【大学生】2019年ドラフト候補選手一覧!

      2018/11/15

 

2018年10月25日に、ドラフト会議が行われました。

今年は1位指名で根尾 昂選手、藤原恭大選手、小園海斗選手に指名が集中し、この3人の高校生野手が評価が高かったですね。

とはいえ、大学生も松本 航投手を西武が1位指名し、注目されていた東洋大学の上茶谷大河投手は外れ1位ですが、DeNAが指名。

ソフトバンクが甲斐野 央投手を外れ1位で指名。中日ドラゴンズがドラフト2位で梅津晃大投手を指名しました。

その他、巨人は高橋優貴投手を外れ1位で指名、ヤクルトは清水昇投手を外れ1位で指名、大学生野手では辰己涼介選手が楽天に外れ1位で指名されました。

大学生も評価の高い選手が多かったように思います。

ただ、2019年もドラフト会議で上位指名されそうな選手が多くいます。

ということで今回は一足先に2019年のドラフト会議で上位指名されそうな大学生をまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 

2019年ドラフト候補の大学生選手
【投手】

森下暢仁(明治大学)

身長181cm 体重72kg 右投右打

自己最速154キロの本格派右腕。大分商出身で3年時にはU–18侍ジャパンに選出された投手です。
高校時代も評価の高い投手で、今年プロ野球志望届を提出していれば、ドラフト候補で指名を受けていたと思うのですが、進学を希望しました。
大学でも順調にレベルアップし、現段階でも評価は特Aと言われており、2019年のドラフトでは目玉選手となりそうです。


YouTubeより引用

 

津森宥紀(東北福祉大学)

身長177cm 体重75kg 右投右打

MAX149キロの右のサイドスロー投手。
和歌山東高出身の投手で、和歌山東高時代にサイドスローに転向しエースとしてチームをけん引。
高校時代は甲子園出場は出来ませんでしたが、評価の高い投手でした。
東北福祉大で順調にレベルアップしエースに成長、3年春には日本一に貢献しました。
リリーフとしてフル回転の活躍を見せており、2019年のドラフトでも上位指名候補選手です。


YouTubeより引用

 

田中誠也(立教大学)

身長170cm 体重60kg 左投左打

MAX141キロの立教大学のエース左腕投手。大阪桐蔭出身。
大阪桐蔭では1年秋からベンチ入りを果たし、2年夏では甲子園で優勝、田中投手も2試合に先発、チームに貢献しました。
3年春も選抜でベスト4に貢献。大学進学後も順調にレベルアップし、3年夏には大学日本代表に選出され、日米大学野球とハーレム国際野球大会に出場を果たします。
オリックスの由田スカウトは「緩急をつけた投球とテンポの良さがいい。将来的に、ヤクルトの石川さんのようになるかもしれない」と話しており、プロのスカウトからも評価が高い投手です。


YouTubeより引用

 

西村雅暉(上武大学)

身長185cm 体重76kg 右投右打

MAX149キロの本格派右腕。熊本国府出身。
熊本国府では1年秋からエースで4番を任された選手です。
3年夏はケガもあり投手としての登板は無く、打者に専念しました。
ただ、投手としての評価は高く、プロ野球志望届を提出すれば指名されていたかもしれない選手。
進学を希望し、上武大学でプレー。
上武大学では1年春からリーグ戦で登板、投手として着実にレベルアップしており、2019年のドラフトでも上位指名候補選手として注目です。


YouTubeより引用

 

朝山広憲(法政大学)

身長176cm 体重78kg 右投左打

作新学院出身。作新学院時代は1年生でエースに抜擢されますが、その後は肘を痛めたりし、3年時は投手より打者としての評価が高かった選手です。
法政大学では、主にリリーフとして登板していますが、まだまだ思うような投球は出来ていないのではないでしょうか。
能力が高い投手なので、この1年の活躍次第ではドラフト候補として注目されそうです。


YouTubeより引用

 

中野祐一郎(法政大学)

身長183cm 体重80kg 右投右打

白樺学園出身。白樺学園では1年生から控え投手として、ベンチ入りを果たしました。
3年時には背番号「10」ながら河村説人との二枚看板で甲子園に出場。
高校時代から評価されていましたが、プロ野球志望届は提出せず、法政大学へ進みました。
進学後は思ったような投球はできていませんが、高校時代から評価されていた投手だけに巻き返してもらいたいたいです。


YouTubeより引用

 

上野翔太郎(駒澤大学)

身長173cm 体重74kg 右投右打

中京大中京出身。高校時代は1年夏から控え投手としてベンチ入り。
2年秋からエースになり、チームをけん引しました。
3年夏には甲子園に出場し、安定感のある投球を披露。
夏の甲子園大会後に行われたU–18ベースボールワールドカップで日本代表に選出され、そこでも安定感抜群の投球を披露しています。
プロ野球志望届は提出せず、駒澤大学へ進学していますが、進学後は思ったような投球はできていませでした。
しかし、ここにきて登板機会が増えています。
2019年は、駒澤大学のエース候補として活躍してもらいたいです。


