黒スキニー コーデ 2019 夏のおすすめ!

      2019/04/19

 

今では、メンズファッションの定番アイテムとなったスキニーデニム
 
1年中使える定番アイテムとして、10代後半から50~60代と幅広い年代に支持されています。
 
そんな定番のスキニーデニムですが、その中でも1番人気の色はやはり黒かと思います。
 
今回は2019年・夏の黒スキニーデニムについてまとめてみたいと思います。

 
 

黒スキニーデニムの特徴は?

 
なにかとコーデしやすいスキニーデニム。
スキニーデニムにもいろいろあると思いますが、コーデしやすいという意味では黒の色のスキニーデニムがオススメかと思います。

根本的な話になりますが、なぜ黒のスキニーデニムがオススメなのかについてまとめてみたいと思います。
 
 

① 足を細く見せられる。

まず、スキニーデニムを履くことで足を細く見せれることがメリットの1つです。
また、黒色のスキニーデニムを選ぶことで、更に足を細く見せることができます。

ただ、注意点を挙げるなら、黒のスキニーデニムは夏に履くと厚苦しくなりがちなので、靴やトップスを工夫し厚苦しくならないようにしたいですね。
 
 

② コーディネートしやすい。

黒のスキニーデニムはコーディネートしやすいと言えます。
スキニーデニムに限りませんが、黒のパンツはコーディネートしやすいアイテムです。

夏はシンプルなファッションになりますので、黒のスキニーデニムを履くことで、トレンドも取り入れると共に、コーディネートでもファッションに詳しくなくてもおしゃれになれる可能性が高いです。
たとえば、大きめなTシャツはトレンドなので、黒のスキニーデニムと合わせると相性がいいのではないでしょうか。
 
 

③ 動きやすい。

スキニーデニムはストレッチ素材が含まれているデニムが多いので、ピチッとなりますが動きやすく履き心地がいいのが特徴の1つです。
やはり、おしゃれになりたくても、我慢しないといけないファッションはしたくないですよね。

そういう意味では、スキニーデニムは夏でも向いているアイテムだと言えます。

 
 

スキニーデニムでおしゃれ上手に!

 
おしゃれコーデの基本「きれいめ」と「カジュアル」。
おしゃれの上手な人は「きれいめ」と「カジュアル」を上手く中和させていますね。
 
「きれいめ」のアイテムとは、テーラードジャケット、スラックス、革靴などビジネスや冠婚葬祭などで着るスーツなどあります。
 
一方「カジュアル」とはスウェット、Tシャツ、スニーカーなど家で着る服をイメージすればわかりやすいと思います。
 
 
身体のラインをきれいに見せるシルエットには4種類あり、「きれいめ」と「カジュアル」に分かれます。
 


Iラインシルエット

 
トップスもボトムスも細いアイテムを使ったコーディネートです。まっすぐな細長いシルエットになります。
Iラインシルエットは「きれいめ」に分類されます。
 

 


Aラインシルエット

 
トップスが細めでボトムスがゆるめのアイテムを使ったコーディネートです。上半身が細く、下半身がゆったりしたシルエットになります。
Aラインシルエットは「きれいめ」と「カジュアル」が半々になっています。
 

 


Y(V)ラインシルエット

 
トップスがゆるめでボトムスが細めのアイテムを使ったコーディネートです。Aラインシルエットの上下が逆になります。
Y(V)ラインシルエットは「きれいめ」と「カジュアル」が半々になっています。
 

 


Oラインシルエット

 
トップスもゆるめでボトムスもゆるめのアイテムを使ったコーディネートです。日本人に合ったシルエットになります。
Oラインシルエットは「カジュアル」に分類されます。
 

 
 
おしゃれコーデの基本「きれいめ」と「カジュアル」で考えると、黒のスキニーデニムはデニムなので、「カジュアル」に分類されますが、黒色などのモノトーンは「きれいめ」に分類されます。

黒のスキニーデニムは、「きれいめ」でありながら「カジュアル」な一面も兼ね備えたアイテムで、シルエット的にはIラインかY(V)ラインに当てはめることができます。

簡単な方はIラインになります。下半身が細身の状態なので、上半身のジャストサイズのアイテムを合わせればIラインになります。
ただ、いい意味でシンプルなので、たとえば、ハットや腕時計など小物も合わせて、こなれ感を出したいことろです。

また、Iラインでは面白みがないと思う方はY(V)ラインに挑戦してもいいのではないでしょうか。

上半身のアイテムをワンサイズ大きめにして、中途半端にせずにY(V)ラインを作るといいと思います。
 
 

2019年春・夏の黒スキニー
デニムコーデの紹介

 
ここからはWEARのコーデも参考にしたいと思います。
 
 
爽やかな印象のコーディネートですね。大きめなバックもセンス抜群です。
 
 
茶色のTシャツで、濃い色のコーディネートですが、スニーカーとインナーのTシャツ、腕時計を白に統一することでバランスをとっています。
 
 
黒の革靴がいいですね。スキニーデニムもロールアップしていて、オシャレな印象がします。
 
 
幅広い年代で支持されそうなコーディネートです。シンプルながらとてもオシャレな印象がします。
 
 
かなりスポーティーなコーディネートです。真っ赤なシューズがポイントになっています。
 
 
爽やかなコーディネートです。ウォレットチェーンがアクセントになっています。
 
 

5文丈の白いシャツが、ゆったりした感じをだしています。
 
 

スニーカーと腕時計を白で合わせ、全体的に爽やかなコーディネートになっています。
 
 

個性的なコーディネートです。若い年代に支持されそうです。
 
 

大きめなシャツが印象的です。タックインすることで全体のバランスをとっています。
 
 

大き目なシャツに合わせています。Yラインができていて、トレンドを取り入れています。
 
 

まとめ

夏のスキニーデニムのコーデということで、WEARのコーデも参考にしてみました。

黒のスキニーデニムは「きれいめ」の中にも「カジュアル」が混じっていますが、黒スキニーデニムの良さを上手く引き出したいところです。
WEARのコーデで多かったのは、ワンサイズ大きいTシャツを合わせてたり、白のTシャツをインナーに使い、シャツを合わせたりするコーデでしょうか?

トップスを大きめにすることで、上手くYラインを作っています。

また、ジャストサイズのシャツを選びIラインを
作るのも良いのではないでしょうか?

あとは、靴をスニーカーにするのかサンダルにするのか革靴にするのかによって「きれいめ」「カジュアル」があるので、靴にも気を使いコーデしていきたいですね。

 

革靴にすれば「きれいめ」が強くなりますし、
スニーカーやサンダルなら「カジュアル」が強くなります。

黒スキニーデニムに靴が決まれば、トップスも選びやすくなりますね。

 

 - Fashion