なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

春高バレー 2018 予選を勝ち抜いた代表校(男子・女子)

      2017/12/04

 

2018年1月4日(木)から始まる
春の高校バレー
第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会。

 

全国の代表104校が日本一を目指し
熱き闘いを繰り広げます。

 

ここからは、
47都道府県の予選を勝ち抜いてきた
春高バレー 2018の代表校(男子・女子)を
まとめています。

 

スポンサードリンク




 

男子 出場校

 

北海道・神奈川・大阪は2チーム
開催地の東京は3チーム

 
男子の代表校は、
前回優勝した駿台学園(東京)、
準優勝の東亜学園(東京)、
4強入りした習志野(千葉)、高川学園(山口)、
夏のインターハイ優勝の鎮西(熊本)など
強豪がそろいました。
 

北海道
・東海大札幌(8年連続45回目)
・科学大(2年連続3回目)

青森
弘前工業(4年連続40回目)

岩手
不来方(6年ぶり13回目)

秋田
雄物川(23年連続23回目)

山形
山形中央(3年連続17回目)

宮城
仙台商業(5年連続6回目)

福島

相馬(3年ぶり20回目)

茨城
水戸啓明(初出場)

栃木
足利工大附(3年連続36回目)

群馬
前橋商業(20年ぶり11回目)

埼玉
埼玉栄(3年連続7回目)

東京
・東亜学園(13年連続34回目)
・駿台学園(8年連続10回目)
・東洋(3年連続27回目)

千葉
習志野(11年連続34回目)

神奈川
・弥栄(5年ぶり4回目)
・荏田(5年連続5回目)

山梨
日本航空(16年連続16回目)

長野
創造学園(5年連続7回目)

新潟
巻(16年ぶり6回目)

富山

富山第一(10年ぶり4回目)

石川
石川県立工業(13年連続27回目)

福井

北陸(12年ぶり6回目)

静岡
静清(2年連続2回目)

愛知

愛工大名電(3年ぶり15回目)

岐阜
県立岐阜商業(7年連続14回目)

三重
松阪工業(3年連続35回目)

滋賀
近江(15年連続33回目)

和歌山
開智(23年連続23回目)

奈良
添上(2年ぶり34回目)

京都
洛南(4年連続22回目)

大阪
・大塚(10年連続13回目)
・清風(3年連続25回目)

兵庫
市立尼崎(19年連続30回目)

岡山
岡山東商業(3年連続31回目)

広島
崇徳(4年連続44回目)

鳥取
鳥取中央育英(初出場)

島根
安来(3年連続24回目)

山口
高川学園
(3年連続6回目の出場)

香川

高松工芸(14年連続21回目)

徳島
城東(3年連続5回目)

愛媛
新田(4年ぶり14回目)

高知
高知(2年連続17回目の出場)

福岡
東福岡(7年連続9回目)

佐賀
佐賀商業(3年連続30回目)

長崎

大村工業(8年連続15回目)

熊本
鎮西(9年連続30回目)

大分
別府鶴見丘(3年連続8回目)

宮崎
都城工業(2年連続34回目)

鹿児島
川内商工(初出場)

沖縄
西原(8年連続23回目)
 

春高バレー 2018 男子 注目選手・優勝候補は!?


春高バレー 2018 男子 組み合わせ抽選会

 
スポンサードリンク




 

女子 出場校

 

北海道・神奈川・大阪は2チーム
開催地の東京は3チーム

 
女子は、
前回2連覇、
4度目の頂点に立った下北沢成徳(東京)や、
準優勝の就実(岡山)、
そして、
金蘭会(大阪)や誠英(山口)、
夏のインターハイ優勝の東九州龍谷(大分)など
強豪校がそろいました。
 

北海道
・大谷室蘭(18年ぶり6回目)
・札幌大谷(2年連続14回目)

青森
青森西(19年ぶり14回目)

岩手
盛岡誠桜(4年連続23回目)

秋田
由利(3年連続28回目)

山形
米沢中央(2年連続8回目)

宮城
古川学園(13年連続38回目)

福島

郡女大付(2年連続19回目)

茨城
土浦日大(10年連続17回目)

栃木
國學院栃木(31年連続32回目)

群馬
高崎商大附(2年連続12回目)

埼玉
細田学園(3年連続18回目)

東京
・下北沢成徳(10年連続18回目)
・八王子実践(3年連続40回目)
・文教学院大女子(2年ぶり9回目)

千葉
柏井(2年ぶり16回目)

神奈川
・大和南(13年連続14回目)
・伊勢原(3年ぶり17回目)

山梨
増穂商業(3年連続30回目)

長野
松商学園(2年連続16回目)

新潟
中越(初出場)

富山

富山第一(5年連続10回目)

石川
金沢商業(16年連続43回目)

福井

福井工大福井(4年ぶり4回目)

静岡
富士見(5年連続10回目)

愛知

豊橋中央(8年ぶり14回目)

岐阜
益田清風(3年ぶり3回目の出場)

三重
三重(2年ぶり2回目)

滋賀
近江(2年連続12回目)

和歌山
和歌山信愛(4年連続33回目)

奈良
奈良女子(2年ぶり28回目)

京都
京都橘(19年連続21回目)

大阪
・金蘭会(7年連続7回目)
・四天王寺(2年ぶり44回目)

兵庫
氷上
(2年連続34回目の出場)

岡山
就実(4年連続41回目)

広島
進徳女子(5年連続9回目)

鳥取
岩美(初出場)

島根
安来(2年連続35回目)

山口
誠英(28年連続38回目の出場)

香川
高松南(2年連続3回目)

徳島
城南(6年連続10回目)

愛媛
松山東雲(2年連続4回目)

高知
高知南(初出場)

福岡
誠修(7年ぶり17回目)

佐賀
佐賀清和(3年連続11回目)

長崎

聖和女子学院(20年ぶり3回目)

熊本
鎮西(2年連続2回目)

大分
東九州龍谷(18年連続33回目)

宮崎
都城商業(3年ぶり7回目)

鹿児島
鹿児島南(14年ぶり4回目)

沖縄
西原(3年連続7回目)


春高バレー 2018 女子注目選手・優勝候補は!?


春高バレー 2018 女子 組み合わせ抽選会

 
スポンサードリンク





 




 

 - Sports