フリーナンスとは!?フリーランス(個人事業主)の方に超オススメの保険サービスが登場!

   

 

最近、フリーランスとして働く方が増えていますね。
 
そして、これからもフリーランスとして働く方は増えて行くと言われています。
 
 
フリーランスとは響きはいいですが、想像以上に大変な思いや苦労されている方も多いのではないでしょうか?
 
そういう私もフリーランスを目指しているので、不安が無いわけではありません。
 
 
そんな中、フリーランスの味方になるかもしれない保険サービスが登場しました。
 
その名も「フリーナンス」というネーミングの商品。
 
なんか「フリーランス」と「ファイナンス」という言葉を足して2で割ったようなネーミングなのですが、とても魅力的な商品・サービスになっています。
 
サービスの内容を簡単に言えば、報酬を安定させるための「損害保障保険・収納代行」サービスといった感じでしょうか。
 
私にとっても興味深く、この先 お世話になるかも知れないということで今回は「フリーナンス」についてまとめてみたいと思います。
 



 

フリーナンスの特徴は?

フリーナンスの特徴は、日本で初めてのフリーランス向け収納代行サービス
即日払いサービス
を行っているところです。
 
2018年10月に立ち上げられましたが、多数のメディアで取り上げられ、ツイッターやブログなどでも話題になっています。
 
ここからはフリーナンスのサービス内容をもう少し詳しく紹介したいと思います。
 

① フリーナンス振込専用口座


まずはフリーナンス振込専用口座についてですが、振込専用口座を開設することで、請求書を記載すだけではなく、クラウドソーシングサービスや各種アプリストアの報酬振込先としても利用できます。

クラウドソーシングとは、簡単に言えば「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注する」ということ。

データ入力などの仕事や最近では「ココナラ」というクラウドソーシングサイトもあり、自分のスキルを使い、サービスの売買するという方もいっらっしゃいます。

フリーナンス振込専用口座を振込先にすることで発注先に対して信用を与えることがメリットの一つではないでようか。

あとは、即日払いサービスや与信スコアアップサービスなどフリーナンス独自のサービスを利用することができます。

また、振込専用口座に振り込まれた報酬は、毎週1回あなた自身の口座へ降り替えられます。
(振込手数料も「フリーナンス」負担)

 

② 即日払い


 

 
即日払いについてですが、例えばクライアントから報酬を振り込まれるまで時間がかかったとしても、「フリーナンス」では即日払いを行ってくれます。
 
クラウドソーシングなどは、すぐにクライアントから報酬を振り込まれるとも限りませんので、即日払いはとても有難いサービスですね。
 
仕組みはあなたの請求書(売掛債権)を買い取ってくれて、その代金を即日、あなたのメインバンクに振り込まれるという流れになっています。
 
しかも取引先には即日払いの利用は知らされないため、そのあたりも配慮されたサービスと言えますね。
 
手数料は請求書額面の3.0%~買い取り限度額は最高300万円までとなっています。
 
フリーナンス振込専用口座を使えば使うほど手数料は下がり、限度額は上がっていきます。
 

現在のところ、即日払いについては有料となっていますので、即日払いを利用せずに済むことがベストだと言えます。
 
ただ、ビジネスの中で急にお金が必要なときもあるかと思いますので、そんなときに役立つサービスですね。
 

また、売り上げはあるのに、現金がないという「黒字倒産」のリスクも軽減できそうです。
 
 

③ あんしん保障


 

あんしん保障ですが、「フリーナンス」ではお仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償(最高5000万円)を行ってもらえます。

そのほか、情報漏えいや、著作権侵害、偶然の事故による納期遅延などを原因とするフリーランス特有の事故まで補償してもらえます。

即日払いは「収納代行サービス」でしたが、こちらは「損害保障保険サービス」になります。

フリーランスの仕事の種類は色々とありますので、仕事内容で異なる部分はあるかもしれませんが、お仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を補償してもらえるというのは有難いことです。

会社員なら仕事上の事故はある程度は会社が守ってくれますが、フリーランスの場合は仕事上の事故は基本的には自己責任になります。

フリーナンスでは、アカウントを無料開設するだけで、「あんしん保障」が全ユーザーに自動付帯ということで、ここが1番のメリットとも言えるサービスではないでしょうか。
 



 

