箱根駅伝予選会 2019 テレビ放送(中継)予定と距離変更が気になる!

      2018/10/14

 

 
2018年10月13日(土)第95回箱根駅伝予選会が行われます。

予選会は前回の本戦10位以内に与えられるシード権を持っていない学校が参加。
各校上位10人の合計タイムで順位を決めます。

 

本戦出場をかけ全力で走る選手たちの姿は胸を打つものがありますが、予期せぬアクシデントにより本戦に進めず肩を落とす選手たちもいます。

前回の予選会では名門の明大と日大が無念の予選敗退となりました。

明大はエース坂口裕之選手が発熱により欠場。
また、給水所で転倒し棄権した選手もおり、残念ながら13位に。
10年ぶりに本戦出場を逃しました。

一方、日本大学は主力の山崎一輝選手と加藤拓海選手が欠場。
頼みのケニア人留学生P・ワンブィ選手もレース中の腹痛でタイムを稼ぐことができず個人4位(それでも上位ですが…)。

日大は惜しくも11位で、6年ぶりに本戦出場に進むことができませんでした。

しかし、日本大学は今回、「関東インカレ成績枠」で予選会免除、本戦に出場することができます。

 

2019年1月2、3日に開催される「箱根駅伝」の出場権をかけた予選会ではどのようなドラマが待っているのでしょうか。

ここからは、2019箱根駅伝予選会の日程や参加校、テレビ放送(中継)、そして距離の変更により気になる点についてまとめました。
 


※第95回箱根駅伝予選会の結果上位11校、個人成績 上位10人を下にまとめていますので、どうぞご覧ください。

 


スポンサーリンク


 
 

開催日時

 

2018年10月13日(土)

午前9時35分スタート

 

場所

 

東京 立川市陸上自衛隊立川駐屯地~

立川市街地~

国営昭和記念公園

 

出場校数変更

 

95回記念大会につき本大会の出場校数は23チーム(関東学生連合含む)

 

 
前回大会優勝の青学大をはじめ上位10校はシード校としてすでに本戦出場権を獲得。
 
【シード校】
 
・青山学院大
・東洋大
・早稲田大
・日本体育大
・東海大
・法政大
・城西大
・拓殖大
・帝京大
・中央学院大
・関東学生連合
 

 

 
今大会は「関東インカレ成績枠」として1校に参加権が与えられている。
→ 日本大学が予選会免除で本戦に出場。

関東学生陸上競技連盟は2014年4月、関東学生対校選手権男子1部の14~18年の5大会の総合得点が最も多い大学に「関東インカレ成績枠」として出場権を与えることが決定。
 

 

 
予選会から本戦の出場校数は11チーム。
 
【予選会出場校】
 

第95回箱根駅伝予選会の主な出場校は以下の通り。

 

・順大
・駒大
・神奈川大
・国学院大
・中大
・大東大
・東京国際大
・山梨学院大
・国士舘大
・上武大
・創価大
・明大
・専大
・麗沢大
・東農大
・日本薬科大
・流経大
・筑波大
・亜大
・桜美林大

 

 


スポンサーリンク


 
 

競技方式

 

各校登録された14人の中から12人が一斉スタートし、上位10人の合計タイムで本戦出場権を争う競技方式は変更なし。

 

 

距離変更

 

前回大会の予選会までは、20kmの距離だったコースが、95回大会以降の予選会からハーフマラソン(21.0975km)で行われます。

予選会コースはこれまでと変わらず陸上自衛隊立川駐屯地(スタート)~立川市街地~国営昭和記念公園(ゴール)。
 
駐屯地の滑走路を2周から3周とするなどして距離を調整するようです。
 
 

箱根駅伝予選回テレビ放送(中継)

 

 

日本テレビ(地上波)

2018年10月13日(土)
9:25~11:25

※一部地域を除く

 

 

BS日テレ

2018年10月13日(土)
19:00~20:54

※再放送

 

日テレジータス

第95回 箱根駅伝予選会 日テレジータス特別編

2018年10月20日(土)
20:00~22:30

2018年10月26日(金)
19:00~21:30

※再放送
 

 


スポンサーリンク


 
 

見どころ

 

95回記念の予選会から本大会への出場権を獲得できるのは例年より1校増えて11校

また、前回大会まで競技距離20kmだったのがハーフマラソン(21.0975km)に延びるんですね。

1.0975kmの延長により予選会では、どんなドラマが待っているのかが気になるところです。

 

新聞記事によると、20kmからハーフマラソンに延長された点について、ほとんどの監督さんが歓迎とのこと。

多くのエリートマラソン大会において、初マラソン選手の参加標準記録はハーフマラソンで設定されていることや、箱根駅伝本戦も10区間中7区間が21キロ以上なので本番につながるなど延長されたメリットは大きいようです。

ただ、20kmでも残りわずかの所で順位がめまぐるしく変わっていたので、延長された1.0975kmで順位が大きく変わることは十分にあり、力の差が出るとの声もありました。

また、コースはこれまでと変わらず、延長距離は駐屯地の滑走路を2周から3周とするなどして調整されるようですが、序盤の滑走路は走りやすいため例年ハイペースになっているとのこと。

滑走路を2周から3周となると、さらにペースが速くなることが予想されるので終盤の落ち込みをいかに押さえるかが重要となります。

10月13日の箱根駅伝予選会、貴重な箱根駅伝の切符を掴み取るのはどの学校でしょうか。目が離せません!
 


スポンサーリンク


 

第95回箱根駅伝予選会 結果

 

【上位11校】

 
1位 駒澤大
(10:29:58)

2位 順天堂大
(10:36:58)

3位 神奈川大
(10:39:16)

4位 国学院大
(10:40:38)

5位 明治大
(10:41:06)

6位 東京国際大
(10:41:15)

7位 大東文化大
(10:42:16)

8位 中央大
(10:42:55)

9位 国士舘大
(10:45:39)

10位 山梨学院大
(10:46:27)

11位 上武大
(10:46:51)

 

以上、11位までが本大会出場を決めました。
 
--------------------
 

12位 麗澤大
(10:48:41)
 
麗澤大は、予選会で過去最高順位を記録しましたが、惜しくも1分50秒届かず12位に終わりました。
 

 
 

【個人成績上位10人】

 

1位 レダマ・キサイサ(桜美林大)
1:00:44

2位 塩尻和也(順天堂大)
1:01:22

3位ライモイ・ヴィンセント(国士舘大)
1:01:49

4位 ドミニク・ニャイロ(山梨学院大)
1:01:50

5位 片西景(駒澤大)
1:01:50

6位 堀尾謙介(中央大)
1:01:57

7位 浦野雄平(国学院大)
1:02:02

8位 阿部弘輝(明治大)
1:02:16

9位 ジェームズ・ブヌカ(駿河台大)
1:02:22

10位 サイモン・カリウキ(日本薬科大)
1:02:23
 

 


スポンサーリンク


 
 

 - Sports