YouTubeより引用

 

小川良憲(駒澤大学)

身長178cm 体重78kg 右投右打

MAX145キロのスリークォーター投手。近江高校出身。
近江高校では、1年秋から控え投手としてベンチ入り。
2年時には選抜(2015年)に出場し、エースとしてチームをけん引しました。
プロのスカウトの評価も高かったのですが、選抜後に小川投手は右肩筋肉の炎症もあり、プロ野球志望届は提出せず、駒澤大学へ進学。
駒澤大学では思ったような投球は出来ていませんが、評価の高かった投手だけに巻き返しに期待したいです。


YouTubeより引用

 

杉山晃基(創価大学)

身長180cm 体重77kg 右投右打

MAX154キロ本格派右腕。盛岡大付出身。
盛岡大付では2年春からベンチ入りを果たします。
3年の夏はエースとしてチームを引っ張りましたが、チームは準々決勝で敗退し甲子園出場とはなりませんでした。
創価大学へ進学し、2年秋のリーグ戦では6勝、防御率1.26で優勝に貢献、一気にブレークしました。
3年春のリーグ戦でも5勝0敗防御率1.71で2季連続で最高殊勲選手に輝きました。
現段階では2019年ドラフトでも上位指名候補と言えそうです。


YouTubeより引用

 

原田泰成(東海大学)

身長180cm 体重92kg 右投右打

MAX151キロのガッチリした体格の本格派右腕。東海大市原望洋出身。
東海大市原望洋では、2年夏に千葉県大会を制しました。
原田投手は背番号「10」ながら7戦中4試合に起用されチームに貢献。
しかし2年の夏以降は、不調もあり、思ったような投球は出来ませんでした。
東海大学に進学後は、1年春からベンチ入りを果たし、1.2年時は主にリリーフでの起用でしたが、3年春のリーグ戦では先発として最優秀投手を受賞しました。
2019年のドラフトでも上位指名候補選手と言えそうです。


YouTubeより引用

 

前田敬太(専修大学)

身長184cm 体重86kg 右投右打

MAX146キロの右腕投手。中部商出身。
中部商(沖縄)では2年秋にエースになります。
3年夏は3回戦敗退。甲子園出場は出来ませんでした。
ただ、沖縄ナンバーワン右腕として注目されていた前田投手。
専修大学では、1年春からリーグ戦に出場しました。
2年春は先発投手での起用でしたが、結果を残せず途中からリリーフにまわりました。
恵まれた体格からゆっくり足を上げ、投げるフォームが印象的な投手で、2019年ドラフト候補と言っていいと思います。


YouTubeより引用

 

中山怜央(佛教大学)

身長185cm 体重84kg 右投右打

常時130キロ台後半のストレートに縦のスライダーが武器。奈良大付出身。
奈良大付では主に控え投手としての起用でしたが、潜在能力の高さを評価され、プロのスカウトからも注目されていました。
佛教大学では、1年春からリーグ戦に出場。
順調にレベルアップしている投手なので、2019年のドラフトでも指名候補に挙がりそうです。


YouTubeより引用

 

浦本千広(九州産業大学)

身長179cm 体重72kg 右投右打

必由館出身。細身ながらMAX147キロ右腕。
必由館では1年夏からベンチ入りを果たしています。
3年夏は右肩を痛めた影響もあり、背番号「6」で控えとしての出場になりました。
必由館出身のプロ野球選手には馬原考浩さんがおり、馬原考浩二世として注目されている投手です。
九州産業大学に進学後は1年春からリーグ戦に出場。
その後も順調にレベルアップしているので、2019年のドラフト候補投手と言っていいと思います。


YouTubeより引用
 


スポンサーリンク


 
 

2019年ドラフト候補の大学生
【捕手】

佐藤都志也(東洋大学)

身長180cm 体重77kg 右投左打

俊足で強肩強打のキャッチャー。聖光学院出身。
聖光学院では、1年秋から正捕手に抜擢。
2年生では控え捕手にまわった時期があるものの、3年で正捕手としてチームをけん引しました。
プロ野球志望届を提出しましたが、指名されず東洋大学へ進学。
東洋大学では、1年春からベンチ入りを果たします。2年春に1塁手としてレギュラーになり、3年春からは正捕手して活躍。
捕手としても評価が高いですが、俊足、強肩ということもあり、捕手以外のポジションもこなせそうです。
現段階ではA評価選手と言っていいと思います。


YouTubeより引用

 

郡司裕也(慶応大学)

