
 

 


スポンサーリンク


 

 - Sports