なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

破天荒なナスD (友寄隆英)は なぜ黒くなった? 気絶した理由とは!?

      2017/07/12

 


 
2017年7月2日(日)に
テレビ朝日
『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』
大アマゾンSPが放送されました。

 

『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』は、
今年1月29日に
『日曜エンターテインメント』枠で放送された特番
『陸海空 地球一周するなんて(笑)
アマゾンから突入SP』がレギュラー化。

現在、
毎週火曜 23:15~放送されています。

 

【関連記事】

 

ナスD ボラ族にボラれる…

 
 
この番組は、
5つのチーム
・部族アース
・釣りまアース
・ミステリーアース
・豪華客船アース
・ドローンアース
が地球一周を目指し
世界各国を旅する
リアル冒険バラエティ。

 

部族アース

 

U字工事
番組ゼネラルプロデューサー 兼
取材ディレクターの友寄隆英氏が
超異文化の村に潜入する部族アース。

レギュラー放送開始前に特番で放送された
ペルーを出発点に
世界の様々な部族との接触を目指し、
これまで
戦闘部族であるアワフン族や泥染部族である
シピボ族などを取材、
ジャングル客船「ヘンリー5号」で
アマゾンへと向かっていました。

 

 

釣りまアース

 

サンシャイン池崎さんと怪魚ハンター
沖山朝俊さんが
タイを出発点に
世界各地の怪魚や巨大魚を求めて
世界を巡ります。

 

 

ミステリーアース

 

オオカミ少年の片岡正徳さんらが
イギリスを出発点に
世界各地の不思議なスポットに潜入。

 

豪華客船アース

 

ハーバード大学院卒でFBIにも内定したという
REINAさんが
神戸港を出発点に
「クイーン・エリザベス号」へ乗り込み
クルーズ客船を乗り継いで
セレブな乗客と交流をしながら世界一周。

 

ドローンアース

 

バッドナイス常田さんが
アラスカを出発点に
各国の地元ドローンパイロットと
タッグを組み
世界各地の絶景やレアな光景を空撮する。
 
 

人気企画 部族アースがゴールデンに!

 

その中でも人気なのが
毎回驚きの展開が待っている部族アース。
 
他の企画に比べ
圧倒的に長い時間この部族アースを
放送しているように思います。
 
個人的には、豪華客船アースも好きですが
やはり部族アースの面白さにはかないません。

そんな
『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』
部族アースが
大アマゾンSPとして
2017年7月2日(日)の
18:30 ~ 20:54 に放送。

 
そんなわけで
今回は、
部族アースの人気者
友寄ディレクターについてや、
彼の身に起きた
”ある悲劇”について
振り返ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク





 

部族アースは必見!

 

現在 地球上の部族は
およそ90の国に存在し、
その数は5000。

中でも部族が多いといわれる地域が
南米アマゾンで
ここにいる部族は
なんと100万人以上。

そして、
ペルーには
およそ33万人 60もの部族が
密集しているといいます。

これまで
U字工事と友寄ディレクターをはじめ
番組スタッフらは、
戦闘部族であるアワフン族や泥染部族である
シピボ族などを取材してきましたが、
友寄ディレクターの破天荒すぎる行動に
毎回、
ハラハラさせられます。

 

はっきり言って、
U字工事よりも
はるかに目立っちゃってるのです。

 

ここからは、
友寄ディレクターの
破天荒な行動や言動を紹介していきますが、
その前に
友寄ディレクターについて
調べてみました。

 


友寄隆英さんについて

 

 
出身地:兵庫県
 
年齢: 40代前半
 
19歳からテレビ業界で
ADのアルバイトを始め、
フリーディレクターを経て
2003年、
テレビ朝日に入社、
総合編成局制作1部所属の
テレビプロデューサー・演出家。

これまで
『いきなり!黄金伝説。』や、
『お試しかっ!』、
『「ぷっ」すま』などの人気番組を担当。

現在は、
『キスマイレージ』や『なら≒デキ』、
2017年から放送されている
『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』
でゼネラルプロデューサーとして
番組制作を統括、
『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』の人気企画である
部族アースの取材ディレクタ-も担当。

 

 
 

破天荒① 先住民から襲撃されるも…

 

さて、
初めてのアマゾン取材で
番組スタッフは
冒険家は一度は行ってみたいという
戦闘部族アワフン族の集落
コス村を目指していました。
 

 
しかし、
川を進む中、
友寄ディレクターらが乗る船より
先を走っていた仲間の船が
ある部族に止められたのです。
 


 