フリーナンスのメリット

 

 

【好きな名前が選べる】

 
フリーナンス振込専用口座の口座名義は、あなたのお名前や会社名のほか屋号やペンネームなどでもつけることができます。

わかりやすくクラウドソーシングの仕事で例えるなら、クラウドソーシングで仕事を行った場合、クライアントから報酬を振り込まれるわけですが、個人の方は報酬の振込先を自分の口座ということになります。

フリーナンス振込専用口座は本名でなくてもいいので、名前がバレなくて済むということになりますので、その方が都合がいいと思われる方もいるのではないでしょうか。
 
 

【利用料・振込手数料が無料】

 
振込専用口座は利用料も口座維持手数料も一切かかりません。
 
 

【使えば使うほど与信スコアアップ】

 
振込専用口座への入金回数や入金額に応じて、フリーナンスの与信スコアがアップ。
与信スコアがアップすることで、即日払いの限度額が上がったり、手数料が低くなったりします。
 
このサービスも大きいですね。
即日払いに関しては手数料がもっと低くなれば、利用する頻度が増えそうです。
 
 

【発注企業も安心】

 
フリーナンスではユーザー登録の審査時に(株)SPネットワーク社の提供する反社会的勢力データベースをはじめとした複数の反社データベースに登録情報を照会し、その後、金融庁の定めた本人確認手続きに準じた本人確認後にユーザー登録を行っています。
 
また、全ユーザーに「あんしん保障」(損害賠償保険)が掛けられているため、万が一の業務上のトラブルにもユーザーだけではなく、発注企業さまも守られる仕組みになっています。
 
 

申し込み ~ 口座開設までの手順


 

①まずはフリーナンスのホームページをクリック。

 

②「今すぐ無料で登録する」をクリック。

 

③口座開設のページでメールアドレスを入力。

FacebookなどのSNSからでも口座開設ができます。
 

④入力したメールアドレスに「フリーナンス」からメールが来る。

 

⑤メール本文に記載されているURLをクリック。

 
口座開設手続きを進めます。
 
 
「パスワードを設定する」というページになるので、パスワードを決めて、利用規約にチェックを入れる。
 

⑥「設定する」をクリック。

「口座開設・ご利用者様情報登録」のページになるので、そこで名前や屋号、生年月日、性別、住所、業種、月間売上平均など必要に応じて入力していきます。
 

⑦口座情報を入力。

次は「口座開設・口座情報登録」のページになるので、フリーナンスから自分の口座へお金を移したいときの
口座情報を入力します。
 

⑧次は「口座開設・身分証明書登録」のページ。

有効期限内の運転免許証、パストート、写真付住民基本台帳カード、障害者手帳のいずれかから、写真と現住所が記載されている面を撮影・スキャンしたものをアップロードします。
※ドラック&ドロップでアップロードも可能です。
 

⑨「口座開設・お申し込み内容確認」のページ

最後に「口座開設・お申し込み内容確認」のページなるので、問題なければ「この内容で申し込む」をクリックします。
 
そうするとフリーナンスから「お申し込み完了のお知らせ」のメールが届きます。
 
 
以上がフリーナンスの申し込みから口座開設までの流れになります。
 
お申し込みはこちらから⤵️



 

まとめ

 
今回は「フリーナンス」についてまとめてみましたが、「メリットしかない」と言っても過言ではない内容になっています。

これまでフリーランスとして踏み出せなかった方にとっても大きなきっかけになりそうです。

 

また、すでにフリーランスとして生計を立てている方にとっても不安や心配など軽減できる内容になっていると思いました。

私も現在、会社員をしながら副業を行っていて、フリーランスとして生計は立てるまでには至っていませんが、報酬もある状態なので「フリーナンス」の利用も検討しています。

私の場合もクライアントからの報酬が振り込まれる日にちが決まっていて、すぐに報酬が振り込まれるわけではないので、「フリーナンス」の即日払いは魅力的です。
また、「あんしん保障」という損害保障保険サービスも不安や心配など軽減できて、メリットのある内容だと思いました。

ということで、同じような方も多いと思いますので、一度「フリーナンス」をチェックしてみてはどうでしょうか。
 
お申し込みはこちらから⤵️



 

 - Topic