身長180cm 体重85kg 右投右打

強肩強打の捕手。仙台育英出身。仙台育英では、1年秋からベンチ入り。
2年秋から新チームで佐藤世那投手とバッテリーを組み、明治神宮大会で優勝しました。
選抜では、2回戦敗退ながら夏の甲子園大会では準優勝を果たしました。
その後に行われたU–18ベースボールワールドカップでも日本代表に選出。
プロ野球志望届は提出せず、慶応大学へ進学しました。
慶応大学では1年秋から正捕手として活躍。現段階ではA評価ではないでしょうか。


YouTubeより引用
 


スポンサーリンク


 

2019年ドラフト候補の大学生
【内野手】

宇草孔基(法政大学)

身長183cm 体重70kg 右投左打

身体能力の高い大型セカンド。常総学院出身。
常総学院では、1年秋からベンチ入りを果たします。
2年秋から1番・セカンドに起用され、県大会で優勝、関東地区大会でもベスト4に入りし、選抜に出場しています。
選抜ではベスト8に貢献。
3年夏は県大会で敗れましたが、脚力を買われ、U–18ベースボールワールドカップの日本代表に選出されました。
法政大学に進学後は思ったような活躍はできていませんが、この1年の活躍次第では2019年のドラフト候補になりそうです。


YouTubeより引用
 

檜村篤史(早稲田大学)

身長181cm 体重78kg 右投右打

木更津総合出身。
高校時代は千葉県ナンバーワン遊撃手としてプロのスカウトからも注目されました。
木更津総合では、1年夏から遊撃手でレギュラー。
2年秋の新チームから4番・遊撃手としてチームをけん引しました。
県大会を制し、関東地区大会で準優勝、選抜出場を果たしました。
選抜では、1回戦の岡山理大付戦でホームランを放つなど活躍。
その後、プロ野球志望届は提出せず、早稲田大学へ進学しています。
早稲田大学では2年春から遊撃手でレギュラー、順調にレベルアップしているので、この1年でさらなる活躍に期待です。


YouTubeより引用
 

2019年ドラフト候補の大学生
【外野手】

勝俣翔貴(国際武道大学)

身長180cm 体重80kg 右投左打

長打力のある左打者。東海大菅生出身。
東海大菅生では1年夏からベンチ入りを果たします。
2年秋の新チームでは3番・エースとしてチームをけん引。
秋季東京都大会を制し、明治神宮大会でもベスト4に輝きました。
選抜では1回戦で大阪桐蔭に敗戦。
3年夏は西東京大会の決勝で敗れました。
夏の甲子園大会後に行われたU–18ベースボールワールドカップで日本代表に選出され、打線の中心となり、首位打者、打点王、ベストナインに輝く活躍を見せました。
大学進学後も順調にレベルアップし、2018年には大学日本代表にも選出されました。現段階ではA評価と言えます。


YouTubeより引用
 

加藤雅樹(早稲田大学)

身長185cm 体重85kg 右投左打

強肩強打の左打者。早稲田実業出身。
早稲田実業では、1年春から6番・レフトでレギュラーに抜擢。
1年秋には4番を任され、強肩を買われ、2年春から捕手に転向しました。
3年夏の甲子園大会では、4番・捕手としてチームをけん引し、ベスト4に輝きました。
早稲田大学に進学後は1年夏に外野手へ転向。
2年生で4番を任されるなど、順調にレベルアップしている選手。現段階ではA評価と言えます。


YouTubeより引用
 

柳町 達(慶応義塾大学)

身長180cm 体重72kg 右投左打

広角に打ち分ける技術とパンチ力が魅力の左打者。
慶応義塾高校出身。
高校時代は1年春から三塁手でレギュラー。
1年夏には3番・サードとして活躍しました。
その後もチームをけん引するものの、甲子園出場は出来ませんでした。
大学進学後は1年春からセンターでレギュラー。
2年時には内野にも挑戦し、3年時には3番打者としてチームをけん引しました。
2019年のドラフト候補と言っていいと思います。


YouTubeより引用
 


スポンサーリンク


 

まとめ

今回は2019年ドラフト会議で指名されそうな大学生についてまとめてみました。

投手はドラフトで指名されそうな投手が多いものの現段階で特A評価は森下暢仁投手(明治大学)ぐらいでしょうか。
ただ、この1年で評価が上がる投手は多いと思います。

2019年は高校生に評価の高い投手が多いので、2019年は投手は豊作と言えそうです。

捕手は佐藤都志也選手(東洋大学)と郡司裕也選手(慶応大学)がすでに評価が高いようです。

高校生も評価の高い捕手が何人かいるので、2019年は捕手も豊作ですね。

野手で言えば、現段階では勝俣翔貴選手(国際武道大学)が特Aと言えそうです。
高校生野手を見ても現段階では得Aと言えそうな選手はいないかなという感じ。
そういう意味では、野手に関しては大学生、社会人の方がドラフトで指名されそうな選手が多いのではないでしょうか。

個人的には、まだまだ気になる選手がいるので、随時更新していきたいと思います。
 
 

 


スポンサーリンク

 

 - Sports