その直後、
突然 槍と銃が向けられ
スタッフたちは拘束…

 

翌日、
拘束された中に
案内役をしていた息子がいると知った
別の村の女性がナイフを振り回して激怒、
一触即発の状況の中…
あの友寄ディレクターは、
なかなかの至近距離で
その模様を撮影していたのです。
 

 

結局、
無事に解放されましたが、
当初、予定していた
集落への潜入は断念、
一行は
別のアワフン族の村へと向かうことに。

 

 

破天荒② クンクン ディレクター

 

目的の村へ向かう途中、
川である生物を発見。

それは、
巨大カタツムリの”クンクン”

なんでも
顔とか怪我をした時に使うようで
通常は粘液を粉末にして使うというのだが…
 


 
友寄ディレクターは、
ちょっと勧められると
深く考えずに
とりあえずやってみちゃう人で
ダイレクトに生の”クンクン”をかじって
口の中いっぱいのヌルヌルした粘液を顔や目に
塗りたくっていました。
 


嬉しげに目にも塗ったため
メッチャ痛くなったようです。

 

しかし、
後に現地の人も生で食べたことがないという
事実が判明…

そう、
この破天荒ディレクターが
いろいろな事実に気づくのは、
いつも必ず行動の後なのです。

 

そんな”クンクン”ディレクター、
食リポはわかりやすく
この巨大カタツムリは、
「食感ナマコで味は胃薬」
言っていました。

 

 

破天荒③ なんでも食べる友寄D

 

そんな愛すべきキャラ 友寄ディレクターは、
毎日の密着取材の中、
先住民から勧められれば
なんでも食べていました。
 


 

例えば
現地の川魚を生で食したり、
イタチの丸焼きで
割と肉がついているしっぽや、
えげつない位クサいネック(首)など、
なんでも食べるので、
先住民も面白がって
自分たちが食べない部位も勧めてきたり、
誰も勧めてなくても
熊の手みたいな形の部位を豪快に食べる始末。

 

そして、
友寄ディレクターのワイルドさは、
日に日に増していきました。

 

川では全裸になり
そのままうつぶせに寝そべって入浴したり、
 

 
全裸のまま
先住民が飲んでいるという茶色い川の水を
何度も飲んだり…
全力で楽しんでいる友寄ディレクター。
 
明らかに
U字工事よりも長い時間
出演しているのです。

 

スポンサードリンク




 

破天荒④ そして…ナスDに

 

破天荒な友寄ディレクターの身に
”あの悲劇”が起きたのは、
超異文化のシピポ族の暮らす集落でのこと。
 
ここでも
この男は、
ピラニアの仲間で獰猛な
”パロメタ”という肉食魚を
丸ごと生で食べていました。

 

この後、
あんな悲劇が起きるとも知らずに…
「身がプリッとしてて♪」と、
食リポしてしている破天荒 D。

 

その後、
タトゥーの原料の強力な染料となる
ウィトという果物を紹介。
 


 
なんでも
この染料は髪染めに使われているようで
染めれば1年は色が落ちないとか…

スタッフチームは
ウィトの果実を食べたりしていましたが、
友寄ディレクターは
現地住民の
「肌に良いから」という言葉を信じ、
この染料を全身に塗りたくったのです
 


 

皆が笑っている中、
まさか取れない…とは知らず
「ありがてぇ」と
全身に塗りたくる友寄ディレクター。
 

見ようによっては真田広之さんに似ているようにも…
(あくまで個人的な意見です)
 


 
その後、
彼の肌色は少しずつ変わり
ウィトを教えてくれた人に
相談に行くも、
「そんなに塗ったヤツいないよ」と言われ、
川で洗ってみるが落ちる気配はなく、
それどころか
時間が経つにつれ
黒さはどんどん増していく…

ついには、
現地住民も驚くほど
全身 真っ黒に…

 

 

「もし落ちなかったら
これからどうやって生きていくんだろう…」と、
見ているこちらも心配に。
 


 

しかし、
破天荒男は、
テレ朝をクビにならないか心配しつつも、
「僕はこれを背負って行こうと思います。
第二の人生スタートです」と、
なぜか前向き…

 


 
なんか、
小さいことでクヨクヨしている自分が
馬鹿みたいに思えてくるぐらい
マジでポジティブ。
 

その後、
友寄ディレクターの肌は、
時間や気温などによって変色、
時に紫色になっていることから
”ナス D ”と呼ばれるように…
 

 
ところで、
気になるのが
破天荒な友寄 D が結婚しているのかどうか…
 
調べてみたところ
嫁は料理研究家の森崎友紀さんではないかと
推測している方が多いようですが、
実際のところ、
どうなんでしょう。
 

もし 本当なら、
ナイスバディで美人、
料理上手な奥さんって
羨ましすぎるでしょう。
”ナス D”は、
先住民から勧められれば
なんでも食べる
料理研究家の旦那ということに…
 

それにしても、

旦那が真っ黒で帰ってきたら…
どうします?

