【2019ドラフト会議】読売ジャイアンツ(巨人)の指名候補を予想!補強ポイントは?

   

 

2019年は原辰徳監督の復帰もあり、チームは好調です。
 
前半戦の戦いぶりを見たら、今年は巨人がリーグ優勝しそうです。
 
好調な巨人ですが、今回は一足早く、2019年のドラフト指名選手の予想や補強ポイントについてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

チームの状態

 

◆投手陣の現状◆

 
前半戦を振り返ってみると、先発陣は菅野智之投手、山口俊投手、メスセデス投手、桜井俊貴投手、髙橋優貴投手、今村信貴投手などが中心になりました。
 
腰の違和感などで調子が良いとは言えない菅野智之投手ですがエースとして投手陣を引っ張っています。
 
山口俊投手は本来の力を発揮し、安定した投球が出来ています。
 
メルセデス投手も開幕からローテーションを守り、桜井俊貴投手は開幕当初は中継ぎでしたが、6月頃から先発を任されています。
 
今村信貴投手も先発としての役割は果たしているのではないでしょうか。
 
髙橋優貴投手は新人ながら頑張っているのではないかと思います。
 
まだ、安定感がなく不安定な投球も目立ちますが、後半戦はどんな投球をするのか注目したいところです。
 
 

中継ぎ・抑えですが、中川皓太投手が抑えに定着したのが大きいです。
 
中継ぎ陣は田口麗斗投手、澤村拓一投手、高木京介投手、田原誠次投手、戸根千明投手、野上亮磨投手、宮國椋丞投手、マシソン投手など枚数は揃っています。
 
前半戦は上手く機能しましたが盤石とは言えないので、トレードで左腕の藤岡貴裕投手と右腕の鍵谷陽平投手やデラロサ投手の獲得など、後半戦に向け中継ぎ陣を強化しました。
 
 

◆捕手の現状◆

 
捕手に関しては小林誠司選手、炭谷銀仁朗選手、大城卓三選手を使い分けている感じです。
 
誰か一人が正捕手として固定されるのが理想かも知れませんが、今のところはいい感じで機能しているのではないでしょうか。
 
ちなみに大城卓三選手は打撃をかわれ、ファーストでの起用もあります。
 
 

◆内野手の現状◆

 
ショートの坂本勇人選手は打撃陣としてもチームの主軸選手の一人です。
前半戦では打撃も好調でした。
 
4番打者の岡本和真選手はファースト・サードでも起用が多いですが、たまにレフトでの起用もあります。
 
サードはビヤヌエバ選手が守ることが多いです。
 
セカンドは開幕当初は吉川尚輝選手の起用が多かったですが、離脱してからは山本泰寛選手や若林晃弘選手の起用が目立ちました。
 
 

◆外野手の現状◆

 
外野手はセンターの丸佳浩選手は固定で、レフトはゲレーロ選手や重信慎之介選手の起用が多かったです。
 
ライトは陽岱鋼選手か亀井善行選手の起用が多く、亀井善行選手はライト以外でもレフトでの起用もあり、今年に限ってはレギュラーとしてチームを引っ張っています。

 


スポンサーリンク


 

補強ポイント
ドラフトで狙いたい選手は?

 
チームの現状を振り返りましたが、現状では投手に比べれば野手の方が選手層は厚いかと思います。
 
なので、巨人がドラフト1位で狙うのは投手かと思います。
 
先発でも中継ぎ・抑えでもいいのですが、即戦力投手が欲しいのではないでしょうか。
 
あと今年は高校生と大学生に強肩強打の捕手が多いので、狙ってみるのもアリだと思いますが、個人的には捕手よりは野手が優先かという印象があります。
 
内野手で言えば、坂本勇人選手を守備の負担の少ないサードにコンバートしたいという思いもあると思います。
 
現状で、セカンド・ショートを守れる選手で言えば、吉川尚輝選手、田中俊太選手、山本泰寛選手、若林晃弘選手などいますが、もう一人ぐらいは即戦力の内野手か将来性のある内野手を指名したいところです。
 
あと即戦力の外野手も指名出来ればいいのですが、この辺りは難しいところです。ポテンシャルの高い高校生外野手を指名するのもアリですね。
 
 
ここからは、実際にドラフトで狙いたい選手に迫りたいと思います。
 
 

◆ 投手

 
今回の巨人、ドラフト1位では投手を指名すると思います。
 
補強ポイントでもある投手陣でドラフト1位候補をまとめてみました。
 
 
【高校生のドラフト1位候補投手】
 

・佐々木朗希(大船渡高)


 

・奥川恭伸(星稜)


 

・西純矢(創志学園)


 

・及川雅貴(横浜)


 

・井上広輝(日大三)


 
 

【大学生でドラフト1位候補投手】

・森下暢仁(明治大)


 

・津森宥紀(東北福祉大)


 

・北山比呂(日体大)


 

・原田泰成(東海大)


 

・杉山晃基(創価大)


 
 

【社会人でドラフト1位候補投手】

・河野竜生(JFE西日本)


 

・太田龍(JR西日本)


 

・宮川哲(東芝)


 

基本的には即戦力投手を指名するのがいいかと思いますが、今年は佐々木朗希投手や奥川恭伸投手などポテンシャルの高い投手がいるので、もしかしたら高校生投手をドラフト1位で指名する可能性もあるかと思います。
仮に競合して抽選に外れても即戦力投手は指名できるので、まずは佐々木朗希投手や奥川恭伸投手など目玉選手を狙うのもアリだと思います。
 

 

◆ セカンド・ショート

 

次にセカンド・ショートを守れる内野手で評価の高い選手をまとめてみました。
 

【高校生のセカンド・ショートで評価が高い選手】

・韮澤雄也(花咲徳栄)


 

・武岡龍世(八戸学院光星)


 

・紅林弘太郎(駿河総合)


 

・川野涼多(九州学院)


 

・近藤大樹(西日本短大付)


 

・遠藤成(東海大相模)


 

・熊田任洋選手(東邦)


 
 

【大学生のセカンド・ショートで評価が高い選手】

・檜村篤史(早稲田大)


 
 

【社会人のセカンド・ショートで評価が高い選手】

・小深田大翔(大阪ガス)


 

・小豆澤誠(JX-ENEOS)

 

即戦力で考えるなら、大学生や社会人選手になりますが、将来性を考えるなら高校生に能力の高い選手が多くいます。

 
 

◆ 外野手

 
次は即戦力外野手で上位指名候補選手をまとめてみました。

【外野手のドラフト上位候補選手】
 
・柳町達(慶応大)


 

・加藤雅樹(早稲田大)


 

・宇草孔基(法政大)


 

・船曳海(法政大)


 

・谷川刀麻(近畿大)


 

今年の外野手のドラフト候補選手は大学生に評価の高い選手が多いです。

ドラフト1位は投手だと思いますが、2位指名は即戦力外野手でもおかしくありません。
 
 



スポンサーリンク


 

まとめ

 
戦力が充実している巨人なので、どのポジションが補強ポイントとなるか難しいところです。
 
とりあえずはドラフト1位では投手を指名したいところですが、そのあとの指名は予想がつきません。
 
野手は頭角を現しつつある若手選手もいますし、急ぎで補強するポジションは無いような気もします。
 
ただ、今年で言えば、ポテンシャルの高い高校生キャッチャーや高校生ショートが豊富なので、将来性を重視する考え方もアリだと思います。
 
巨人は、全体的には投手が多めの指名になるのではないでしょうか。
 
 

 


スポンサーリンク

 
 

 - Sports