なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

箱根駅伝 2018 日本体育大学 エントリーメンバー・注目選手・戦力分析

      2017/12/08

 

2018年1月2日(火)~3日(水)に、
正月恒例の箱根駅伝が開催されます。

70年連続70回目の出場となる
日本体育大学。

 

前回の箱根駅伝は、
11時間15分39秒で総合7位。

往路で苦戦しましたが
6区(20.8キロ) 秋山清仁選手(愛知製鋼)が
13位から7位へと6人のごぼう抜きを演じ
2年連続区間新記録(58分1秒)をマーク、
最優秀選手に選ばれました。

 

そんな
秋山選手が卒業し、
今季の日体大は、
戦力ダウンが懸念されていました。

6月に行われた
全日本大学駅伝関東予選会では、
上位通過が予想されていましたが、
まさかの落選…

全日本の出場権がないため
出雲駅伝は、
箱根駅伝前の唯一の実践となりました。

 

しかし、
出雲駅伝では
東海大、青学大に続き
3位という結果を残した日体大。

箱根駅伝の結果も楽しみです。
 
 

ここからは、
日本体育大学の選手メンバー (エントリーメンバー)、
注目選手、戦力分析についてまとめました。

 
 
スポンサードリンク




日本体育大学 出場メンバー紹介

 

【監督】
渡辺正昭(54歳)
 
辻野恭哉(4年 主将)
【生年月日】1995年10月30日
【出身校】伊賀白鳳
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分58秒25

小町昌矢(4年)
【生年月日】1996年1月30日
【出身校】藤沢翔陵
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分48秒75

重松尚志(4年)
【生年月日】1995年6月27日
【出身校】松山工
【自己ベスト記録(5000メートル)】
14分15秒18

城越勇星(4年)
【生年月日】1995年10月1日
【出身校】豊川工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分23秒

住田優範(4年)
【生年月日】1996年1月8日
【出身校】西京
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分31秒50

徳田亮太(4年)
【生年月日】1995年7月2日
【出身校】東京実
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分11秒38

富安央(4年)
【生年月日】1996年3月7日
【出身校】豊川工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分49秒53

吉田亮壱(4年)
【生年月日】1995年4月17日
【出身校】大牟田
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分52秒53

酒匂郁海(3年)
【生年月日】1996年6月20日
【出身校】大阪
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分07秒

三原卓巳(3年)
【生年月日】1997年1月1日
【出身校】洛南
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分13秒

宮崎勇将(3年)
【生年月日】1996年6月28日
【出身校】千原台
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分11秒

室伏穂高(3年)
【生年月日】1996年8月9日
【出身校】加藤学園
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分14秒

森崎拓海(3年)
【生年月日】1996年4月5日
【出身校】倉敷
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分28秒34

山口晟弥(3年)
【生年月日】1996年10月17日
【出身校】大牟田
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分47秒06

好貴久(2年)
【生年月日】1997年8月8日
【出身校】鳥栖工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分30秒

小松力歩(2年)
【生年月日】1997年10月15日
【出身校】学法石川
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分50秒09

白永智彦(2年)
【生年月日】1998年1月29日
【出身校】洛南
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分30秒

冨田真佑(2年)
【生年月日】1997年4月11日
【出身校】西脇工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分15秒56

中川翔太(2年)
【生年月日】1997年8月17日
【出身校】九州学院
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分59秒46

廻谷賢(2年)
【生年月日】1997年8月27日
【出身校】那須拓陽
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分57秒11

森田諒太(2年)
【生年月日】1997年7月11日
【出身校】西条農
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分14秒82

山口和也(2年)
【生年月日】1997年8月25日
【出身校】世羅
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分23秒07

岩室天輝(1年)
【生年月日】1999年1月7日
【出身校】大牟田
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分02秒12

亀田優太朗(1年)
【生年月日】1998年7月1日
【出身校】浜松日体
【自己ベスト記録(5000メートル)】
14分28秒07

 

エントリー選手

 
エントリー選手は発表され次第追記します。
 
 
 
スポンサードリンク





 

日本体育大学 戦力分析

 

6月に行われた
全日本大学駅伝関東予選会。

日体大は残念ながら落選したため
全日本駅伝の出場権が獲得できませんでした。

ここでは、
箱根駅伝前の唯一の実践となった
出雲駅伝の結果を見ていきます。

 

 

【日本体育大学 出雲駅伝の結果】

6区間 45.1キロ 2時間14分39秒(3位)

 

1区(8.0キロ) 吉田亮壱(4年)
23分44秒 (区間6位)

2区(5.8キロ) 山口和也(2年)
16分39秒(区間9位)

3区(8.5キロ) 小町昌矢(4年)
25分17秒(区間6位)

4区(6.2キロ) 三原卓巳(3年)
19分0秒(区間8位)

5区(6.4キロ) 富安央(4年)
19分19秒(区間2位)

6区(10.2キロ) 辻野恭哉(4年)
30分40秒(区間3位)
 

 

6月18日に行われた全日本大学駅伝関東予選会を
次点の10位で落選した日体大ですが、
渡辺監督によれば
これまでピリッとしていなかった4年生が
危機感を持つようになるなど
結果的に良い方向へ向かっているといいます。

 

2015年に渡辺正昭監督が就任して以来
恒例となっている
1ヶ月半に及ぶ超長期の夏合宿では、
長野の富士見高原、黒姫高原、菅平高原を移動しながら
徹底的に心身を鍛えてきたという日体大。

箱根では、
チーム全員で上位を狙ってほしいです。

 
スポンサードリンク





 
関連記事
箱根駅伝 2018 出場校 エントリーメンバー・注目選手・戦力分析一覧


2018年 箱根駅伝 予選会


箱根駅伝 2018 優勝候補・注目選手・展望

 

 - Sports