 
スポンサードリンク




 

”ナス D ”が気絶!?

 

その後、
ジャングル客船「ヘンリー5号」で
アマゾンへと向かった一行。

気になる ”ナス D ”ですが、
途中、パスポートの写真と実物が
あまりに違いすぎて
怪しまれていました。
 

 
その後も”ナスD”は、
オネエコックの取材をしたり、
通過する村で荷物運びのお手伝いをしたり
アビスパという蜂に刺されたり…と
大忙し。
 
旅の途中、
”ナス D”と触れ合った皆さんは
彼の肌色を警戒しながらも
その人柄を気に入り
いろいろな物を
”ナス D”に与えてくれるのでした。
 
そして、
人気者 ”ナス D”は、
ジャングル秘伝のお酒のある所に
案内してもらうことも。
 
”ナス D”は、
かなりの酒豪のようで、
38度、50度もあるお酒を
まるで水のように何杯も何杯も
飲み干していました。

 

その飲みっぷりを気に入られ
ついには部外者立ち入り禁止の
特別な酒蔵にまで誘われた”ナス D”は、
そこで合計 7本もの お酒を GET。

ヘンリー号へ戻る小船の中でも
いただいた50度のお酒を
1本飲み干し…
ヘンリー号の船内へ行こうとしますが…
船に戻るや
休まず調理の撮影、
さらに子どもがやってきて
遊び相手もこなしていきます。

そして、
この日が最後だからと
大人も絡んでくるという人気ぶり。

船長のレナンさんの話は、
1時間も続き
”ナス D”には全く休む暇がなく…

結局、休息はできず次の村では
再び荷物運びのお手伝い。

ちなみに今回、
通過した村は全部で60でしたが
”ナス D”は
その全てで荷下ろしを手伝っていたのでした。

 

このあと、
小さいころから夢見た
アマゾン川に突入するのですが、
不眠不休の4日間で
”ナス D”の体力は
限界を超えていたのです。

 

そして、
「ご苦労さん、
俺の部屋で休んでいいぞ」という
レナン船長の優しい言葉に
緊張の糸が切れたのか…
”ナス D”は船室に座り込んでしまったのです。

 

そして、
2時間後、
イキトスに到着しますが
なぜか”あの男”の姿はなく…

 

その後、
担がれて出てくる
”ナス D”
 


 

これは、
長旅の疲れなのか、
それとも寝てないからか…
度数の高い酒を しこたま飲んだからか、
黒い肌で引き起こした熱中症か…
原因はわからないが
”ナス D”昇天…
 


 
 

気絶した”ナスD”はどうなったか…

 

夢に見たアマゾン川を目の前に
意識を失ってしまった ”ナスD”

 

2017年7月2日(日)に放送された
『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』
大アマゾン2時間30分SPでは、
U字工事チームとナスDらスタッフチームが
二手に分かれ
南米アマゾンで先住民の部族に潜入、
テレビ初公開
現地の取材を満喫していました。
 

 
個人的には、
気絶した”ナス D”がどうなったのか…

そして
絶対に取れない!?という染料で
真っ黒に変色した全身が
どうなっていくのかが気になっていましたが、
ナスDは翌日…
 
元気になっていました。
 
ただ、
気絶した時の記憶はないらしく、
これまで行動を共にしていたガイドのホルヘさんからその時の映像を見せてもらっていました。
 

このとおり元気♪
 
そして、
真っ黒だった全身に関しては、
顔の皮がめくれていたのが取れて綺麗になっていましたが、残念ながら色は戻ってませんでした。
 
 
ナスDの今後が気になりますが、
この先、
さらにアマゾン奥地の集落を取材しているようです。
 
 
今後もナスDから目が離せません。
 

【関連記事】


ナスD ボラ族にボラれる…

 
 



 

 - TV