箱根駅伝 2018 中央大学 エントリーメンバー・注目選手・戦力分析

      2018/01/21

 

2018年1月2日(火)~3日(水)に、
正月恒例の箱根駅伝が開催されます。

前回の予選会で
本大会出場ライン ぎりぎりの10位を争い、
結果、わずか44秒差で11位…
連続出場記録が87回で途切れてしまった中央大学が、
歴史的敗戦を乗り越え
今回、箱根路に帰ってきます。

 

ここからは、
2年ぶりに本戦出場を決めた
中央大学の選手メンバー (エントリーメンバー)、
注目選手、戦力分析についてまとめました。

 




スポンサーリンク

 

中央大学 出場メンバー紹介

 

【監督】
藤原正和(36歳)
 

舟津彰馬(2年 主将)
【生年月日】1997年9月25日
【出身校】福岡大大濠
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分02秒63

竹内大地(4年)
【生年月日】1996年1月31日
【出身校】中京大中京
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分12秒72

蛭田雄大(4年)
【生年月日】1995年5月4日
【出身校】学法石川
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分57秒02

江連崇裕(4年)
【生年月日】1995年10月10日
【出身校】水城
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分58秒97

石黒和寿(4年)
【生年月日】1996年12月12日
【出身校】豊川
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分58秒08

神崎裕(3年)
【生年月日】1996年12月24日
【出身校】西京
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分39秒10

苗村隆広(3年)
【生年月日】1996年5月14日
【出身校】西脇工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分52秒83

堀尾謙介(3年)
【生年月日】1996年8月12日
【出身校】須磨学園
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分34秒54

茂川聖真(3年)
【生年月日】1996年10月1日
【出身校】島田
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分35秒

関口康平(3年)
【生年月日】1995年12月25日
【出身校】幕張総合
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分06秒97

中山顕(3年)
【生年月日】1997年2月24日
【出身校】伊奈学園総合
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分16秒49

冨原拓(2年)
【生年月日】1998年3月29日
【出身校】尽誠学園
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分41秒04

安永直斗(2年)
【生年月日】1997年6月11日
【出身校】世羅
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分47秒58

二井康介(2年)
【生年月日】1997年4月5日
【出身校】藤沢翔陵
【自己ベスト記録(10000メートル)】
28分56秒

岩佐快斗(2年)
【生年月日】1997年9月20日
【出身校】大磯
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分09秒06

岸俊樹(2年)
【生年月日】1997年11月27日
【出身校】国学院久我山
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分56秒09

池田勘汰(1年)
【生年月日】1998年9月5日
【出身校】玉野光南
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分37秒32

畝拓夢(1年)
【生年月日】1998年4月24日
【出身校】倉敷
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分35秒83

大森太楽(1年)
【生年月日】1998年8月16日
【出身校】鳥取城北
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分53秒42

加井虎造(1年)
【生年月日】1998年11月5日
【出身校】西脇工
【自己ベスト記録(10000メートル)】
29分46秒

川崎新太郎(1年)
【生年月日】1998年10月8日
【出身校】水口東
【自己ベスト記録(10000メートル)】
30分11秒96

真田翼(1年)
【生年月日】1999年1月5日
【出身校】浜松商
【自己ベスト記録(5000メートル)】
14分18秒26

萩原璃来(1年)
【生年月日】1998年12月24日
【出身校】東農大二
【自己ベスト記録(5000メートル)】
14分34秒81

三須健乃介(1年)
【生年月日】1998年6月16日
【出身校】韮山
【自己ベスト記録(10000メートル)】
31分10秒45
 

 

エントリー選手

 
選手として登録できるのは、
各区の正選手10人と控え選手6人の
16人以内。
 
舟津 彰馬 主将
竹内 大地
江連 崇裕
堀尾 謙介
苗村 隆広
神﨑 裕
中山 顕
関口 康平
安永 直斗
冨原 拓
岩佐 快斗
池田 勘汰
畝 拓夢
大森 太楽
加井 虎造
川崎 新太郎
 




スポンサーリンク

 

中央大学 戦力分析

 

まずは、
箱根駅伝予選会の結果をみていきます。

 


【 中央大学 予選会成績】

総合タイム 10時間06秒03

 

前回の予選会で10位とわずか44秒差の11位で
88大会ぶりに本戦出場を逃した中央大は、
2年生の舟津彰馬主将、中山顕選手(3年)、
堀尾謙介選手(3年)の3人が59分台で走破、
無念の予選敗退を乗り越え
前回より10分58秒もタイムを縮めて
予選3位通過。

2年ぶりの大舞台に向け
藤原正和監督は、
「予選会はこれで最後にしたい」と
シード権獲得に意欲を燃やしています。

 

 

中央大学の注目選手は、
予選会で本戦の主要区間でも
勝負できる59分台をマークした
舟津彰馬主将、中山顕選手、
堀尾謙介選手。

 

この3人を1~3区に投入する予定のようですが、
序盤でレースの流れに乗るために鍵となる
「花の2区」は、
予選会で59分36秒、
8位(日本人2位)と健闘した中山選手が
走るのでしょうか。

 

2年ぶりの晴れ舞台に挑む中央大、
総合8位を目標にシード権獲得を狙います。
 




スポンサーリンク

 

関連記事
箱根駅伝 2018 出場校 エントリーメンバー・注目選手・戦力分析一覧


2018年 箱根駅伝 予選会


箱根駅伝 2018 優勝候補・注目選手・展望

 

 - Sports