高校駅伝 倉敷(男子) 2018 メンバー・戦力分析

   

 

2018年12月23日(日)に京都市の西京極陸上競技場を発着点とするコースで開催される全国高校駅伝

第69回の男子は、都道府県代表の47校が出場します。

今回は、昨年全国で準優勝した倉敷(岡山)男子のメンバー・戦力分析をまとめました。
 

 
 


スポンサーリンク


 

倉敷男子メンバー

宍戸来嘉 (3年・主将)
八木志樹 (3年)
若林陽大 (3年)
井田 春 (3年)
円 健介 (3年)
石原翔太郎(2年)
石井大揮 (2年)
寺元颯一 (2年)
山下空良 (2年)
フィレモン・キプラガット(2年)

5000メートルの上位7人平均タイム
14分13秒
 


スポンサーリンク

前回大会結果

タイム 2時間4分11秒

1区(10km)
北野太翔
29分33秒 区間3位

2区(3km)
名合治紀
8分20秒 区間4位

3区(8.1075km)
チャールズ・ニジオカ
23分11秒 区間1位

4区(8.0875km)
若林陽大
23分54秒 区間8位

5区(3km)
小野一貴
8分41秒 区間1位

6区(5km)
八木志樹
14分51秒 区間8位

7区(5km)
円健介
15分41秒 区間45位

 

直前まで負傷者が絶えず、オーダーを見直して臨んだ前回大会。
2連覇を狙った倉敷は、1、2区で好位置につけ、3区のニジオカ選手が先頭に立ち38秒のリードを奪います。

良い展開に持ち込めた倉敷は先行逃げ切りを狙っていましたが、徐々に佐久長聖(長野)に差を詰められ、6区八木選手が3キロ手前で首位を明け渡すと、アンカーの円選手も区間45位と苦しみました。
 


スポンサーリンク


 

予選結果・戦力分析

予選タイムは2時間5分54秒

全員区間賞の走りで全国最長の連覇を41に伸ばした倉敷は、昨年同様に留学生を温存しながら2時間5分54秒の好記録をマークしました。

1区(10km)
八木志樹
29分51秒 区間1位

2区(3km)
宍戸来嘉
8分39秒 区間1位

3区(8.1075km)
若林陽大
24分27秒 区間1位

4区(8.0875km)
石原翔太郎
24分11秒 区間1位

5区(3km)
寺元颯一
8分41秒 区間1位

6区(5km)
石井大揮
15分12秒 区間1位

7区(5km)
井田春
14分53秒 区間1位

全国大会で過去3年 3位、1位、2位とトップ3の倉敷は今年も選手が充実、優勝候補に名を連ねます。

3区には5000メートル13分22秒27の自己記録を持つ高校ランキング1位のキプラガットが控え、前回大会も経験した八木選手、若林選手、円選手らも順調に成長。

序盤で主導権を握れるかがレースの鍵を握ります。
 
 

 


スポンサーリンク


 

 

 - Sports