【2019ドラフト会議】DeNAベイスターズ指名候補を予想!補強ポイントは?

   

 
戦力的には優勝も狙えるDeNAベイスターズ。
 
前半戦を振り返ると、ものすごく好調という訳ではありませんでしたが、ペナントレースも終盤、優勝を狙える位置にいます。
 

そんなDeNAベイスターズですが、今回は一足早く、2019年のドラフト候補や補強ポイントについてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

チームの状態

 

◆投手陣の現状◆

 

まず先発投手陣ですが、前半戦を振り返ると、今永昇太投手、井納翔一投手、濵口遥大投手、上茶谷大河投手、大貫晋一投手などが中心になりました。

その他にも、実績のある東克樹投手、京山将弥投手やこれからの活躍が期待される平良拳太郎投手、飯塚悟史投手、阪口皓亮投手、中川虎大投手、進藤拓也投手、国吉佑樹投手など先発で起用されました。

上茶谷大河投手、大貫晋一投手など新戦力の活躍はチームを支えました。

また、若手で将来性のある投手も育ってきているので、投手陣の層は厚くなっています。

故障で出遅れた石田健大投手は中継ぎとしてチームに貢献。

その他にもパットン投手、エスコバー投手、国吉佑樹投手、三嶋一輝投手、砂田毅樹選手など機能したのではないでしょうか。。

また、若手の櫻井周斗投手も登板機会があり、これから楽しみな投手です。

抑えの山崎康晃投手も機能していたと思います。

前半戦を振り返ってやはり投手陣が不安定だった期間もあったので、先発投手の補強はしたいところです。
 
ドラフトでも先発投手は補強ポイントになりそうです。
 
 

◆捕手の現状◆

 
ほぼ伊藤光選手がマスクを被りますが、嶺井博希選手や戸柱恭孝選手などの起用もあります。
 
捕手に関しては補強ポイントだと思っています。
 
伊藤光選手が物足りないと言っている訳ではないですが、打てる捕手はドラフトで指名したいところだと思います。

 
 

◆内野手の現状◆

 

ファーストはロペス選手でサードは宮崎敏郎選手で固定しています。
 
ショートはほぼ大和選手ですが、倉本寿彦選手、柴田竜拓選手などの起用もあります。
 
セカンドはソト選手がレギュラーになりますが、その時のチーム状況で外野手としての起用もあります。
 
その場合はセカンドには石川雄洋選手、中井大介選手の起用が多いです。
 
内野手は層は厚いと言えますが、ロペス選手、宮崎敏郎選手はベテランになっていくので、長打力のある選手が欲しいというのはあります。
 
今年のドラフトで言えば、長打力が魅力の大学生選手や素材型の高校生ショートも豊富なので、高校生ショートを指名するのはいいかも知れません。
 
 

◆外野手の現状◆

 

外野手はレフトに筒香嘉智選手、センターに神里一毅選手、ライトにソト選手を起用するパターンが多いです。
 
その他の外野手では楠本泰史選手、桑原将志選手、乙坂智選手、関根大気選手、佐野恵太選手、細川成也選手、梶谷隆幸選手など揃っています。
 
外野手は覚醒待ちの選手もいますが、層は厚いと言えます。
 
ドラフトでは外野手は補強ポイントでは無いです。

 


スポンサーリンク


 

補強ポイント
ドラフトで狙いたい選手は?

 

2019年ドラフトでの補強ポイントですが、まずは打てる捕手の獲得になると思います。
 
ただ、今年はレベルの高い投手もいるので、まずは目玉投手を指名するのもアリではないでしょうか。
 
即戦力で打てる捕手を指名するなら大学生捕手が豊富です。
 
あとは、将来性のある高校生遊撃手の豊富なので出来れば指名したいですね。
 
それでは、ここから実際にドラフトで狙いたい選手に迫りたいと思います。
 
 

◆ 投手

 
まずは、ドラフト1位候補の投手をまとめてみました。
 
【高校生のドラフト1位候補投手】
 

・佐々木朗希(大船渡高)


 
・奥川恭伸(星稜)

 
・西純矢(創志学園)

 
・及川雅貴(横浜)

 
・井上広輝(日大三)

 
 

【大学生でドラフト1位候補投手】

・森下暢仁(明治大)


 
・津森宥紀(東北福祉大)

 
・北山比呂(日体大)

 
・原田泰成(東海大)

 
・杉山晃基(創価大)

 
 

【社会人でドラフト1位候補投手】

・河野竜生(JFE西日本)


 
・太田龍(JR西日本)

 
・宮川哲(東芝)

 

佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、森下暢仁投手などは目玉投手になるので、ドラフト1位で指名してもいいと思います。
 
ただ、外れた場合は他の投手を指名するか即戦力野手の指名にするか、駆け引きが必要になりそうです。
 
 

◆ 捕手

 

次は即戦力で打てる捕手で評価の高い選手をまとめてみました。

・佐藤都志也(東洋大)


 
・郡司裕也(慶応大)

 
・海野隆司(東海大)

 
今回のドラフトの補強ポイントでもある打てる捕手として佐藤都志也選手は魅力的です。
 
捕手以外にも一塁手や外野も守れそうなので、そういう意味でも獲得したい選手だと思います。
 
ドラフト1位で指名するのもアリですし、ドラフト1位では目玉投手を指名して外れた場合、切り替えて佐藤都志也選手を指名するというのもあるのではないでしょうか。
 
 

◆ 内野手

 

次は長打力のある内野手をまとめてみました。

・石川昂弥(東邦)


 
・勝俣翔貴(国際武道大)

 
・片山勢三(パナソニック)

 

石川昂弥選手、勝俣翔貴選手、片山勢三選手は長打力のあるスラッガータイプなので魅力的ですが、早い段階で指名する必要があると思うので、今回のベイスターズは打てる捕手を第一に考えたときに、石川昂弥選手、勝俣翔貴選手、片山勢三選手は後回しになるので指名出来ないかも知れません。
 

次に遊撃手も豊富なので、指名したいところです。
評価の高い遊撃手をまとめてみました。
 
 
【高校生のセカンド・ショートで評価が高い選手】

・森敬斗(桐蔭学園)


 
・韮澤雄也(花咲徳栄)

 
・武岡龍世(八戸学院光星)

 
・紅林弘太郎(駿河総合)

 
・川野涼多(九州学院)

 
・近藤大樹(西日本短大付)

 
・遠藤成(東海大相模)

 
・熊田任洋(東邦)

 
 
【大学生のセカンド・ショートで評価が高い選手】

・檜村篤史(早稲田大)


 
 
【社会人のセカンド・ショートで評価が高い選手】

・小深田大翔(大阪ガス)


 
・小豆澤誠(JX-ENEOS)

 

即戦力で考えるなら、大学生や社会人選手になりますが、将来性を考えるなら高校生に能力の高い選手が多くいます。
 
 



スポンサーリンク


 

まとめ

 
今回は最後までドラフト1位で指名する選手は決まらないのではないでしょうか。
 
チーム状況を考えると打てる捕手の佐藤都志也選手を指名したいところですが、目玉投手も指名したいと思いますし、そう思っていると他の球団に佐藤都志也選手を一本釣りされることも考えられます。
 
また、ドラフトが近づくと色んな情報が出てくると思うので、そのころに、また追記したいと思います。
 
 

 


スポンサーリンク

 
 

 - Sports