なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

箱根駅伝 2018 中央学院大学 エントリーメンバー・注目選手・戦力分析

      2017/12/08

 

2018年1月2日(火)~3日(水)に、
正月恒例の箱根駅伝が開催されます。

前回の箱根駅伝で総合6位だった中央学院大は、
今季、
出雲駅伝8位、
全日本大学駅伝ではシード権獲得の6位という成績。

青学大、東海大、神奈川大の3強を追う箱根では、
さらなる飛躍が期待されます。

 

ここからは、
中央学院大学の選手メンバー (エントリーメンバー)、
注目選手、戦力分析についてまとめました。

 

スポンサードリンク




 

中央学院大学 出場メンバー紹介

 

【監督】
川崎勇二(55歳)
 

新井翔理(4年 主将)
【生年月日】1995年6月5日
【出身校】東農大二
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分28秒

大森澪(4年)
【生年月日】1995年10月23日
【出身校】関大北陽
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分56秒05

細谷恭平(4年)
【生年月日】1995年8月31日
【出身校】水城
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分25秒49

由見光道(4年)
【生年月日】1996年1月4日
【出身校】鶴崎工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分36秒

水野優(4年)
【生年月日】1995年12月27日
【出身校】市船橋
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分42秒11

国沢昇平(4年)
【生年月日】1995年7月7日
【出身校】尽誠学園
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分46秒09

廣佳樹(3年)
【生年月日】1996年6月18日
【出身校】県西宮
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分08秒46

福岡海統(3年)
【生年月日】1996年4月4日
【出身校】花咲徳栄
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分15秒89

市山翼(3年)
【生年月日】1996年4月8日
【出身校】大宮東
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分27秒97

樋口陸(3年)
【生年月日】1995年4月8日
【出身校】武蔵越生
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分33秒75

実政瑛久(3年)
【生年月日】1996年7月16日
【出身校】如水館
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分40秒73

光武洋(3年)
【生年月日】1996年12月6日
【出身校】大体大浪商
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分20秒94

石井海(3年)
【生年月日】1996年11月19日
【出身校】利府
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分54秒

下川和樹(3年)
【生年月日】1996年4月24日
【出身校】飾磨石
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分55秒53

釜谷直樹(3年)
【生年月日】1996年4月7日
【出身校】西脇工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分52秒11

森田智哉(3年)
【生年月日】1996年11月15日
【出身校】東播磨
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分22秒43

高砂大地(2年)
【生年月日】1998年3月11日
【出身校】関大北陽
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分54秒13

横川巧(2年)
【生年月日】1998年1月30日
【出身校】中之条
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分29秒

藤田大智(2年)
【生年月日】1997年10月14日
【出身校】西脇工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分52秒22

有馬圭哉(2年)
【生年月日】1997年5月28日
【出身校】東播磨
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分28秒

川村悠登(2年)
【生年月日】1997年11月21日
【出身校】中央学院
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分11秒15

高橋翔也(1年)
【生年月日】1998年4月8日
【出身校】市船橋
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分02秒98

戸口豪琉(1年)
【生年月日】1999年3月14日
【出身校】武蔵越生
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分14秒25

畝歩夢(1年)
【生年月日】1998年4月24日
【出身校】倉敷
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分27秒17

 

エントリー選手

エントリー選手は発表され次第追記します。
 
 

スポンサードリンク




 

中央学院大学 戦力分析

 

まずは、
今年の出雲駅伝と全日本駅伝の結果からみていきます。
 

 

【中央学院大学 出雲駅伝の結果】

6区間 45.1キロ 2時間16分14秒(8位)

 

1区(8.0キロ) 大森澪(4年)
23分29秒 (区間3位)

2区(5.8キロ) 横川巧(2年)
16分16秒(区間4位)

3区(8.5キロ) 高砂大地(2年)
25分38秒(区間9位)

4区(6.2キロ) 廣佳樹(3年)
18分41秒(区間3位)

5区(6.4キロ) 高橋翔也(1年)
19分48秒(区間6位)

6区(10.2キロ) 福岡海統(3年)
32分22秒(区間14位)

 

今季の出雲駅伝は2時間16分14秒で8位。

9月に1万メートルで
28分29秒12をマークし
自己ベストを更新した横川巧選手は、
2区4位と好走。

 

 

 

【中央学院大学 全日本駅伝の結果】

8区間 106.8キロ 5時間17分59秒(6位)

1区(14.6キロ) 大森澪(4年)
43分38秒(区間6位)

2区(13.2キロ) 新井翔理(4年)
39分14秒(区間9位)

3区(9.5キロ) 廣佳樹(3年)
27分57秒(区間8位)

4区(14.0キロ) 高砂大地(2年)
41分05秒(区間10位)

5区(11.6キロ) 市山翼(3年)
35分05秒(区間6位)

6区(12.3キロ) 高橋翔也(1年)
36分18秒(区間6位)

7区(11.9キロ) 有馬圭哉(2年)
35分12秒(区間7位)

8区(19.7キロ) 細谷恭平(4年)
59分30秒(区間9位)

 

昨年5位だった中央学院大学は、
新井翔理主将を2区で起用。

出雲駅伝で好走を見せた横川選手ですが、
全日本は故障で欠場しました。

結果は6位でシード権獲得。

 

 

続いて、
中央学院大の前回の箱根駅伝を振り返ってみます。

中央学院大の総合成績は、
11時間15分25秒で6位。
・往路 5時間38分20秒
・復路 5時間37分5秒

 

 

10区間ある箱根路を制するためには、
選手層の厚さと
レース序盤に流れに乗れるかどうか、
そして、
箱根駅伝特有の山の区間での走りが
重要になってきますが、
箱根路で中央学院大の強みといえば山の区間です。

 

前回、
中央学院大は、
急な坂を上る最もハードなコース5区で
区間3位だった細谷恭平選手(4年)と
山下りの6区で区間5位だった樋口陸選手(3年)の
合計タイムが2時間12分57秒でトップの成績でした。

2人は今季もチームに残っており
スペシャリストが求められる山区間では
優位に立てそうな気もしますが…
気になるのは、
樋口選手が故障のため夏の練習を離脱していること。

樋口選手の回復ぶりが勝負の鍵となりそうです。

 
スポンサードリンク





 
関連記事
箱根駅伝 2018 出場校 エントリーメンバー・注目選手・戦力分析一覧


2018年 箱根駅伝 予選会


箱根駅伝 2018 優勝候補・注目選手・展望

 


 

 - Sports