なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

別府大分毎日マラソン 2017 注目選手 丸山文裕

      2017/02/09

 

2017年2月5日に開催される
第66回別府大分毎日マラソン大会。

 

世界選手権(8月 ロンドン)の
代表選考会を兼ねた
この大会の国内招待選手には、
レベルの高いメンバーが
顔を揃えていますので
代表争いも
熾烈を極めるのではないでしょうか。

 

今回は、
注目の国内招待選手の中から
丸山文裕選手について
調べてみました。
 
スポンサードリンク




 

日時

 

2017年2月5日(日)

正午 スタート

 

コース

 

別府大分毎日マラソン大会
日本陸上競技連盟公認コース

42.195㎞

大分市高崎山 うみたまご前 スタート
別府市亀川漁港前 折り返し
大分市営陸上競技場 フィニッシュ

 
スポンサードリンク





 

別府大分毎日マラソン注目選手  丸山文裕(26歳)

 

【生年月日】
1990年7月1日

【所属】
旭化成

【出身地】
大分県佐伯市

【出身校】
大分東明高校

【身長】
163㎝

【体重】
48㎏

 

【自己最高記録】

5000m
13分56秒63

10000m
28分27秒63

ハーフマラソン
1時間01分15秒

30㎞マラソン
1時間29分34秒

マラソン

2時間09分39秒
(2016年びわ湖毎日マラソン 6位)

 

 

丸山文裕選手は、
今年18年ぶりにニューイヤー駅伝を制した
名門 旭化成の 現 キャプテン。

旭化成入社後は着実に実力をつけ、

2013年2月の熊日30キロロードレースでは、
準優勝。

公務員ランナー 川内優輝選手(埼玉県庁)と
熾烈な優勝争いを演じました。
(1時間29分34秒)

 

2015年11月の
九州実業団毎日駅伝では、
6区を走り区間賞を獲得、
チーム3年ぶりの優勝に貢献しました。

 

 

昨年3月、
リオ五輪男子マラソン
日本代表選考レースの1つである
びわ湖毎日マラソンでマラソンデビュー。

 

30キロ付近では、
日本人の集団から抜け出し、
一時、日本人トップを独走していましたが、
残り3キロ地点から相次いで抜かされ
日本人首位争いから脱落。

結果は6位(日本人4位)で、
リオ五輪マラソン代表には
選ばれませんでしたが、
この時の記録は2時間09分39秒と、
初マラソンながらサブテンを達成、
将来性が非常に高い選手です。

 

丸山選手は、
中学時代に見たという
別府大分毎日マラソンで、
大分東明高校OBの
佐藤智之選手(現 旭化成コーチ)に
在校生が声援を送る姿が印象的だったと言い、
今大会では、
自分の成長した姿を
地元 大分の人たちに見てもらいたいと語っていました。

 

今シーズンは故障に泣かされた丸山選手ですが、
1年ぶりの
地元 大分での大舞台で
再び羽ばたけるかが注目されています。

 
 
スポンサードリンク





 


 

 - Sports