なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

出雲駅伝 2017 青山学院大学 エントリー メンバー・注目選手

   

 

2017年10月9日(月・体育の日)に開催される
第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走の
出場選手が発表されました。

 

気になるのは、
やはり原晋監督率いる
青山学院大学。

昨年の出雲駅伝では2時間10分9秒で
2年連続3回目の優勝を飾りました。

今回
出雲3連覇を目指す
青山学院大学のエントリー メンバー、
注目選手を調べてみました。
 
スポンサードリンク




 

青山学院大学 エントリー・メンバー

 

【名前・学年】下田裕太(4年)

【出身高校】 加藤学園(静岡)

【自己最高記録】

10000m 28.33.77

5000m 13.53.45

【名前・学年】田村和希(4年)

【出身高校】 西京(山口)

【自己最高記録】

10000m 28.18.31

5000m 13.43.22

【名前・学年】吉永竜聖(4年) キャプテン

【出身高校】 鹿児島城西

【自己最高記録】

10000m 29.21.82

5000m 13.49.83

【名前・学年】小野田勇次(3年)

【出身高校】 豊川(愛知)

【自己最高記録】

10000m 29.59.31

5000m 13.46.93

【名前・学年】梶谷瑠哉(3年)

【出身高校】 白鷗大足利(栃木)

【自己最高記録】

10000m 28.52.94

5000m 13.55.69

【名前・学年】橋詰大慧(3年)

【出身高校】 和歌山北

【自己最高記録】

10000m 28.56.06

5000m 13.49.47

【名前・学年】森田歩希(3年)

【出身高校】 竜ケ崎一(茨城)

【自己最高記録】

10000m 29.09.79

5000m 13.58.18

【名前・学年】竹石尚人(2年)

【出身高校】 鶴崎工業(大分)

【自己最高記録】

5000m 14.05.40

【名前・学年】神林勇太(1年)

【出身高校】 九州学院(熊本)

【自己最高記録】

5000m 13.59.14

【名前・学年】吉田圭太(1年)

【出身高校】世羅(広島)

【自己最高記録】

10000m 29.33.22

5000m 13.50.67

 
スポンサードリンク





 

今年も主力選手の田村和希選手と
下田裕太選手がエントリー。

 

昨年の出雲駅伝では、
2区を走った田村選手が、
5位から一気に首位を奪う快走を見せ
区間賞を獲得しました。

 

今回、
田村選手は
故障で出遅れていましたが
ここ1ヶ月で調子を上げてきたようで
メンバー入り。

どのような走りを見せてくれるのか
楽しみです。

 

 

そして、
マラソン10代日本最高記録
(2時間11分34秒)を持つ
下田裕太選手もメンバー入り。

昨年の出雲駅伝では3区を走りましたが
実力は発揮できませんでした。

しかし、
箱根駅伝では8区を走り
2年連続区間賞に輝く快走を見せました。

 

4年生の彼らの進路先が
気になりますが、
田村選手は住友電工に絞り、
下田選手はGMOアスリーツ加入を表明
しています。

 

 

3年生は箱根駅伝で1区を走った梶谷瑠哉選手、
4区森田歩希選手、
そして6区を走った小野田勇次選手と
実力者が揃っています。

そして、
今季絶好調だという
橋詰大慧選手の
活躍も期待されます。

 

個人的に気になるのは、
世羅高校(広島)出身の1年生
吉田圭太選手。

吉田圭太選手といえば、
全国高校駅伝では1年時からメンバー入りし
2連覇に貢献、
5000m13分台の
スピードランナーとして
注目された選手の一人です。

 

「一番力を伸ばせる大学を選んだ」という
吉田選手は、
駅伝の強豪 青山学院大学でも
その活躍が期待されています。
 
スポンサードリンク




 

 



 
 

 

 - Sports