なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

ケイティ・メイ(PLAYBOYモデル)が脳卒中で急死! 原因はカイロプラクティック!?日本では…

      2017/05/12

 

2017年3月29日(水)に放送される
日本テレビ
『ザ! 世界仰天ニュース』で、
いま世界で起きている
様々な仰天事件が紹介されます。

 

その中で
気になったのが
撮影中に首を痛めた
アメリカの人気モデルが
ある施術を受けた後に
急死してしまったという事件。

 

このアメリカの人気モデルというのは、
『PLAYBOY』誌のモデル
ケイティ・メイさん(当時34歳)のようですが、
彼女はなぜ
34歳という若さで
亡くなってしまったのでしょうか。
 
スポンサードリンク





 

『PLAYBOY』モデル ケイティ・メイの死の真相!

 

2016年2月4日、
アメリカ『PLAYBOY』誌のモデル
ケイティ・メイさん(当時34歳)が
脳卒中で死亡しました。
 

ケイティ・メイさん
 
ケイティさんは、
撮影中に首を痛め
ある施術を受けていたようで、
1月30日に、
「撮影中に首をひねってしまって
今朝調整してもらったの。
すっごく痛い!
他に家でできる治療法を知らない」という
ツイートをしていました。
 


 

 
ファンから治療のアドバスが寄せられ、
ケイティさんも
「ありがとう やってみる」と
返していましたが…

数日後、
彼女は亡くなってしまったのです。

 

そして、
ケイティさんの死の原因ですが、
アメリカのメディアによれば、
ケイティさんは
カイロプラクティックを受けた際、
首の動脈を損傷したとみられ
その施術が原因で
数日後、
脳卒中で亡くなったというのです。

 

 

カイロプラクティックは危険なのか!?

 

なんの前触れもなく
脳卒中で亡くなったケイティ・メイさん。

彼女の死の真相を知って思ったのは、
カイロプラクティックって
危険な施術なのか…ということ。

カイロプラクティックは、
1895年にアメリカで始まった手技療法で
主に首や腰の背骨をポキポキならしたり
関節の調整により
身体のゆがみや痛みを軽減する治療法で、
日本でも興味を持たれている方や、
実際に施術を受けられた方も
多いのではないでしょうか。

 

肩や首の筋肉がコリ
頭が痛くなることが多い私も
カイロプラクティックに
興味がありました。

しかし、
効果があるという人がいる一方で、
首をポキポキとならし治療する方法は、
危険だという話も聞いたことがあり、
実際に施術をしてもらったことは
ありません。

 

ちなみに
私は頭や首が痛くなった時、
どうしているかというと…
揉み返しと首を痛めるのが怖いため
自分で直接首を揉むことはせず、
足の反射区をもむ足裏健康法で
首や頭の痛みを和らげています。

 

 

さて、
気になるカイロプラクティックですが、
正しく行えば、
やはり効果はあるのでしょう。

 

しかし、
ケイティさんの場合…

カイロプラクティックの施術で
指圧療法士がケイティさんの首を曲げた際、
左の椎骨動脈が裂けたといい、
この椎骨動脈が傷つけられたことで
血流が妨げられ
脳卒中を起こしたことが
直接の死因となったようです。

 

椎骨動脈は
首の左右に二本通る血管で
血液を脳に供給する
重要な役割を担っており、
椎骨動脈が傷つくと
脳に損傷が起こり
脳梗塞のリスクを
高めてしまう危険性があるといいます。

また、
首は血管だけでなく
神経も通っている重要な部位であり、
脊髄を損傷してしまうと、
麻痺を生じさせたり、
最悪の場合、
死に至るケースもあるそうです

 

このように
手技による医業類似行為は、
骨格を矯正したり、
筋肉をほぐしたりと、
体に影響を及ぼすものですから、
受ける際は
施術する人の腕はどうなのか…
ちゃんとした資格を持っている人なのか…など
事前に情報収集しておきたいものです。
 
スポンサードリンク





 

カイロプラクティックの法的資格制度は!?

 

気になるのが
日本での
カイロプラクティックの
法的資格制度について。

WHO(世界保健機関)は、
カイロプラクティックを
代替医療と位置づけており、
アメリカやヨーロッパでは、
国家資格として法制化されています。

しかし、
日本で法的な資格制度があるものは、
あん摩マッサージ指圧、柔道整復で、
整体やカイロプラクティックは、
法規制の対象外となっています。

 

調べてみると、
カイロプラクティックは、
「医業類似行為において
有害の恐れがない場合は、
禁止処罰の対象とはならない。」とする
高裁判決により公的資格は存在せず…
利用者に害がない限り
資格がなくても
誰でも自由に開業・施術が
できるとか…

 

受ける側からしてみれば、
無資格=危険と
思ってしまうのは
私だけでしょうか…

 

個人的な意見ですが、
カイロプラクティックの施術を行う人も
あん摩マッサージ指圧師などの資格を
取得していて欲しいと思ってしまいますが…

なぜ日本では、
無資格者による
カイロプラクティックが
規制されないのでしょうか。

 
調べてみたところ、
一般的に資格制度を創設する場合、
この制度により確保しなければならない
安全性や効果などが
明確でなければならないようですが、
カイロプラクティック療法の
医学的効果については、
未だ科学的評価が定まっていないそうです。

 

また、
医師免許や柔道整復師、
あん摩マッサージ指圧師など
他資格の業務との明確な切り分けが
必要なのですが、
カイロプラクティック療法の内容や
他資格の業務との切り分けに関する認識は
現段階では統一されていない状況だそうで
資格制度の創設が困難なのだそうです。

 

 

さいごに

 

姿勢矯正など
カイロプラクティックに
興味があった私ですが、
この事件で
カイロプラクティックに対する
イメージが変わってしまいました。

 

しかし、
何度も言いますが、
やはり、
正しく行えば効果はあるのでしょう。

実際、
私の周りにも
カイロプラクティックを受けたことで
むち打ちが改善したと力説していた人が
いましたから。

 

ただ、
ケイティ・メイさんのケースを
知ってしまうと、
カイロプラクティックを受ける際、
何に気を付ければ良いのか
考えてしまいます。

 

選ぶ際に気になる
資格の有無についてですが、
施術者が法的な資格を
持っているかどうかの判断は、
広告を見ただけでは難しいようで
注意が必要だそうです。

また、
ケイティ・メイさんの場合、
カイロプラクティックが
法制化されているアメリカで、
しかも、
国家資格をもつ指圧療法士による
施術を受けたにもかかわらず…

となると、
カイロプラクティックを受ける際の
注意点としては、
資格の有無の確認や、
口コミなど事前の情報収集をしたうえで、
自分の症状や希望に合った施術を
選択することが
大切ということなのでしょうか…
 
スポンサードリンク





 


 

 

 - TV