防災袋の中身!赤ちゃんがいる家庭で準備しておきたいものリスト

   

 

 

いつ自分の身に起きてもおかしくない大地震などの災害。

東日本大震災をきっかけに、防災袋などを揃えた人は多いと思います。

 

事前に準備しておけば、いざ!という時に慌てることなく行動でき、その後の暮らしにも大きな差が出ます。

防災袋の準備では市販の非常用袋が便利ですが、家族構成によって必要なものは変わってきます。

例えば、赤ちゃん・小さい子供がいる家庭で必要なおむつや粉ミルク、離乳食、アレルギー用食品など。

東日本、熊本で被災されたママたちによると、これらは災害直後すぐに売り切れてしまい手に入りにくかったそうです

 

また、災害直後は支援物資の中に赤ちゃんや小さい子供が必要なものが入っていなかったため乳幼児用品のストックがどれだけ大切かを知ったという方もおり、不意の災害に備えて普段から余分に買って備蓄しておいたほうがよさそうです。
 
 

ここからは、赤ちゃん・小さい子供がいる家庭が準備しておきたい防災袋の中身をまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 

■□■□■□■□■□■
防災袋に入れるもの
赤ちゃんがいる家庭編
■□■□■□■□■□■

 

 
災害時、家族を守る避難用の防災袋。

赤ちゃんや小さい子供さんがいる家庭では基本的な備品の他にもそろえておきたい物が多くあります。
 

 

 防災頭巾・帽子・ヘルメット
 
頭と首を守る。
 

 抱っこひも
 
ベビーカーは使わず、赤ちゃんは抱っこひもで体にくくりつけ、子供の手は決して離さない。
 

 おむつ

 
災害直後すぐに売り切れてしまい手に入りにくいため
ストックを。

また、ストレスで下痢になる子もいるため多めに用意。
 

 
 乳児用ミルク・哺乳瓶

被災したママの中にはストレスで母乳が出なくなって困ったという声も。
粉ミルクや哺乳瓶は用意しておいた方が良さそうです。
しかし、災害時は哺乳瓶の消毒をすることが難しく、使用できない場合は紙コップを利用するのがおすすめ。
お湯は必ず煮沸し衛生面に気を付けましょう。

また、基本的な備品としてカセットコンロとボンベをそろえておくことで、電気やガスが止まっても子供のミルクが作れますし、温かいものを食べさせてあげることができます。

 

 離乳食

災害時は離乳食も手に入りにくくなります。
そんな時は加熱殺菌されているペースト状のコーンや大豆、ツナなどの缶詰を使って離乳食が作れます。

 

 母子手帳

予防接種の記録が残っている母子手帳は忘れずに。

 

 着替え


子供の成長で準備しておいた服が着られなくなっていたということもあるので、定期的に入れ替えたりチェックを。

 

 おしりふき

大震災で被災した方の中には、おしりふきがなく水も出ない日が続き、赤ちゃんのお尻が真っ赤にただれてしまい可哀想だったという声もありました。

 

 歯磨きセット

水が使えない場合は歯磨きシートや歯間ブラシを使用することをおすすめ。

 

 常備薬・風邪薬

 

 お気に入りの絵本・おもちゃ

 
子供が好きな絵本やおもちゃを準備しておけばホッとできます。
 

 
 お気に入りのお菓子

 
 

 ポンチョ

授乳時のケープとして使用。
ない場合、大きな半透明のゴミ袋の底に穴をあけて首からかぶれば授乳用のケープになります。

※赤ちゃんが窒息しないよう十分注意を。

 

 食物アレルギー用食品・誤食した時の緊急薬
(アレルギーがある場合に必要)

 

 

ここでは、赤ちゃん・小さい子供がいる家庭で準備しておきたい防災袋に入れるもの(中身)の一例をまとめました。ご自分で必要なもの、不要なものを考えて備えておきましょう。

 


スポンサーリンク


 

 - Topic